名古屋工業大学

英語の問題が独特、二次重視の学習を!

参考書だけで名古屋工業大学で合格点を取る方法

最新年度版はこちら!

2016年度版|参考書だけで名古屋工業大学で合格点を取る方法

この動画では、名古屋工業大学に合格するための入試対策方法について説明、解説しています。

名古屋工業大学は、センター試験の配点が個別学力試験に比べて低めになっています。

二次試験が1,000点満点であるのに対して、センター試験は、実際のセンター試験の配点の半分の450点満点に設定されています。

2対1程度の配点になっています。

名古屋工業大学の合格者の点数は、1450点満点中950点から1000点弱くらいの間です。

センター試験は、最低でも75%を超えなくてはいけません。

可能ならば7割後半から8割を獲得することが目標になります。

450点中の350点は確実に得点できるように対策をしましょう。

以上を踏まえると、二次試験では6割程度獲得することを目指しましょう。

入試試験問題の難易度は高くありません。標準的な問題が確実に解答できるかどうかが重要な点になります。

受験科目ごとの対策として、二次試験を重視した対策をしましょう。

興味のある教科を選択し、動画をご視聴ください。

TOP