早稲田大学理工3学部

早稲田大学先進理工学部・創造理工学部・基幹理工学部の3つの学部に分かれています。
どの学部も入試の難易度はかなり高く、理系科目はハイレベルな演習を積んでおく必要があります。
対策方法をしっかり把握し、入試会場に臨みましょう。

早稲田大学 理工3学部 試験の出題傾向/対策

英語

大問5題 4題:読解問題 1題:文法問題
読解問題の大問4題の中で、長文が2個出題される形になっている。そのため長文は6つ出題されている。
長文の長さでは、過去数年の中で900ワードがあった。だが基本的には300~100ワードになっている。文章のテーマでは「理系の科学論的」なテーマや「論説」など、数学よりのテーマが多い。
そのため『リンガメタリカ』などを使って理系のテーマの文章や単語を抑えておきましょう。難易度は早慶レベルとなっていますので、武田塾のルート通り勉強をしてきましょう。
文法の問題では、特殊な文法をしています。回答になれるのが大事になってきます。過去問などを行いなれておきましょう。文法知識に関してはMarchレベルの文法でも対応ができます。
仕上げておいて貰えればと思います。

数学

大問5題
出題内容としては、微積・複素数平面・数列・ベクトル・確率・証明・図示が主に出題されております。出題形式としては記述形式となっており、過程を書くような形になっております。
問題を試行錯誤して解く問題となってます。

対策方法としては
武田塾のルート早慶レベルの対策をしっかりと行いましょう。『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B』で論述対策をしておきましょう。記述力や図なども書きますので対策を行いましょう。
初めて過去問を解く際に、手が止まってしまうこともあるかと思います。その際はしっかりと考え、試行錯誤をしながら答えを出しましょう。

物理

化学

生物

早稲田大学 理工3学部 武田塾式偏差値50からの受験生活

高3春(偏差値50)

早稲田大学先進理工学部・創造理工学部・基幹理工学部を受験する方は、できるだけ早期に基礎固めを終えておきましょう。
高校3年生の春には基礎が固まっている段階が理想的です。
理系科目は演習に時間がかかるので、後手後手にならないように取り組んでいきましょう。

高3夏(偏差値60)

8月末の目標としては、マーチレベルの理系の問題で、しっかり合格点が取れるレベルに仕上げていきましょう。
基礎を固めきり、マーチレベルの演習を進めていきましょう。
ここで標準レベルの問題を完璧に解ききれる力をつけていくことが、秋以降の勉強に役立ちます。

高3秋(偏差値65)

早稲田大学レベルの総合的な演習に入っていきましょう。
理系科目の難易度が一気に上がります。
思考力を必要とする問題が増えていきます。
ここで難しい問題を粘り強く考えて取り組むことが思考力の向上に役立ちます。
じっくり力をつけていきましょう。

高3冬(偏差値67.5)

高校3年生の冬は、早稲田大学先進理工学部・創造理工学部・基幹理工学部の過去問演習の時期ですね。
過去問では絶対に落とせない問題から、難問・奇問など様々な問題が出題されます。
問題の取捨選択を行い、制限時間内で最高得点を取れるように創意工夫をしてもらうと良いでしょう。

早稲田大学 理工3学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP