東北大学

国立の中でも難関の旧帝大!理系科目は非常に難易度が高いので優先的に対策を!

参考書だけで東北大学で合格点を取る方法

最新年度版はこちら!

2016年度版|参考書だけで東北大学で合格点を取る方法

この動画は、東北大学の入試対策方法について紹介している動画です。

東北大学を受験する際のセンター試験の総合得点の目標は、文系であれば、最低でも7割5分、可能であれば7割後半を獲得する必要があります。

理系の場合は最低8割、できれば8割前半を狙って対策する必要があります。

また、医学部の場合は最低でも9割弱、できれば9割前半を狙いましょう。

薬学部の場合は、8割から8割中盤を狙って対策します。

理系の方が、稼がなくてはいけない点数が高くなっています。

ただし、医学海外の保険系の学部であれば、文系の学部と同じ程度センター試験で獲得できればいいでしょう。

東北大学の入試問題の特徴として、理系の科目の難易度が高く設定されています。

文系学部であっても、数学は押さえておかなくてはならない科目です。

東北大学に合格するためにはセンター試験を突破することも重要ですが、配点も難易度も高い二次試験の問題を解答できるように、早い段階から準備をする必要があります。

東北大学に挑む際には、二次試験の対策を他の国立大学よりも優先的におこない、その上でセンター試験のボーダーラインを越えられるように力をつけていくことを意識しましょう。

東北大学の科目ごとの特徴や、対策方法は、各動画で紹介されています。

必要な教科の動画をご覧ください。

TOP