岐阜大学

勝負はセンター試験!基礎の完成度上昇とセンター対策を徹底的に!

参考書だけで岐阜大学で合格点を取る方法

最新年度版はこちら!

2016年度版|参考書だけで岐阜大学で合格点を取る方法

この動画は、岐阜大学の入試試験に対する勉強方法について紹介している動画です。

岐阜大学は、教育・地域化学・医学部・工学部・応用生物科学部などの学部があり、医学部医学科と応用生物の獣医学科は難易度が高い学部です。

センター試験も二次試験も難易度の高い大学です。

岐阜大学は二次試験の受験科目に特徴があります。受験科目に社会科目がなく、文系でも受験科目に数Ⅲを選択することができるという点です。

岐阜大学のセンター試験のボーダーラインは、医学部は8割後半から9割です。共同獣医学科のボーダーラインについても、若干下がりますが8割5分を目標にしましょう。

それ以外の学部のボーダーラインについては、6割後半から7割を目標にしましょう。

ただし、応用生物化学は、センター試験の配点が高いので8割程度を目標にした方がいいでしょう。

入試試験の問題は、解きやすい問題が多く出題されます。

きちんと点数を取っていく必要があります。

そのためにどのような対策をすればいいか、社会を除く受験科目と、地域科学部だけ、小論文が前期試験で課されているので、それについても勉強方法を説明します。

ご覧になりたい動画を選択してください。

TOP