早稲田大学法学部

早稲田大学法学部は私立大学文系学部最難関の一つです。
英語では、難易度も高く、抽象度の高い長文問題が出題されることや、自由英作文問題が出題されるなど、
早稲田大学法学部の問題は私立大学トップクラスの難易度を誇ります。

早稲田大学 法学部 教科/科目/配点/試験時間

教科 科目 配点 時間
英語 コミニュケーション英語Ⅰ
コミニュケーション英語Ⅱ
コミニュケーション英語Ⅲ
英語表現Ⅰ
英語表現Ⅱ
60点 90分
国語 国語総合
現代文B
古典B
50点 90分
地歴
公民
世界史B
日本史B
政治・経済
40点 60分

早稲田大学 法学部 武田塾式偏差値50からの受験生活

高3春(偏差値50)

春は基礎固めを徹底的に行いましょう。
英語なら英単語・英熟語・英文法・英文解釈といった基礎の完成度を徹底的に上げていってください。
国語は現代文・古文ともにセンター試験レベルまでの読解が問題なくできるよう進めていきましょう。
社会は基礎の暗記をしっかり行い、歴史を選択するなら春の段階で一通り通史を終えることができれば理想的です。

高3夏(偏差値60)

8月末にMARCHレベル突破を目標に進めていきましょう。
春に身につけた基礎知識がきちんと使えるものになっているかどうかを意識して演習をしっかり行っていきましょう。

高3秋(偏差値70)

早慶レベルの演習に入っていきましょう。
早慶レベルの参考書・問題集になると、春に固めた基礎の知識では対応できない問題も多く出てきます。
知識面の強化もしていきましょう。

高3冬(偏差値70)

過去問演習の時期です。
早稲田大学法学部の入試問題は難問も多いですが、そういった難問にも考え抜くようにしましょう。
また記述問題が多いです。
記述問題の対策もしっかり行いましょう。

早稲田大学 法学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP