大阪大学

大阪大学は旧帝国大学の一つで、関西圏では京都大学につぐ難易度の大学になります。大阪府豊中市・吹田市などにキャンパスがあり、関西を中心に全国的に志望者が多い大学です。記述量が多い試験になりますので、論述対策などをしっかり行いましょう。理系科目の試験の難易度も高いので、応用力・思考力も必要な試験になります。

大阪大学 試験の出題傾向/対策

英語

受験学部によってパターンが異なるので、外国語学部や文学部以外のパターンメインで書いていく。和文英訳は、『入門英文解釈』『ポレポレ』で文章に横文を振り、英文解釈ができるようにする。長文は和訳や説明の記述問題がメイン。『CanPass』『やっておきたい英語長文 700』と過去問で対策をしていこう。自由英作文は『英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』→『英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』で対応。日本語の段階でどう発想し、英語に直していくか。日本語の部分が難しいので、『英作文ハイパートレーニング』で対策していこう。和文英訳は抽象度が高いので、それを噛み砕いて、簡単な英語に直せるかがポイント。外国語学部のリスニングは『キムタツの東大リスニング』『東大リスニングスーパー』を使う。

国語

文学部だけ大問4題の構成。現代文は記述・論述問題が中心。80字~200字の記述。問題文の中に解答の形式が書かれているケースがあるので、設問に沿った解答を心がける。『Can Pass!』『得点ダッシュ現代文』で記述・論述に特化するようにする。答え合わせの際は、採点基準を元に、要点をつかみ、自分の中で完全答案を作ることが大事。語句が難しいので、『現代文キーワード読解』『小論文完全ネタ本』で知っているテーマや語句も増やしておく。古文は現代語訳問題が多く、その他は和歌や古文の知識が問われる。『冨井の古文読解を初めから丁寧に』『読んで覚える古文単語315』で書かれている古文常識で、知識問題を網羅する。優先順位は、現代語訳が1番だが、文学史も出題されるので、便覧を用いた勉強も必要。

文系数学

解答の方針は思いつくが、典型的な問題よりはひねられている問題が多いため、解き方が思いつかない場合は『標準問題精講』で基礎を固める。問題を見た瞬間、解き方がわかるまで参考書を仕上げる。『標準問題精講』が仕上がっていれば問題ないが、『文系数学の良問プラチカ』までできれば、GOOD!阪大の文系数学は、複雑な計算になるように作られているので、参考書のような綺麗な解答になる問題だけでなく、実際の過去問を解いてアウトプットをできるようにする。

理系数学

理系数学は、毎年難問が出題されるが、その他は標準問題なので取れるようにする。『理系数学入試の核心』『やさしい理系数学』の問題の解法やプロセスがわかっていれば、対応できる。問題文をしっかり読み、どの解法で解いていくか気づけるかが大事。合格点を取るには、標準レベルの問題を取りこぼさないようにする。『やさしい理系数学』の中で難問を解いた時に、どう考えれば解答につながるかを考えて解く。答え合わせも、問題文のどこに注目すれば、解けたのか?を意識してやってみると良い。

日本史

日本史を受験できるのは、文学部のみ。全てが論述問題なのが特徴。出来事の内容や経緯が問われるので、日本史の流れを理解していることが重要。教科書の読み込みで、用語だけでなく、出来事の結びつきを覚え、記述できるようにする。『実力をつける日本史 100題』『納得できる日本史論述』で対策をする。阪大は単発問題や一問一答を細かくやることは非効率的。論述メインの対策をやる。京都大学の日本史論述問題も参考になるので、やってみるのもオススメ。

世界史

世界史を受験できるのは、文学部と外国語学部のみ。全て論述問題。私立で問われる細かい知識の暗記よりは、出来事の背景や影響を記述できるようにする。基礎知識を仕上げたら、教科書を読み込み、他人に用語や出来事が説明できるようにする。『わかる解ける書ける世界史論述』で指定字数をコンパクトにまとめる練習しよう。一問一答を覚えるより、記述で解答できる状態を目指す。阪大世界史の類似問題として、京都大学の世界史の過去問があるので、やってみるのもオススメ。

地理

図表や統計を見て考察する論述問題は、グラフの特徴を的確にまとめることが大事。『納得できる地理論述』で記述の練習をし、グラフの特徴をまとめる練習をする。地理の知識を論述でまとめる問題は、用語や現象を記述できるようにする。用語の暗記や、論述対策や、用語理解に努めた方が賢明。世界史の知識と関連する問題も出るが、これは対策が難しい。類似問題として、京都大学の地理の過去問がオススメ。

物理

理科2科目で150分間なので、実質75分間。出題傾向は全体的にまんべんなく出題される。『名門の森 重要問題集』まで仕上げてくのが良い。問題量が多いので、計算速度を上げることを心がけよう。現象を物理的に考察する問題が多く、問題文の中に必要な知識の誘導が隠れているので、それを読み取れるかがポイント。『名門の森 重要問題集』を仕上げ、過去問で問題の分析を行うのが、合格点を取る近道。

化学

試験時間は理科2科目で150分なので、実質75分。試験時間の割に大問4題と量が多く、迅速に対応できる力が必要。4題中、2題が有機化学に関する問題なので、苦手にならないように勉強する。大問ごとに出る範囲と傾向が決まっている。化学反応式だけ問われる問題、構造決定だけ問う出題がされているので、注意すること!『重要問題集』まで行い、有機化学に関しては『化学の新演習』までやるのもOK。それ以外の分野は、過去問演習に取り組むのが好ましい。

生物

大阪大学 武田塾式偏差値55からの受験生活

高3春(偏差値55)

大阪大学を目指す方は、受験生の春の段階で二次試験に使う科目の基礎・基本を完成させる時期です。余裕があれば、入試標準レベルの問題にも解いていきましょう。大阪大学の二次試験で用いる主要科目の完成に向けて、対策・勉強を進めていきましょう。

高3夏(偏差値60)

8月末は地方国公立大学の過去問で合格点が取れるように対策していきましょう。入試標準レベルの問題に関しては見た瞬間に解き方が思いつくような状態まで仕上げたいです。夏からはセンター試験でのみつかう科目の対策も徐々にはじめていきましょう。

高3秋(偏差値65)

過去問演習も始めつつ、難易度の高い応用問題の対策も取り組んでいきましょう。大阪大学は記述量・論述量の多い試験です。記述・論述の対策・トレーニングもしっかり行うようにしましょう。受験学年の秋は、大阪大学の過去問演習や記述・論述といった分野別の対策などやるべきことが多いですが、とても大切な時期になります。

高3冬(偏差値70)

入試直前の時期である、受験学年の冬はセンター試験の対策を徹底的にやっていきましょう。センター試験終了後は、二次試験の対策に取り組むようにしましょう。過去問などで演習を行い、自分の苦手分野を潰していくようにしましょう。

大阪大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP