早稲田大学商学部

早稲田大学商学部は早稲田の中でも人気の高い学部になります。
問題の内容もオーソドックスな傾向で、
高得点勝負の試験になります。
社会で論述が必要な問題や、難易度の高い数学は癖がありますが、
勉強した分だけ結果が出やすい大学になっております。
早稲田大学商学部の対策をしっかり行い、
高得点目指して勉強しましょう。

早稲田大学 商学部 偏差値/倍率/センター利用/試験方式

偏差値 67.5~68
倍率 2.1~2.3倍
センター利用 あり
試験方式 記述式

早稲田大学 商学部 教科/科目/配点/試験時間

教科 科目 配点 時間
外国語 英語(コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ)
ドイツ語
フランス語
中国語
韓国語
80点 90分
国語 国語総合
現代文B
古典B
60点 60分
地歴
公民
数学
世界史B
日本史B
政治・経済
数学I・数学II・数学A・数学B(「確率分布と統計的な推測」を除く)
60点 60分
(※数学は90分)

早稲田大学 商学部 試験の出題傾向/対策

英語

国語

数学

日本史

世界史

政治経済

早稲田大学 商学部 武田塾的必要勉強時間

32週間

早稲田大学 商学部 武田塾式偏差値50からの受験生活

高3春(偏差値50)

早稲田大学商学部を目指すといえど、春の時期は基礎固めに励みましょう。
英語なら英単語・英熟語・英文法・英文解釈などが完璧にできるようにしておきましょう。
この時期に基礎固めを完了させておかないと、夏に演習することができません。
「基礎を制するものは受験を制す」という心構えで、
受験勉強に取り組みましょう。

高3夏(偏差値60)

8月末の目標は、MARCHレベルに合格できる実力をつけることです。
基礎事項を春に終えた受験生であれば、
MARCHレベルの演習を積み、実戦力をつけていくようにしてください。

高3秋(偏差値70)

早慶レベルの学習に入りましょう。
難易度の高い問題や、
過去問の傾向から早稲田大学商学部合格に必要な分野別の対策に入っていきましょう。
社会の論述問題などは対策が必要な分野になりますので、
過去問をしっかり確認し、受験校の知識を入れておきましょう。

高3冬(偏差値75)

過去問演習の時期になります。
今まで身につけた知識を過去問演習の中で繰り返しアウトプットしていきましょう。
特に英語などは時間制約が厳しい試験にもなりますので、
制限時間のマイナス5分くらいで解き終わるよう対策をしていってください。
試験本番でベストパフォーマンスを発揮できるよう、
あらゆる状況を想定して、過去問対策をするようにしてください。

早稲田大学 商学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP