名古屋大学

国立の中でも難関の旧帝大!対策がしやすい難問が並ぶ難関大のお手本問題!

参考書だけで名古屋大学で合格点を取る方法

最新年度版はこちら!

2016年度版|参考書だけで名古屋大学で合格点を取る方法

この動画は、名古屋大学に合格するための入試対策方法について説明しています。

名古屋大学は多くの学部があり、学部によって入試試験のボーダーラインは差があります。

保健学科などは7割後半からボーダーラインに乗れますが、おおむね8割から8割後半得点できるように対策をすれば、十分合格圏内です。

ただし、医学部は9割を超える必要がありますので、十分な対策が必要です。

センター試験と二次試験の配点ですが、主な学部では二次試験の配点の方が高めに設定されています。

例外として、法学部はセンター試験の方が配点が高いので、法学部への合格を目指す受験生の方は、センター試験の対策により力を注ぐ必要があります。

入試問題ですが、旧帝大ということもあり、難易度は高くなっています。

難易度は高いものの、悪問と言われる難解な問題は少なく、他の旧帝大の試験勉強をする際にも参考になるような良問が多く出題されます。

名古屋大学に合格するには、基礎的な知識を身に着け、総合力を上げることが大切です。各科目の動画で、効果的な対策方法をご確認ください。

TOP