慶應義塾大学|総合政策学部

慶應義塾大学総合政策学部は通称SFC(湘南・藤沢キャンパス)に位置し、慶應義塾大学の中でも比較的入りやすい大学・学部と考えられています。
ただ英語・数学・小論文、どの科目も難易度が高く、傾向も独特なので、慶應義塾大学総合政策学部の対策を重点的に行いましょう。

慶應義塾大学 総合政策学部 教科/科目/配点/試験時間

教科 科目 配点 時間
外国語 (a)コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
(b)コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II・ドイツ語
(c)コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II・フランス語
の(a)、(b)、(c)のうち、いずれか1つを選択する。
数学 数学I・数学II・数学A・数学B
数学Aからは「場合の数と確率」・「整数の性質」・「図形の性質」を出題範囲とする。
数学Bからは「確率分布と統計的な推測」・「数列」・「ベクトル」を出題範囲とする。
情報 社会と情報
情報の科学
小論文 発想、論理的構成、表現などの総合的能力を問う。

慶應義塾大学 総合政策学部 試験の出題傾向/対策

英語

英語選択だと、大問3つ全て。英数選択だと、大問2つを解答する形になってます。
英語選択の場合は1000ワード以上の英文を読むので『やっておきたい英語長文 1000』で難しい長文問題に慣れておく。英数選択は、一般的な早慶レベルの参考書を仕上げておくこと。総合政策は、心理や文化などの人文系のテーマで出題されるので、『リンダメタリカ』をやる際には、この辺のテーマを中心に解いていきたい。読みながら解けるものと、読み返さないと解けない問題があるので、解ける問題から解いて、残りは後で解くというような取捨選択ができるようにしましょう。

数学

数学は英数選択の場合は、大問6個のうち、3つを解く。数学選択は全て解答する。レベルとしては、MARCHレベルの問題が多いが、計算が複雑であったり、発想力を問われるものなど頭をひねる問題が多い。なので、MARCHレベルが終わったら、過去問に入って傾向に慣れて、発想力が必要なことをおさえよう。過去問に触れていないと見慣れない形式のものが出てくるので、過去問には触れておくこと。ケアレスミスを防ぐために、計算力の強化もしておこう。

小論文

問題解決、問題発見能力を問うと明確に表記されており、小論文の資料から自分なりの考えを書けるというようにする。膨大な資料を丁寧に読むというよりは、ざっくり読んでまずは自分の解答の設計図を作っていく。そして、設計図に必要な情報を細かく読み、解答を作っていく。要は解答のために必要な資料をいかに取捨選択できるかが重要。小論文の書き方に関しては、『田村のやさしく語る小論文』『小論文の完全攻略本』などを使って勉強していき、何度もリライトしてみる。

情報

情報は、教科書以外に大学受験に使えるものがないので、資格本や情報セキュリティの本や知的財産の本で情報の知識をおさえておくこと。専門用語が問題文で出るので、自分で調べたりするなどで語句の意味をおさえる。これで、正誤問題はある程度対応できる。情報の知識だけでなく、数学の知識もある程度必要で、漸化式や確率の問題が出てくるので、教科書レベルの問題が解けるようにしておこう。

慶應義塾大学 総合政策学部 武田塾式偏差値50からの受験生活

高3春(偏差値50)

慶應義塾大学総合政策学部を受験する場合、英語や数学・小論文の基礎を徹底的に固めましょう。
英語なら英単語・英熟語・英文法・英文解釈といった英語の長文を読むための土台を完成させましょう。
数学に関しては数学1A2Bの基礎は仕上げておくようにしましょう。

高3夏(偏差値60)

8月末の目標は、マーチの過去問を解いて合格点が取れる状況になっておくことです。
マーチの英語や数学の問題は標準レベルの問題が多く、このあたりの問題は完璧に正答できるようになっておきましょう。
理想は、問題文を見た瞬間で解き方が思いつくレベルになっておくようにしていただければと思います。

高3秋(偏差値65)

慶応レベルの演習に入っていきましょう。
慶應義塾大学総合政策学部は傾向がかなり独特で、遅くとも秋には過去問演習に入っておきたいです。
総合政策学部や環境情報学部の過去問で、傾向分析や対策をしっかりおこなようにしましょう。
特にかなり長めの英語の長文読解については重点的に勉強するようにしましょう。

高3冬(偏差値70)

直前期は最終チェックの期間です。
過去問演習や今までの参考書の復習を行いましょう。
最終調整の期間でしておきたいことは、過去問演習中での時間配分や見直し方法、
小論文で奇想天外なテーマが出題されたときのための準備などをしっかり行うようにしましょう。

慶應義塾大学 総合政策学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP