九州大学

国立の中でも難関の旧帝大!理系科目、特に理科の難易度高め!

参考書だけで九州大学で合格点を取る方法

この動画は、九州大学の入試試験対策方法の概要について説明、解説しています。

九州大学に合格するために、センター試験で目標とする合計得点ですが、医学部は九割弱でボーダーに乗ります。確実に合格するには、確実に九割を超えなくてはいけません。

できれば、9割後半を狙うべきです。

医学部以外は、最低でも7割後半、できれば8割後半を狙って対策するべきでしょう。

九州大学の入試問題について説明します。

九州大学は、理科が少し難易度が高く設定されています。また、2015年から文学部で社会が設けられています。その部分の対策についても注目しましょう。

入試問題そのものの難易度は、先ほど触れた理科以外にも、理系の科目は全体的に難易度が高くなっています。

文系の入試科目は、標準的なレベルの対策をすれば、十分対応できるとされています。

ただしそれぞれの問題で、解きやすい問題と難解な問題で分かれているというよりは、全体的に解けるがミスをしやすい問題が多く出題されている傾向があります。

文系科目の問題は、標準的なレベルの問題を確実に全て解答できる能力が必要です。

苦手分野を作らず、全体的に完成度を上げていくことを心がけましょう。

上記に合わせて、科目ごとにどのような勉強方法が必要なのか、各動画で紹介、解説しています。

ご覧になりたい動画を選択して、勉強方法を詳しくご覧ください。

TOP