受験生物基礎の暗記にオススメな参考書『生物基礎の必修整理ノート』

受験生物基礎の暗記にオススメな参考書『生物基礎の必修整理ノート』
出版社名:文英堂

生物の基礎事項の暗記に適した参考書『生物基礎の必修整理ノート』。名前の通り生物の知識を整理するにのに役立ちます。今回は『生物基礎の必修整理ノート』の特徴と使い方を紹介します。

『生物基礎の必修整理ノート』の特徴

『生物基礎の必修整理ノート』は生物の基礎でよく登場する重要単語や各分野をしっかりと理解・暗記するのにぴったりな参考書です。空欄補充形式の問題と演習問題を通じて、生物の基礎固めを行うことができます。生物の入試問題を解くために必要な知識を身につけることができるので初めて生物の問題に取り組む人でも安心です。

『生物基礎の必修整理ノート』は入試対策だけでなく、学校の定期テスト勉強でも使用できる参考書です。『生物基礎の必修整理ノート』は重要事項を暗記するのに適していますが、生物の問題を解くのに必要な思考力や対応力を身につけることができません。入試では複雑な問題が出題されることもあるので、対応できる力を他の参考書で補う必要があります。

参考書の使い方

理解できない場合は講義系参考書に取り組もう

『生物基礎の必修整理ノート』は基礎的な知識を整理・暗記するための参考書になっています。用語を覚えるためにはとても良い参考書ですが、生物の単元をしっかりと理解するにはあまり向いていません。

『生物基礎の必修整理ノート』に取り組んでいて理解できていない分野があった場合は、『高校これでわかる生物基礎』や『高校これでわかる生物』に取り組みましょう。講義形式の参考書で生物を学ぶと実際に授業を受けているような感覚でしっかりと理解できます。また講義系参考書は自分のペースで進められるので、自分が理解できるまで時間をかけて取り組みましょう。

重要事項を暗記しよう

生物の入試で出題される問題は、記述式の問題もありますがセンター試験や関関同立・日東駒専などの入試では選択問題がメインです。問われる問題も実験結果や実験器具について等が多いので、入試に出題されやすい重要事項はしっかりと確認し暗記するようにしましょう。必要暗記項目を暗記しておくことで今後の学習にも活かすことができるでしょう。

問題や過去問に取り組もう

『生物基礎必修整理ノート』は知識整理の参考書です。そのため入試に取り組むための事前演習を行うことができません。そこでオススメなのが演習問題の参考書や志望大学の過去問に取り組むことです。そうすることで志望大学の出題傾向がわかりますし、自分の知識が完璧かどうか確認をすることができます。

『生物基礎の必修整理ノート』がおすすめな理由

『生物基礎の必修整理ノート』は生物入試で必要な知識をまとめ、暗記問題に活かすことができる知識を身につけることができます。センター試験や日東駒専・産近甲龍、関関同立などでは選択問題が多く出題されます。出題されるレベルも基礎〜標準レベルの問題がメインなので、基礎事項がベースに収録されている『生物基礎の必修整理ノート』に取り組んでいきましょう。

しかし、MARCHや早慶・東大など難関大学を志望する人はこの参考書だけでは補えない分野もあるため、『生物の必修整理ノート』や演習問題に特化した参考書に取り組むようにしましょう。出題形式も選択問題だけでなく記述問題が出題されるので記述問題の対策も行うと良いです。どのレベルの大学でも基礎学習は必要なので丁寧にしっかりと取り組みましょう。

参考書ルート一覧

大学別合格点突破レベルのルート

では実際に『生物基礎の必修ノート』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介します。各大学ごとの参考書ルートをまとめました。もし自分の志望大学がない場合は、志望大学の入試傾向とレベルを比較してもっとも似ている大学の参考書ルートを参考にしてください。

MARCH・関関同立・地方国公立レベルのルート

MARCH・関関同立・地方国公立レベルの大学を志望する受験生は『生物基礎の必修整理ノート』に取り組んだ後『生物の必修整理ノート』に取り組みましょう。収録されている内容のレベルが少しだけ上がります。必要事項をしっかりと覚えましょう。

そして入試問題に取り組む準備をするために『生物 基本徹底48』『生物 生物基礎・生物基礎問題精講』がオススメです。なんども演習問題に取り組んだら志望大学の過去問に取り組みましょう。

高校これでわかる生物

       

出版社 文英堂
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 生物参考書
目的 生物の基礎理解
分量 144ページ
生物の必修整理ノート

       

出版社 文英堂
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 生物基礎参考書
目的 生物の基礎理解
分量 192ページ
高校これでわかる生物

       

出版社 文英堂
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 生物参考書
目的 生物の基礎理解
分量 144ページ

センターレベルのルート

センター試験でのみ生物が必要な受験生、センター試験生物で高得点を取る必要がある受験生は『生物基礎の必修整理ノート』に取り組んだ後『生物の必修整理ノート』に取り組みましょう。その後センター試験では選択問題が中心に出題されるので演習問題を繰り返します。

オススメの参考書は『生物 基本徹底48』『生物 生物基礎・生物基礎問題精講』『河合塾 マーク式総合問題集 生物』『駿台 大学入試センター試験 実践問題集 生物』です。順に取り組むことで、無理なく自身の問題解答レベルを上げられます。

生物の必修整理ノート

       

出版社 文英堂
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 生物問題集
目的 生物の基礎知識暗記
分量 192ページ
生物 基本徹底48

       

出版社 駿台文庫
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 生物問題集
目的 生物の基礎的な演習
分量 232ページ
生物 生物基礎・生物基礎問題精講

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH、関関同立レベル
ジャンル 生物問題集
目的 生物問題演習
分量 288ページ
河合塾 マーク式総合問題集 生物

       

出版社 河合出版
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 生物問題集
目的 生物の問題演習
分量 予想問題5回分 センター2回分
駿台 大学入試センター試験 実践問題集 生物

       

出版社 駿台文庫
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 生物問題集
目的 生物の問題演習
分量 312ページ

地方国公立(非医学部)のルート

非医学部で地方国公立レベルの大学を目指す受験生は『生物基礎の必修整理ノート』に取り組んだ後『生物の必修整理ノート』に取り組みましょう。その後基礎能力がしっかりと定着しているか『生物 基本徹底48』で確認します。ある程度定着していることがわかったら『国公立標準問題集 CanPass 生物基礎+生物』に取り組みましょう。国公立の二次対策を行うことができます。その後自分の志望大学の過去問に取り組み、入試傾向や自分に足りない知識を補いましょう。

生物の必修整理ノート

       

出版社 文英堂
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 生物問題集
目的 生物の基礎知識暗記
分量 192ページ
生物 基本徹底48

       

出版社 駿台文庫
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 生物問題集
目的 生物の基礎的な演習
分量 232ページ
国公立標準問題集 CanPass 生物基礎+生物

       

出版社 駿台文庫
対象となる大学群 地方国公立レベル
ジャンル 生物問題集
目的 地方国公立対策、記述問題の演習
分量 400ページ

産近甲龍・日大レベルのルート

産近甲龍・日東駒専レベルの大学を志望する受験生は『生物基礎の必修整理ノート』に取り組んだ後『生物の必修整理ノート』に取り組みましょう。『生物の必修整理ノート』は収録されている内容のレベルが少し上がります。しっかりと重要事項を暗記しましょう。

その後『生物 基本徹底48』で基礎内容が理解できているか確認をします。また過去問に取り組む前に『国公立標準問題集 CanPass 生物基礎+生物』に取り組み、入試に向けた演習問題を繰り返しましょう。

生物の必修整理ノート

       

出版社 文英堂
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 生物問題集
目的 生物の基礎知識暗記
分量 192ページ
生物 基本徹底48

       

出版社 駿台文庫
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 生物問題集
目的 生物の基礎的な演習
分量 232ページ
国公立標準問題集 CanPass 生物基礎+生物

       

出版社 駿台文庫
対象となる大学群 地方国公立レベル
ジャンル 生物問題集
目的 地方国公立対策、記述問題の演習
分量 400ページ

まとめ

『生物基礎の必修整理ノート』は生物の基礎の知識整理・暗記にとっても便利な参考書です。『高校これでわかる生物基礎』や演習問題に特化した参考書の前後に取り組むことをお勧めします。また志望大学の合格圏に近づけるように、参考書ルートを活用しましょう。自分の実力を理解した上で必要な参考書に取り組むことをお勧めします。

無料受験相談のご案内

武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

TOP