上智大学

全体的に難易度高し!TEAP入試の傾向の違いに注意!

参考書だけで上智大学で合格点を取る方法

この動画では、上智大学の入試試験対策の概要について紹介しています。

上智大学は、2015年度から変わった入試形式が導入されています。

TEAP利用型入試という名称で、全学部の入試で英語の試験を行わない代わりに、TEAPという試験のスコアが基準より上回っている人だけが上智大学に出願できます。

一般入試で出題される問題の傾向は、学部ごとに多少変わっているので、それぞれ対策をする必要があります。

比較的難易度が高い問題が出題される傾向があります。

TEAP形式は、先ほども触れたように、従来の一般入試と比べてかなり変わっている入試形式です。

それぞれの入試形式、科目ごとに対策方法を説明します。

英語に関しては、TEAPと一般入試それぞれ、TEAPに関しては簡単に説明させていただきます。

他大学と形式の違う、難易度の高い入試問題にどのように対応するべきか、各動画を参考に、上智大学の入試試験の対策に役立ててください。

TOP