青山学院大学 経済学部

青山学院大学 経済学部 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
1題目と2題目が長文問題。3題目が文法問題です。4題目も文法問題なのですが、2行分が与えられていてそれぞれの空欄に対して同じ語句を補充する問題で、多義語の知識が問われます。5問目は英作文の並び替えの問題です。他に特徴としては正誤問題の内容一致問題が出題されます。
それぞれに合っていたら1、間違っていたら2というように数字を振っていかないといけないので、正解が何個あるかわからないような出題となっています。まず問題の選択肢を読んでおいて、どんな内容に注意して長文を読んで行けばいいか予め整理してから長文を読んだほうが得点が期待出来るでしょう。
対策
出題の形式が特殊なので、過去問をしっかりやっておきましょう。『Nextage』や『Vintage』だけでは対応できない問題となっているので過去問を確認してそれに合った対策を心がけるようにしましょう。長文に関しては和訳問題が出題されます。これを攻略するには構文や解釈をしっかりやる必要があります。『入門英文解釈の技術70』などの解釈の参考書をやっておきましょう。訳すことに不安がある人は『和訳演習基礎編』が良い対策になります。
長文のレベルとしては『やっておきたい英語長文500』までのレベルをしっかり身につけておきましょう。
大問3~5に関しては多義語をしっかり覚えておくということと、使われ方を覚えておきましょう。文法事項も関連していることが多いので文法事項もしっかり抑えておきましょう。過去問のやりこみが重要になるので過去問に合わせた知識の吸収の仕方を学んで行って下さい。

国語

傾向
1題目の現代文は内容に関する出題が多いです。文章がしっかり読めていて選択肢の吟味ができているかどうかを問うオーソドックスな出題形式となっています。古文に関しては内容についても問われるのですが、どちらかと言うと知識系の問題が目立つ出題となっています。古典文法の知識が重要になってきます。

対策
現代文は武田塾参考書ルートのマーチレベルの参考書である『現代文読解力の開発講座』や『入試現代文アクセス発展編』を仕上げておきましょう。古文では『やさしく分かりやすい古典文法』『富井の古典文法を初めから丁寧に』
などで古典文法の知識を確実にし、『古文上達基礎編』や『日東駒専・産近甲龍の古文』で日大レベルの古文の演習をしっかり積みましょう。その後『マーチレベルの古文』『首都圏難関私大古文演習』『GMARCH・関関同立の古文』と言った読解系の参考書で対策をしていきましょう。

文系数学

④数学ⅠA 数学ⅡB
傾向
1題目と2題目は小問集合。3題目と4題目が独立した問題となっています。難易度は青学の他学部と比べると高めになっています。典型的な問題というよりはといらかというと思考力が求められる出題となっています。また2017年度の問題に関しては統計とデータの出題がされていたので各分野を満遍なく対策しておくことが重要です。

対策
『基礎問題精講』や『文系数学重要事項完全習得編』で典型的な問題をしっかり解けるようにしておいて、『文系数学実践力向上編』で初見の難しい問題にも対応する力を付けていきましょう。
勉強のコツとしては1行目からどんな式を書いていけばいいかということを考えながら勉強していき、単純な記憶では無く問題文を見て1行目をしっかり書けるようにしましょう。論証力が必要になってくるので普段から記述の練習をしておき、矛盾のない文章を書く練習をしていきましょう。

日本史

②日本史B
傾向
難易度はマーチレベルの総合力が問われる問題になっています。それぞれの大問の特徴なのですが漢字で書く問題が出題がされる一方で、正誤問題も出題されています。出来事の順番を問う問題も出題されています。

対策
知識を身に着けておくことを第一にしましょう。『スピードマスター』や『日本史B一問一答完全版』を通して日本史の用語を正確に暗記して置くことが第一のステップになってきます。その後『センター試験への道』『実力をつける日本史100題』などで問題演習をしていきましょう。出来事の順番を問う問題に関しては『元祖 日本史年代暗記法』を用いて覚えていく訓練をしましょう。また、講義系の参考書の『石川日本史実況中継』、『金谷のなぜと流れが分かる本』などの細かなところまで目を通すようにしておきましょう。

世界史

①世界史B
傾向
少し特殊な出題形式でそれぞれ第一問で地名に関する問題が出題されています。各第二問では人名に関する出題がされています。語群の中からそれぞれのジャンル毎に選択肢を選んでいくという形式になっており、紛らわしい語句を識別する必要があります。また、空所補充問題や一問一答形式の問題が多く出題されています。

対策
語句の穴埋め問題に対応するために語句を覚える時に他の語句と整理して覚えるようにしましょう。世界史の語句がしっかり暗記できていて、問題に答えられるレベルになっていれば十分対応できる問題になっています。少し変わった問題として出来事と為政者を関連させて答える問題が出題されており、これの対策としては『元祖世界史年代暗記法』で出来事を年号でしっかり暗記して、起こった順番を抑えておくことが必要です。他にも具体的な対策として『パノラマ世界史』をよみながら『ツインズマスター』で基礎固めをやった上で、最終的には『オンリーワン世界史』といったマーチレベルの世界史の問題集を解けるようにする必要があります。その後過去問に取り組んで行きましょう。

政治経済

③政治経済
傾向
問題の特徴としては数字に関わる問題が多く出題されています。選挙の比例代表制の人数や参議院衆議院の定数などが問われています。細かな数字について問われているので、数字を区別しながら覚えていくことが重要です。また紛らわしい知識の区別も重要になります。

対策
『畠山のズバッとわかる爽快講義』と『畠山のズバッとわかる爽快問題集』の2冊をしっかり仕上げて、次に『私大攻略の政治経済』で問題演習をして最後は過去問対策という流れになります。『畠山のズバッとわかる爽快講義』の読み込みが重要になります。最新の時事をテーマにした問題も出題されているのでニュースなどにも目を通して置くようにしましょう。

青山学院大学 経済学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP