青山学院大学 理工学部

青山学院大学 理工学部 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
大問1はかなり長めな長文になっています。基本的には内容一致問題がほとんどです。下線部和訳も出題されている
ので和訳や構文把握も重要になってきます。大問2は青学理工学部特有の問題で単語の説明が与えられて、与えられた説明の単語は何か書く問題になっています。文章を読んで単語を推測する力が必要です。
大問3は一般的な文法問題です。大問4は短めの英会話文問題です。大問5が整序問題です。
大問1は長文ですが大問2~5は文法や会話の知識問題なので、単語・文法・語法などの基礎知識を繰り返し復習するようにしましょう。必要な人は個別に会話や整序問題の対策をしましょう。

対策
大問1→『やっておきたい英語長文500』。過去問で長い長文に慣れる。
大問2→過去問による対策が中心。英単語をスペルで書けるようにしておく。単語帳の説明を読み込んでおく。
大問3→『NEXTSTAGE』や『VINTAGE』『POWER STAGE』をやり込み、『英文法ファイナル標準編』でしっかり身につけた
知識のアウトプットをしていきましょう。
大問4→過去問をやってみてここだけ点数が極端に取れない場合は『英会話文問題のトレーニング』で対策をしましょう。
大問5→文法と語法の知識を身に着けておくことが重要。苦手な場合は個別の対策をする。

理系数学

傾向
大問1,2に関しては答えのみを記述するような形式です。大問3~5に関しては途中過程まで記述で解答していく形式になっています。大問1が数Ⅰ大問2が数Aの確率部分。大問3が図形で数Ⅰと数Ⅱの範囲から出題されています。大問4,5が数Ⅲの範囲で極限や微分積分に関するところが出題されています。

対策
数Ⅲの比重が大きいですが満遍なく全分野の対策をしていきましょう。『文系数学重要事項完全習得編』『合格数学Ⅲ』『理系数学入試の核心』といったレベルの参考書をやっておいて貰えると十分対応できると思います。図形問題は典型問題よりその場で考えさせる問題が出題されているので、過去問をやりこんで対応できるようにしていきましょう。微分・積分に関しては計算も早くしていく必要があるので計算問題集もやりながら計算の速度を上げていきましょう。

物理

①物理基礎・物理
傾向
1題目が力学、2題目が電磁気、3題目が原子から出題がされていました。3題目に関しては年によっては波動に関する問題であったり熱力に関する問題が出題されています。全分野満遍なく対策していきましょう。力学と電磁気に関しては毎年出題されているので優先的に対策していきましょう。

対策
『良問の風』のレベルまでしっかり身についていれば基本的な解き方は十分対応できる範囲になっていました。
力学の問題でグラフをその場で書かされる問題があったりするので過去問対策が重要になってきます。過去問の長い文章や、独自で与えられた設定を正確に読み取り『良問の風』で学んだ解き方に如何に繋げられるかが重要になってくるので、青学の過去問だけでなくMARCHや関関同立の過去問までやっていくつもりで対策をしていきましょう。
ただ計算させられるだけではなく根本的な知識も要求されたりするので、『わくわく物理探検隊』などを読みながら物理を基本から学んでいく姿勢も絶えず持つようにして下さい。

化学

②化学基礎・化学
傾向
1題目が理論化学、2題目は無機化学、3題目は有機化学メインの問題というようにそれぞれ分野ごとに出題がされています。

対策
大問1の理論化学に関する問題は基本的な熱化学方程式がしっかり出来ているかどうかと化学平衡に関する計算がしっかりできるかどうかという一般的な問題が出題されていました。対策として『化学基礎問題精講』がしっかり身についていることが重要です。解説部分も含めて解き方を身に着けてから過去問対策の中で演習をしていって下さい。無機化学では反応式を答えさせるような問題があるのでしっかり化学反応式を覚えておきましょう。『リードLightノート化学』や『化学基礎問題精講』で出てくる重要な反応式はしっかり頭の中にインプットしておくようにしましょう。それと関連して無機化学の色の分野でこれは何色になるかと言った色まで出題されているのでそういった暗記事項をもれなく覚えておくことも大事な対策になってきます。有機化学に関しては構造式を記述で書かされる問題も出題されていました。日頃から有機化学の分野に関しては構造式を自力で書けるまで暗記する勉強をしておきましょう。それぞれの物質の性質も訊かれているのでまとめて暗記しておきましょう。これらも『リードLightノート化学』などで基礎的な事項を押さえた上で『化学基礎問題精講』で解説部分まで暗記しておくこと、後は計算をスムーズにしておくようにしましょう。過去問の中で文章を正確に理解して要求に沿った形で答えられるように対策をすることが大事です。

青山学院大学 理工学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP