慶應義塾大学|法学部

慶應義塾大学法学部の入試難易度は私立大学最高峰。
難問も多く出題されているので、ハイレベルな演習が必要不可欠。
慶応義塾大学法学部を受験する場合は小論文も必須になりますので、対策をしっかり行いましょう。

慶應義塾大学 法学部 教科/科目/配点/試験時間

教科 科目 配点 時間
外国語 英語(コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II)
ドイツ語
フランス語のうち1科目選択
地理歴史 世界史B
日本史B
論述力 資料を与えて、理解、構成、発想、表現の能力を問う。

慶應義塾大学 法学部 試験の出題傾向/対策

英語

慶應法学部の英語は大問5問のうち、長文が3問出ているため、長文の比率が高い。
プラス文法問題が出題される。特に最後の読解問題は難易度が非常に高く
「やっておきたい英語長文 1000」などで難しく長い文に十分に慣れておくこと。

日本史

慶應法学部の日本史は一つの大問に対して、全部の選択肢が入っている。
選択肢が多いのと、選ぶのに時間がかかる。そのため問題形式に慣れることが大事になります!
マニアックな用語が出題されることもあり、教科書だけでなく「実力をつける日本史 100題」などで難しい用語を押さえましょう。

世界史

日本史と同じく世界史は一つの設問に対して、語群が全て入っており、語句の量が多い。
また選択の時間がかかる。それに対して時間に対して設問数が多いのも特徴の一つ。
教科書や史料集などを読み込みましょう。「実力をつける世界史 100題」を使って知識を入れていきましょう。

小論文

問題文の前置きが書かれ、どんなことが求めれているか・どう書けばいいかなどが記載されている。
1000字以内で課題文に対しての解答をしていくが、その課題文はかなり内容も難しい。
基本的には、小論文の書き方を問題集や参考書で学んで、練習を積むことで対応が可能だが、結局は課題文の話についていけるかが重要になってきます。
言葉の意味や、課題文を理解できるようにしましょう。

慶應義塾大学 法学部 武田塾式偏差値50からの受験生活

高3春(偏差値50)

慶應義塾大学法学部を受験する場合、春の時点で基礎固めを徹底的に行いましょう。
英語の長文読解に入る前に、土台である英単語・英熟語・英文法・英文解釈など基礎知識を徹底的に仕上げていきましょう。
日本史や世界史なら、通史を終わらせ、基礎的な語句は一通り入っている状態が望ましいです。
基礎事項を漏れなく、完璧にしていきましょう。

高3夏(偏差値60)

8月末の目標は、MARCHレベルの過去問で合格点が取れる状況になっていることです。
春に覚えたことが実践で使えるようになっているか演習していきましょう。
日本史や世界史は春に覚えた知識を肉付けしていくようにしましょう。
小論文の対策も直前期で間に合うと考える受験生が多いですが、夏までにはスタートを切るようにしましょう。

高3秋(偏差値65)

慶應レベルの演習に入っていきましょう。
英語や社会の難易度が高く、細かな知識と高いレベルの読解力が必要なことが多いです。
難易度は高いですが、粘り強く取り組むようにしましょう。
ここで自身ができなかった箇所を見直し、改善していくことで学力は伸びていきます。
過去問にも入り始めたい時期です。

高3冬(偏差値70)

受験生の冬は、最終調整を行う時期です。
過去問演習を行い、慶應義塾大学法学部の傾向に慣れていきましょう。
過去問演習の中で見つけた自身の弱点については今までの参考書・問題集で復習で克服していきましょう。
直前期は新しい参考書・問題集に取り組むよりも、今までの復習に力を注ぎましょう。

慶應義塾大学 法学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP