香川大学

勝負はセンター試験!基礎の完成度上昇とセンター対策を徹底的に!

参考書だけで香川大学で合格点を取る方法

最新年度版はこちら!

2016年度版|参考書だけで香川大学で合格点を取る方法

この動画は、香川大学の入試対策方法について紹介している動画です。

香川大学の入試試験問題は、標準的なレベルの問題が多めに出題される構成になっています。

基本的には、センター試験の配点の比重が大きくなっています。

そのため香川大学の入試形式は、センター試験で高得点を取ることが重要な入試形式になっています。

医学部以外の学部は、センター試験のボーダーラインがおおむね6割後半から7割となっているので、センター試験で7割獲得することを目標にしましょう。

医学部は、センター試験で最低でも85%以上の点数を取れるようにしなくてはいけません。可能ならば、9割獲得を目指しましょう。

二次試験の試験問題は、医学部や他学部など関係なく共通の試験問題が多く出題されています。

したがって、医学部はセンター試験と二次試験の両方で高得点を狙う必要があります。

最低でも、センター試験か二次試験のどちらかで高得点を取れる実力がなければ、医学部は難しいでしょう。

香川大学は完成度を重視する学習が必要な大学です。

TOP