早稲田大学国際教養学部

早稲田大学国際教養学部は英語の入試難易度がかなり高い入試になります。
英語力がかなりのレベルでないと対応できませんので、力を入れて対策をしていきましょう。
一方、早稲田大学国際教養学部は早稲田大学の他の学部と比較すると、国語や数学などの英語以外の科目はやや易しめの問題になります。
そこで点数を稼げるように対策をしていきましょう。

早稲田大学 国際教養学部 武田塾式偏差値50からの受験生活

高3春(偏差値50)

高校3年生の春の段階から英語がかなりレベルの高いものになっていないと、早稲田大学国際教養学部の受験は厳しいものになります。
高校1年生・2年生から英語の勉強がしっかりできていて、結果も出ていることが前提になります。
国語や数学・社会科目に関しては現時点で対策が追いついていなくても十分間に合います。
英語が遅れている方は英語を全力で固めていきましょう。

高3夏(偏差値60)

8月末の目標としては、英語が早慶レベルに入っており、国語や社会がマーチレベルを突破できている状態が目標です。
英語は記述・論述の対策をしていく必要があるので早めに早慶レベルに入っておくと、秋以降じっくり対策に取り組めるでしょう。
国語や社会は早稲田大学の他の学部と比較して、難易度がやや易しめな分、じっくり対策をして点数を稼ぎたいところです。

高3秋(偏差値65)

早稲田大学レベルの演習に入っていきましょう。
英語の演習は早稲田大学国際教養学部に特化して対策をしていきましょう。
英作文・リスニングなど国際教養学部に特化して対策をしていくことをオススメします。
国語や社会も秋には早稲田レベルの対策を進め、過去問などにも触れ始めるようにしましょう。

高3冬(偏差値70)

受験生の冬は、最終調整の段階です。
ここまでで身につけた知識に漏れはないか、今までの参考書の復習に力をかけましょう。
また過去問演習では時間配分や解く順番など本番を意識したシミュレーションを重ねましょう。
常に本番を想定し、早稲田大学国際教養学部に合格するためには、今何をすべきなのかを考えながら行動するようにしましょう。

早稲田大学 国際教養学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP