早稲田大学社会科学部

早稲田大学社会学部は、様々な分野が総合的に学べることから、早稲田大学の中でも人気の学部となっています。
入試日程が遅いこともあり、受験者数も多く、競争率が高い入試になりますので、対策をしっかり行い、合格を勝ち取りましょう。
入試問題は、他の早稲田大学の看板学部と比較して、取り組みやすい問題が多い傾向にあります。

早稲田大学 社会科学部 武田塾式偏差値50からの受験生活

高3春(偏差値50)

早稲田大学社会科学部を受験する方に春の時期に意識してもらいたいことは、徹底的な基礎固めです。
英語で例をあげると、英語の長文読解に入る前に、英単語・英熟語・英文法・英文解釈といった基礎基本の学習を精度高く行うようにしましょう。
社会や数学も、春の時点で一通りの基礎的な学習を終えていくことが理想です。

高3夏(偏差値60)

8月末の目標は、MARCHレベルの過去問で合格点を取れるようにすることです。
夏にかけてマーチレベルの演習を行い、春に身につけた基礎事項が本当に身についているか確認をしていきましょう。
この夏の演習が、秋以降の志望校レベルの問題演習に入るために必要な段階になります。
基礎事項に漏れがないか、丁寧に確認していきましょう。

高3秋(偏差値65)

早稲田大学レベルの演習に入っていきましょう。
過去問も徐々に触れていく時期になります。
問題の難易度も上がりますが、ここで粘り強く取り組んで思考力を鍛えていくようにしましょう。
自分の間違えた時こそ、「どうして間違えてしまったのか」を考える大切な機会になります。
一つ一つの問題に丁寧に取り組む機会にしましょう。

高3冬(偏差値70)

受験生の冬は、早稲田大学社会科学部合格のための総仕上げの時期にしましょう。
早稲田大学社会科学部は傾向もある程度決まっているので、過去問のやり込み・演習量を積むことが重要な時期になります。
自分自身の弱点を発見し、克服していきましょう。

早稲田大学 社会科学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP