古文の基礎学習を完了させるなら『古文上達の基礎』で決まり

古文の基礎学習を完了させるなら『古文上達の基礎』で決まり
出版社名:Z会

古文の基礎学習を行うことができる参考書『古文上達 基礎編 読解と演習45』はセンター〜東大レベルの対策にも使える参考書です。今回は『古文上達 基礎編 読解と演習45』の特徴と使い方を紹介します。

『古文上達の基礎』の特徴

『古文上達 基礎編 読解と演習45』は初めて入試に向けて国語古文を学習し始めた受験生にオススメです。この参考書は国語古文の問題に取り組むための基礎事項を学ぶことができます。さらに問題を解きながら問題に必要なポイントをしっかりと解説を通して理解することが可能です。

また古文で出題されがちな和歌に関する問題も『古文上達 基礎編 読解と演習45』で取り組むことができます。この参考書であれば日大〜センターレベルの入試をカバーすることができるでしょう。収録問題数は45題という取り組みやすい問題数になっています。この参考書に取り組み終わる頃にはどのようなポイントに着眼すれば正解に導くことができるのか理解することが可能となるのでオススメです。

参考書の使い方

主語や動詞に注目して取り組もう

国語古文の問題で主語が省略されるということがあります。主語がないと誰がどのような行動をとったのか把握することができず曖昧な状態で回答をしなくてはいけません。そのため問題に取り組むときには必ず主語と動詞の関係を意識して問題に取り組むようにしましょう。

『古文上達の基礎 読解と演習45』の解説にはしっかりと主語と動詞の係りあいを把握し、なぜその主語が出てくるのか理解することができます。また収録問題数も50題近くあるのではじめは主語・動詞の関係を意識して問題に取り組むことができなくても、後半に近づくにつれて主語と動詞の関係を意識する余裕も生まれますのでしっかりと丁寧に取り組むようにしましょう。

難関大学を目指す人はレベルの高い参考書に取り組もう

『古文上達の基礎 読解と演習45』は読解と演習を同時に行うことができるとても良い参考書なのですが、この参考書は国語古文の基礎学習を行うことしかできません。そのためMARCHや東大など難易度の高い大学を志望する受験生にとって、『古文上達の基礎 読解と演習45』ではカバーすることができない知識を補う必要があります。

そのためこの参考書に取り組んだ後はさらに難しい問題に取り組む必要があります。各大学ごとに取り組むべき参考書は異なりますが、全ての受験生に共通して言えることは志望大学の過去問に取り組む前にセンター試験の演習問題の参考書に取り組む必要があります。演習問題の参考書に取り組むことでどのような情報が必要なのか、和歌が出題されたときにどのような問題の解き方をすれば良いのか理解することができるのでい様々な参考書に取り組みましょう。

『センター〜東大レベル』を狙う受験生に『古文上達の基礎 読解と演習45』がオススメの理由

『古文上達の基礎 読解と演習45』は古文を初めて学び始める人や古文に苦手意識を持っている受験生にオススメの参考書です。基礎事項を学ぶことができる参考書なのでンター試験はもちろん、関関同立やMARCH、東大を志望する全ての受験生にオススメです。

どのようなレベルの大学を志望していても基礎をしっかりと学んでおかなければ難しい問題に取り組んだ時も基礎学習を生かし問題に取り組むことができません。『古文上達の基礎 読解と演習45』はその点を補うように基礎学習を行いならが演習ができるので効率よく学習を行うことができます。ぜひ取り組んでみてください。

参考書ルート一覧

大学別合格点突破レベルのルート

では実際にこの『古文上達の基礎 読解と演習45』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介します。各大学ごとに参考書ルートをまとめましたので参考にしてみてください。自分の志望大学がない場合は志望大学の入試問題の傾向とレベルをしっかりと比較して参考にしてみてください。

MARCH・関関同立・産近甲龍・日大レベルのルート

MARCH・関関同立・産近甲龍・日大レベルの大学を志望する受験生は『古文上達の基礎 読解と演習45』にしっかりと取り組み基礎学習を終了させましょう。この参考書は基礎学習と演習を同時に行うことがでいるので効率も良いです。

基礎学習をこの参考書で終えた後はレベルの高い問題に取り組み、問題数をこなす必要がありますので『マーク式基礎問題集 古文 』『センター試験過去問 本誌 』に取り組むようにしましょう。この参考書でどのようなジャンル、どのような和歌が出題されるのかしっかりと学習をした後『日東駒専&産近甲龍の古文』で入試前の調整を行うことをお勧めします。

マーク式基礎問題集 古文

出版社 河合塾
ジャンル 古文マーク式問題集
目的 古文のマーク式問題演習
分量 147ページ
日東駒専&産近甲龍の古文

       

出版社 日栄社
対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
ジャンル 古文問題集
目的 日東駒専・産近甲龍の古文対策
分量 105ページ

地方国公立レベルのルート

地方国公立レベルの大学を志望する受験生はこの『古文上達の基礎 読解と演習45』に取り組むことで基礎学習と短い文章の問題を45題解くことができるのでかなり古文の問題に慣れることができます。しかし地方国公立の大学を目指すにはセンター試験でも良い得点を取らねければいけません。そのために『マーク式基礎問題集 古文』『センター試験過去問 本誌 』に取り組み基礎〜標準レベルの問題を何度も解きましょう。

そしてどのような問題が出てくるのか、どのような知識が必要なのか確認をし学習の後は『日東駒専&産近甲龍の古文』『国公立標準問題集CanPass 古典』に取り組みましょう。この2冊で一般入試の学習を行うことができるので過去問に取り組む前の最終調整を行いましょう。

マーク式基礎問題集 古文

出版社 河合塾
ジャンル 古文マーク式問題集
目的 古文のマーク式問題演習
分量 147ページ
日東駒専&産近甲龍の古文

       

出版社 日栄社
対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
ジャンル 古文問題集
目的 日東駒専・産近甲龍の古文対策
分量 105ページ
国公立標準問題集CanPass 古典

       

出版社 駿台文庫
対象となる大学群 地方国公立
ジャンル 古文・漢文問題集
目的 国公立二次試験対策
分量 127ページ

センターレベルのルート

センター試験でのみ国語の古文が必要な受験生は『古文上達の基礎 読解と演習45 』で最低限の学習を行うことができますが、実際にセンター試験で出題される問題は文章量が多いので同じ文章量の問題に取り組んでおく必要があります。そのためにお勧めな参考書は『マーク式基礎問題集 古文 』『センター試験過去問 本誌』『Z会センター試験 実践模試 国語』『実践模試 国語 河合塾 マーク式総合問題集』『国語 きめる!センター古文・漢文』です。これらの参考書をしっかりと丁寧に取り組み、足りない知識をその都度補っていくことで入試に挑むことができる力を身につけることができます。

マーク式基礎問題集 古文

出版社 河合塾
ジャンル 古文マーク式問題集
目的 古文のマーク式問題演習
分量 147ページ
Z会センター試験 実践模試 国語

出版社 Z会
ジャンル 国語問題集
目的 古文問題演習
分量 472ページ
実践模試 国語 河合塾 マーク式総合問題集

出版社 河合塾
ジャンル 国語過去問集
目的 古文過去問演習
分量 河合塾全統マーク模試5回分 センター試験2回分
国語 きめる!センター古文・漢文

出版社 学研教育出版
ジャンル センター試験古文参考書
目的 センター古文問題演習
分量 319ページ

早稲田大学レベルのルート

早稲田レベルの大学を志望する受験生は『古文上達の基礎 読解と演習45』を取り組み基礎学習をできるだけ早く完了させましょう。その後できるだけ多くセンター試験や選択式の入試に向けた演習を行うために『マーク式基礎問題集 古文』『センター試験過去問 本誌』に取り組み問題数をこなしましょう。

その後標準以上の問題に取り組むために『日東駒専&産近甲龍の古文』『「有名」私大 古文演習』『首都圏「難関」私大古文演習』に取り組みさらに必要な知識を補います。そして過去問に取り組む前に『GMARCH&関関同立の古文』『早稲田の国語』に取り組み最終調整を行うようにしましょう。

マーク式基礎問題集 古文

出版社 河合塾
ジャンル 古文マーク式問題集
目的 古文のマーク式問題演習
分量 147ページ
日東駒専&産近甲龍の古文

       

出版社 日栄社
対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
ジャンル 古文問題集
目的 日東駒専・産近甲龍の古文対策
分量 105ページ
「有名」私大 古文演習

       

出版社 河合出版
対象となる大学群 MARCH
ジャンル 古文問題集
目的 古文の問題演習
分量 140ページ
首都圏「難関」私大古文演習

       

出版社 河合出版
対象となる大学群 MARCH・早慶
ジャンル 古文問題集
目的 古文問題演習
分量 157ページ
GMARCH&関関同立の古文

       

出版社 日栄社
対象となる大学群 GMARCH・関関同立
ジャンル 古文問題集
目的 古文の入試レベル演習
分量 153ページ
早稲田の国語

       

出版社 教学社
対象となる大学群 早稲田大学
ジャンル 国語過去問題集
目的 早稲田大学の学部別対策
分量 384ページ

東大レベルのルート

東大レベルの大学を志望する受験生は『古文上達の基礎 読解と演習45 』に取り組みできるだけ早い段階で基礎学習を終了させましょう。その後センター試験や選択問題に備えて『マーク式基礎問題集 古文』『センター試験過去問 本誌』に取り組むようにしましょう。選択問題でよく出てくる問題にできるだけ触れておくことで問題に慣れることができます。

その後標準以上の問題に取り組むために『日東駒専&産近甲龍の古文』『国公立標準問題集CanPass 古典』『入試精選問題集 古文』『得点奪取 古文』『難関校過去問シリーズ』で過去問に向けた最終調整を行うことをお勧めします。

マーク式基礎問題集 古文

出版社 河合塾
ジャンル 古文マーク式問題集
目的 古文のマーク式問題演習
分量 147ページ
日東駒専&産近甲龍の古文

       

出版社 日栄社
対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
ジャンル 古文問題集
目的 日東駒専・産近甲龍の古文対策
分量 105ページ
国公立標準問題集CanPass 古典

       

出版社 駿台文庫
対象となる大学群 地方国公立
ジャンル 古文・漢文問題集
目的 国公立二次試験対策
分量 127ページ
入試精選問題集 古文

       

出版社 河合出版
対象となる大学群 早慶
ジャンル 古文問題集
目的 古文の問題演習
分量 264ページ
得点奪取 古文

       

出版社 河合出版
対象となる大学群 難関国公立
ジャンル 古文問題集
目的 古文の記述対策
分量 119ページ

まとめ

この『古文上達の基礎 読解と演習45』は古文の基礎事項を学ぶことができる参考書です。問題数もちょうどいい数なので取り組みやすくなっています。また解説や主語と動詞の関係をしっかりと意識しながら学ぶことができるので難しい問題にも対応することができる基礎知識を補うことができます。参考書ルートを参考に自分の実力を上げていってください。

無料受験相談のご案内

武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

TOP