早稲田大学文学部

早稲田大学文学部は難易度の高い入試でも有名で、
偏差値も高く、倍率も高いです。
早稲田大学文学部は著名人を多数輩出していることから、
憧れる受験生も多いでしょう。

早稲田大学 文学部 教科/科目/配点/試験時間

教科 科目 配点 時間
外国語 英語(コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ)
ドイツ語
フランス語
中国語
韓国語
75点 90分
国語 国語総合
現代文B
古典B
75点 90分
地歴 世界史B
日本史B
50点 60分

早稲田大学 文学部 武田塾式偏差値50からの受験生活

高3春(偏差値50)

早稲田大学文学部志望の受験生といえどもこの時期は徹底した基礎固めが重要です。
英語なら英単語・英熟語・英文法の対策を徹底して行う時期。
国語はセンター試験レベルの問題をしっかり高得点が取れる状態に仕上げていきたいです。
日本史・世界史など社会科目も参考書で通史の勉強は終えておきたいです。

高3夏(偏差値60)

8月末にMARCHレベル突破を目標に勉強を進めていきましょう。
夏の期間は、アウトプット・演習の時期です。
春に固めた基礎が身についているか実践演習でチェックしていきましょう。

高3秋(偏差値70)

早慶レベルの演習をしていく時期にしましょう。
難しい問題が多いですが、ここで考え抜く力をつけることが重要です。
また早稲田大学文学部では英語・国語ともに抽象度が高い文章が出題されます。
どんな文章がきても対応できるようにテーマの勉強もこの時期にしておくと良いでしょう。

高3冬(偏差値75)

過去問演習の時期になります。
自分のできていないところを分析し、改善・修正を重ねていきましょう。
今まで勉強した内容の復習が大事なのか、新しく分野ごとの対策が必要な問題もあるのか、
など考えることは多岐に渡ります。
過去問のやり込みをしっかり行い、合格点をとりましょう!

早稲田大学 文学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP