地方国公立|古文の記述対策ができる参考書『国公立標準問題集CanPass 古典』

地方国公立|古文の記述対策ができる参考書『国公立標準問題集CanPass 古典』
出版社名:駿台文庫

科目

国語 古文

対象となる大学群

  • 地方国公立 一覧
  • ジャンル

    古文・漢文問題集

    目的

    国公立二次試験対策

    分量

    127ページ

    参考書対応大学

    今回紹介する『国公立標準問題集 CanPass 古典』は、地方国公立大学の記述問題対策ができる参考書です。実際に出題された問題を解き、実力を測ることができます。

    『国公立標準問題集CanPass 古典』の特徴

    『国公立標準問題集 CanPass 古典』は全国各地の国公立大学の過去問古文12題、漢文8題の計20題が厳選し、特集されている参考書です。この参考書の解説もかなり細かく、記述問題の解説はどのような書き方・どのようなポイントを抑えれば良いのかを説明しています。記述問題の点数がなかなか伸びない人や何から書き始めたら良いかわからない人にオススメです。

    また記述問題が苦手でない人も改めて採点ポイントを知ることで点数を上げることに繋げることも可能です。しかしこの参考書は過去問を参考にした問題集ですので、国公立大学を目指す方はセンターレベルの問題が解けるようになってから『国公立標準問題集 CanPass 古典』に取り組んでみてください。

    参考書の使い方

    センター古文の実力を身につけてから取り組もう

    この『国公立標準問題集CanPass 古典』に収録されている問題はレベルが高いものが多いです。収録されている古文の過去問では新潟大、広島大、信州大、熊本大、筑波大、富山大、和歌山大、大阪府立大、千葉大、奈良女子大、お茶の水女子大、首都大学東京の12校の過去問が収録されています。また漢文では埼玉大、新潟大、千葉大、和歌山大、広島大、お茶の水女子大、筑波大、岡山大の8校の過去問が収録されています。

    どの大学の過去問もとても難しく基礎〜標準レベルの学習が終了していないと取り組むことができません。そのためこの参考書に取り組むまでにセンター古文の学習を終了させることをオススメします。また回答用紙が付いているので本番のように問題に取り組むことができるでしょう。

    解説や重要語句を覚えよう

    『国公立標準問題集CanPass 古典』には古文を読み解くのに必要な重要語句の知識や古典文法・語句がまとめられています。問題を解き終わった後も何度も繰り返し定着させることで次の問題に活かすことができます。必ず問題を繰り返し解くようにしましょう。

    またこの参考書の解説には記述問題の採点基準や採点ポイントも詳しく解説しています。なので「自己採点を行うと本当に回答が合っているのかわからない」という悩みをなくすことができます。採点側の気持ちになって自分の回答を採点すると改善しなくてはいけないポイントを分析しやすくなります。問題を解き終わった後は解説をしっかり読んでみてください。

    『地方国公立レベル』を狙う受験生に『国公立標準問題集CanPass 古典』がオススメの理由

    地方国公立大学の入試に特化した参考書で良書はあまりありません。『国公立標準問題集CanPass 古典』のように実際に出題された過去問をまとめ、採点基準を明記した解説が付いている参考書はとても国公立を受験する方にぴったりです。国公立の記述問題は論述や小論文である可能性もあるので、解説をしっかりと読み採点者側の気持ちになって採点を行うようにしましょう。

    記述問題は問題の要点をしっかりと理解していることも大切ですが、読み手側が理解することができる文章をかける様にしておくことが重要です。そのためこの参考書に取り組んだ後は予備校や学校の先生に採点をしてもらうと学習効率がグンと上がりますのでぜひ試してみてください。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際に『国公立標準問題集CanPass 古典』を使ってどの様に志望大学の合格圏に近づくことができるか紹介します。大学ごとに参考書ルートをまとめましたので参考にしてください。もし自分の志望大学がない場合は、自分の志望大学の問題傾向と似た大学の参考書ルートを参考にしてみてください。

    地方国公立レベルのルート

    地方国公立レベルの大学を志望する受験生はまず基礎〜標準レベルの問題を解ける様にしなければならないので『古文上達 基礎』『マーク式基礎問題集 古文』『センター試験過去問 本誌』『日東駒専&産近甲龍の古文』に解くことをお勧めします。

    その間古文単語帳や重要語句を覚える様にしていきましょう。そうすることで難しい問題でも対応する力を身につけることができます。そして過去問に取り組む前に『国公立標準問題集CanPass 古典』に取り組み最終調整を行いましょう。

    古文上達の基礎

    出版社 Z会
    ジャンル 古文読解参考書
    目的 古文読解基礎理解
    分量 192ページ
    マーク式基礎問題集 古文

    出版社 河合塾
    ジャンル 古文マーク式問題集
    目的 古文のマーク式問題演習
    分量 147ページ
    日東駒専&産近甲龍の古文

           

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 古文問題集
    目的 日東駒専・産近甲龍の古文対策
    分量 105ページ

    まとめ

    今回紹介した『国公立標準問題集CanPass 古典』は国公立大学を志望する受験生にオススメの参考書です。選択問題や記述問題など実際に出題された問題に取り組むことができます。自分の実力を試しつつ、自分に足りない部分を分析し入試本番までに補うことができる様に学習を進めていきましょう。また志望大学の合格圏に近づくことができる様に参考書ルートも参考にしてみてください。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP