青山学院大学 法学部

青山学院大学 法学部 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
大問1題目は長めの長文が出題されています。その中で英文を和訳させる問題も出題されているので、解釈の力や和訳の力も重要になります。
純粋な読解力を問う問題は第一問がメインになってきます。第二問の長文は空所に語句を入れていく問題がほぼ全ての出題になっています。
第三問は会話文の出題で、会話文の空所補充をしていく問題で会話表現や熟語や語法、品詞の知識が問われます。大問四は一般的な文法の問題です。
大問五が特徴的な出題となっており、100字で書かされる自由英作文が出題されています。

対策
第一問と第二問の長文に関しては『やっておきたい英語長文500』までのレベルをしっかりやっておきましょう。
第三問➜苦手な場合は『英会話文のトレーニング』で分野別対策をしましょう。
第四問➜『Nextage』『Vintage』を仕上げた上で『英文法ファイナル標準編』などの文法のアウトプットの参考書をやっておけば十分大応できます。
第五問➜『英作文ハイパートレーニング和文英訳編』で英作文の書き方を学んだ後、『英作文ハイパートレーニング自由英作文編』での方に入っていくという流れで対策をしていきましょう。
5題ともそれぞれ特徴のある出題となっているので、大問に合わせた対策をしていきましょう。

国語

傾向
大問2題とも共に現代文の出題となっています。青学の法学部の個別日程では古文が出題されないということが大きな特徴です。大問1は割と固めな評論文の出題がされています。大問2は随筆などの少しやわらかい文章の出題となっています。

対策
大問1の評論に関しては文章の難易度も高いので『現代文キーワード読解』などで抽象度の高い文章をしっかり読みといていくということの対策をしておきましょう。文章に対しての問われ方はシンプルで内容一致が多くを占めています。『現代文読解力の開発講座』で文章の内容を正確に掴めるようになり、『入試現代文のアクセス 発展編』『GMRACH・関関同立の現代文』などで読解問題を正確に解けるように訓練していけば十分対応できます。
大問2に関しては随筆を扱っている参考書が少ないので随筆の問題が出てきた時に丁寧に問題を解くように心がけましょう。随筆の特徴として抽象的な部分と具体的な部分が交互に出てきて、抽象部分が問題文の根拠になることが多いです。抽象部分を見逃さず筆者の言いたいことをしっかり掴めるようにしましょう。

文系数学

④数学ⅠA 数学ⅡB
傾向
1題目が小問集合で2題目と3題目が独立した問題。難易度はマーチの中では標準的。幅広い分野からの出題となっていいて、数Aの範囲や整数や方程式など出題されにくいような分野からも出題されています。

対策
満遍なく広い分野の対策をしていくことが重要です。『基礎問題精講』や『文系数学 完全習得編』を終わらせるだけでなく、『文系数学 実践力向上編』までやっておくことが必要となります。初見の問題でも1行目を問題文から導けるように心がけて下さい。基礎的な力から応用力までを身に着けて大問2・3で得点出来るようにしていきましょう。

日本史

②日本史B
傾向
日本史の総合力を問うような出題になっています。2017年度の過去問は紛らわしい知識を整理して置くことが重要な問題傾向となっていました。日本が関わった条約や協定、国際合意に関しての問題も出題されていました。史料集や
参考書で目を通しておきましょう。

対策
『日本史スピードマスター』や『日本史1問1答 完全版』で日本史の正確な知識の暗記を終えておいて、『センター試験への道』や『実力をつける日本史100題』でマーチレベルの日本史の総合的なアウトプットをしていくことが対策の流れになってきます。過去問演習の中で自分の足りない知識が出てきたら基礎的な参考書にかえってしっかり復習するようにしましょう。

世界史

①世界史B
傾向
基本的には空所が与えられていて選択肢の中から適切な語句を選ぶという形式の問題がほとんどでした。内容一致問題や記述で書くような問題も出題されています。そちらの別途対策も必要になりますが、基本的には空所に正しい語句を入れて行く力が重要になります。

対策
まず『ツインズマスター』や『パノラマ世界史』をしっかりやりこんで盤石な基礎力をつけるようにしましょう。その後は『ターゲット4000』や『世界史 1問1答』で更に基礎を強化して最終的には『オンリーワン世界史』といった世界史の総合力を問われるような問題集で色んな角度からの世界史の問題に対応できるようになれば十分だと思います。出来事の順番を並べる問題も出題されているので『元祖世界史年代暗記法』で時系列順に年号を整理して覚えることでさらなる得点アップが見込めると思います。過去問演習では自分の身につけた基礎が通用するか確かめる作業になります。まずは基礎から固めていきましょう!

政治経済

③政治経済
傾向
全問マーク方式で基本的には空所があり4択の中から正しい語句を補充する問題です。語句を正確に覚えることは大事になってきますが、それよりも語句の違いを抑えておくことのほうが重要な試験になってきます。2017年度の出題例では食料法と食料管理法という類似する言葉があって、区別して覚えておけば得点出来る問題が出題されています。

対策
『畠山のズバッとわかる爽快講義』『畠山のズバッとわかる爽快問題集』といったような基礎の問題集に取り組む時に、語句を覚えるだけでなく似ている語句と区別して覚えておくことが重要です。語句の違いを理解するようにしておきましょう。正誤問題も出題されるので語句を文章単位で覚えておくことも必要ですし、法律の成立年度や変更年度が問われているものもあります。『畠山のズバッとわかる爽快講義』の読み込みも語句覚えと同様に重要になってきます。その後『私大攻略の政治経済』でマーチレベルの政治経済の入試問題を演習していく対策をしましょう。最終的に過去問で対策をしていきましょう。

青山学院大学 法学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP