コロナで休校は夏休みの前借り!?今、何をすべきか

コロナウイルスの感染拡大防止のための休校。

突然高校が休校になり、どうしていいかわからないと感じている高校生の皆さんも多いのではないでしょうか?

そんな皆さんに今回はこの休校期間に何をすべきかを主に今『受験生の2年生』に向けた記事を書きたいと思っています。

 

 

精神面

まずは落ち着く

コロナウイルス感染防止による突然の休校により期末試験や卒業式などのイベントが変更になっている方も多いことと思います。

パニックになってもいいことはありません。

まずは落ち着いて、自分が置かれている状況、しなければいけないことなどを把握していきましょう。

推薦入試を考えている人

推薦入試を考えている方は、期末試験が延期になった場合に備えて試験範囲の勉強を怠ってはいけません。

この休校を試験対策の時間が伸びたとポジティブにとらえて、全教科満点を目指しちゃいましょう…!

一般入試を考えている人

この記事を読んで、自分が何をしなきゃいけないか、考えましょう。

遊びに行くのは控える

このコロナウイルス感染防止による休校期間に、やったー休みだ!と遊びに出かけるのは控えましょう。

以下ではその理由を述べていきます。

感染防止

まずは第一にコロナウイルス感染防止のため。

インターネットの普及により、友人と会わずとも連絡を取ることが出来ます。

今わざわざ感染のリスクをおかしてまで会わなくても、自分の、そしてお友達の安全を守りつつ高校生らしく今の青春も大切にしてほしいなと感じます。

勉強しよう

高2の春休みというと受験まであと1年もないということで、本腰を入れて欲しい時期ではあります。

しかし、高校2年生の雰囲気が実際受験モードか?というとそんなことはないと思います。

ライターの自分自身も春休みに勉強したいからと遊びの誘いを断りづらいと感じていました。

でも、今なら『親がコロナ怖いから家出ないでって言ってる』なんて言ってしまえば、友情を壊すこともなく、ノリ悪い~なんて言われることもなく遊びを断ることが出来ます、勉強することができます。

勉強に集中してほしい、教育関係者は受験生の皆さんには願っています。

でも、今高校生の皆さんには皆さんを取り巻く環境があると思います。

その自分の環境も守りつつ、勉強に勤しんでほしい。

勉強を本気で取り組むようになると

『必死になりすぎ』『ダサい』などと悪口、陰口を言われることもあるかもしれません。

でも、あなたにそんな悪口を言ってる人も数か月後には必死になってますよ。

だからこそ、受験は本気になったもん勝ちなんです。

ここで失う友情ならいらない。それくらいの気持ちでやってほしい。

本当に必要な友人なら受験終わってから仲良くしてくれます。

今は自分のことを一番に考えてほしい。

そしてそれが許されるのが『受験生』です。

この休校期間に勉強する重要性

この休校期間遊ぶべきか

4月からはどこに行っても受験生、と呼ばれるようになります。

息抜きにコンビニに行くのすら罪悪感を覚え、遊びに出かけるなどありえない。

そんな雰囲気になっていきます。

勉強以外の自分の時間を大切にできるのは今だけかもしれません。

だからこそ受験勉強が本格的に始まってからあれもしたい、これもしたい…となるよりは今やりたいことをやって、あの日の思い出があるから頑張れると思えるような体験をするのもいいかもしれないですね。

しかし今はコロナウイルスへの感染リスクがあるため、外に出るのには不安があります…

今は家で勉強して、勉強貯金をして、コロナウイルスへのリスクが下がって学校が始まってからお友達と一日息抜きに遊びに行く方が有意義なのではないか、と個人的には思います。

 

4月からは受験生みんなが当たり前のように勉強をします。

この春休みに少しでも勉強を進めて周りと差をつけることのメリットはかなり大きいです。

本来の高校2年生の春休みは1個上の先輩が受験生を卒業しつつある中で、『受験生』としての態度を作る時期でもありますから。

4月までに

・基礎を固める

・勉強習慣を作る

・自分に合った勉強法を見つける

ことが出来るかどうかで、4月以降の勉強効率はかなり変わってきます。

『受験生活』はもう始まってるんですよ。

精神状況

精神的に自分が周りよりも劣っているときは焦って勉強に集中できなくなる人が多いです。

焦るがあまり自分の勉強のペースが崩れてしまうのです。

部活の試合などでも、普段ならできているはずのことが『ここで決めなきゃ!』と意気込みすぎることで失敗してしまったという方も多いのではないでしょうか…?

一方調子よいときは…?

自信もついているので、モチベーションも保ったまま勉強を続けることが出来ますよね。

ある程度の精神的余裕をもって勉強をすることも重要です。

ですからこのコロナウイルスによる休校、春休みに勉強することは大事なのです。

 

純粋に4月以降にやることが減る

参考書ベース

参考書ベースの子はイメージがつきやすいでしょうか?

ペースをこの休校期間及び春休みに早めることで、4月以降のペースを緩めることが出来たり、早めにルートを終えて過去問対策により多くの時間を割くことが出来るようになります。

過去問対策はやればやるほど成績が伸びます。

本当です。

でも、1周するのに精いっぱいで過去問対策まで時間を割けない人が本当に多いです。

うーん、もったいない。

今、スピードを速めて過去問対策の時間を確保しましょう。

授業ベース

特に参考書ベースで勉強している方に言えることではありますが、予備校や学校の授業ベースに学習を進めている方にも言えます。

今ここで基礎を固めておけば、4月以降は授業で習ったことを復習するだけで、他の自分の苦手な分野に時間を割くこともできます。

高校3年生の勉強時間

高3になれば受験勉強に完全に集中できるようになると思っている方、多いのではないでしょうか?

案外そんなことありません。

息抜きと称してお友達とクレープなんて食べに行くこともあるし(最近はタピオカ?バナナジュース?)、引退した部活の後輩から部活について相談されることもあります。

家族に遊びに誘われることもあるかもしれません。

学校行事だってあります。

文化祭も、体育祭も高校3年生になっても休みなんて許されないんです。

その行事の時間、浪人生は、ライバルは勉教してるのに。

だから今浪人生が受験がいったん終わって休んでいる今、勉強することは大事です。

難関大学を目指している皆さんの敵は同学年の同じ成績くらいの人、ではなく浪人生だということ、お忘れなく。

 

この休校は夏休みの前借り

もしかしたら夏休みが減るかも?

この3月に行う予定だった授業はどうなるのでしょうか?

イベントごとであればなくしてしまえばそれでいいかもしれませんが、勉強のカリキュラムとなるとそうはいきません…

学習スピードを上げるか、後ろ倒しにして夏休みを短くする可能性もあると思います。

そうなった場合どうなるでしょうか…?

受験生の天王山が減る…

その意味が分かるでしょうか?

夏休みは1学期で行った基礎の復習をするとてもとても大事な期間です。

夏の時点で受験の勝敗が決まってしまう、という人もいるくらいです。

夏休みが減っても困らないように、今基礎を確実に固めましょう。

単語の暗記をしていて、dog の意味をわざわざ復習する人はいませんよね?

そのレベルまで落とし込んだ基礎を少しでも多く固めて欲しいのです。

 

今何をするべきか

では実際に今、この休校期間を含めた春休みに何をしたらいいのか整理していきましょう。

大きく言えば3つあります。

①4月からの勉強計画を立てる

②基礎を固める

③自分の勉強法を確立する

ではそれぞれ解説していきましょう。

①4月からの勉強計画を立てる

この期間は4月から本格的に勉強する準備をする期間でもあります。

ですから、4月から悩まなくていいようにこの時期に色々と細かく決めていきましょう。

 

・志望大学はどこにするか

・志望学部、学科はどこか

・どこの予備校に行くか、勉強場所はどこか

・参考書は何をどの順番に使うか

・毎日どれくらいの量、時間の勉強をするのか(できるのか)

・夏にはどれくらいの成績をとっていたいのか

・模試ごとの目標点の設定をざっくりと決める

この辺りは確実に決める必要があります。

予備校によってはこの春期講習から『受験学年』の授業が始まります。

予備校に通おうと思っている方は、なるべく早く通う予備校を決める必要があるかもしれません。

参考書ベースの勉強を考えている人は一年間の大体の計画を立てるのも重要です。

②基礎を固める

理科や社会も大事ですが、まずは英語と数学を固めることが最重要です。

この春にやっておくと格段にこの後が楽になります。

 

英語

・単語帳の暗記

・文法の基礎を固める

・それでも余裕があれば、(もしくは自力で文法の勉強が辛ければ)語法

 

-単語帳の暗記

単語は言わずもがな重要です。

しかも理解力も必要ないので一人でも時間さえあれば勉強することが出来ます。

おすすめは『システム英単語』システム単語帳

(使い方、ペースはこちら)

これの1.2章がセンターレベルに該当するので、ここまではなるべく早く駆け抜けましょう。

1日150語、1週間600語のペースでも4週間あれば2400語!!!

春休みの1か月でこれだけ進められたら自信にもつながるはず!!!

英単語を覚えると、文法や解釈の勉強がまだでもなんとなく英語ができるようになった気になりますし(モチベーションに重要!!!)、文法の勉強をする時にも単語が分からないとその都度調べなくてはならなくて時間がかかってしまいます。

単語は超超超重要!!!

何としてでも単語だけはこの期間に進めてくださいね!!!

 

-文法の基礎を固める

基礎である文法の学習を行いましょう。

おすすめは

『NextStage』

ですが、勉強を始めたばかりの皆さんにとっては解説が不十分なところもあります。

その時は

『大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編』

の解説を読んで見てください。

この1冊で中学英語の復習が出来るので、少しでも不安がある方はこの一冊から復習するとかえってその後の学習がスムーズになりますよ。

できれば全員やって、基礎をガッチガチに固めて欲しいです…!

 

-それでも余裕があれば、(もしくは自力で文法の勉強が辛ければ)語法

『NextStage』の2章の語法や4章の会話表現を暗記しましょう。

これらは覚えさえすれば即点数につながる美味しい単元です。

しかし、暗記というのは思ったよりも時間がかかるし一度覚えても忘れてしまうものです。

この期間に一度覚えてその後は忘れる前に復習するだけにすればこの後が楽になります♪

そして、今まで英語を勉強してなさすぎて文法を自習するなんてとても無理…

という方は、『高校英文法基礎パターンドリル』『大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編』

をまずは読んで見てください。

それでも頭に入ってこないなら潔く諦めて、語法や会話表現の暗記に取り掛かりましょう。

今、理解に多大な時間をかけるよりも人に解説を加えてもらえるとするするわかるようになることもあります。

苦手意識克服のためにもまずは暗記から始めてくださいね…!

 

数学

ではお次は数学。

数学で今の時期に重要なのは計算力をつけることです。

それが基礎を固めることにもなります。

簡単な計算問題で間違えないだけでなく、素早く処理できるようになることがこの春休みの目標です。

①学校の教科書の準拠問題集のA問題

②『受かる計算』

③基礎問レベルを一問でも多く習得する

①学校の教科書の準拠問題集のA問題

学校で配られた問題集はレベルが書かれていると思います。

その1番簡単なレベルの問題が『計算問題』として簡単に処理してほしい分野です。

ここを3日ほどで1単元解ききり、解き方を覚えてください。

既習分野すべてでそれが終わったら、1日30分ほど計算練習をしてください。

分野をランダムにするのがおすすめです。

例えば10分は因数分解、10分は平方完成、10分は指数計算など…

この時、同じ時間で何問できたかの記録を取るといいと思います。

そして昨日よりも1問でも多く解けるように必死に毎日計算してください。

その方が成長も早いですし、モチベーションにも繋がります。

 

②『受かる計算』

学校の問題集を何周もして答えを覚えてしまった人、あんなの簡単じゃん♪という段階になった人は

『受かる計算』大学受験 合格る計算 数学I・A・II・B

を用いて同じ練習を繰り返しましょう。

学校で問題集の解説が配布されていない人は最初からこちらでもいいかもしれないですね。

ただその場合は計算練習は演習量が重要なので、さらに他の問題集でも演習を積むようにしてください。

 

③基礎問レベルを一問でも多く習得する数学I・A 基礎問題精講

①の全ての単元のA問題の理解が一度終わった段階、もしくは同時進行で『基礎問精講』に取り組んでほしいです。

数学の基礎を全て学ぶことが出来ます。

演習量の確保にもなりますし、解説もわかりやすいし基礎の習得の助けになると思います。

このレベルが出来ているかどうか、は正直かなり大きな差になります。

まずはこの問題集を一問でも多く解けるようにしましょう。

単元の後半になると自力でやるのが難しいと感じてしまったり、飽きてしまうこともあるかもしれません。

そしたら別の単元の最初の方の問題でも構わないのでとにかく『一問でも多く』できる問題を増やしましょう…!

 

③自分の勉強法を確立する

最後に、『自分の勉強法を確立する』です。

・どれくらいの完成度で勉強するのか

・100%にするのにどれくらい時間がかかるのか

・どの頻度で復習するか

・自分にあった暗記方法を見つける

がポイント。

この辺りは記憶力など人によって違うことも多いので、自分を知っておくことは重要。

4月からは勉強に全ての力を注いでもらいたい。

勉強の前の『自分を知ること』はここで終わらせておきましょう…!

100%にするのもきっと自分が思っているよりも、時間がかかると思いますよ。

 

集中力を養う

皆さん、自分は『勉強する!』と決めれば、その瞬間1日10時間くらい勉強できるし、勉強すればするほど成績は伸びる…と思っていないでしょうか?

はたして本当にそうでしょうか?

定期テスト前の自分を思い出してみてください。

そんなに長時間、そして毎日勉強していますか?

集中力が切れてしまい自分が思っている以上に勉強できていない人の方が多いのではないでしょうか?

集中力は訓練して手にいれるものです。

勉強を続ける中で、気付いたら毎日勉強できる時間が増えていた…となるものです。

そこは勘違いしないでほしい。

自分の勉強する集中力を養い、4月からトップスピードで勉強する準備をするのも大事なことですよ。

勉強へのハードルを下げてあるだけでも4月からの楽さは全然違いますから。

そして今年の夏休みは短くなることが予想されます。

そうするとなると、特に現役生は勉強にも耐性がつき丸一日集中して勉強できる時間が減ってしまうということです。

今『集中力』を少しでも早く養う重要性が分かって頂けたでしょうか…?

 

~最後に~

このコロナウイルスによる休校により生じた『お休み』は、

夏休みの前借りです。

今、やらないと絶対に後悔することになる。

どうか受験生の、そして受験生になりつつある、高2生の皆さんが悔いのない休校期間、そして春休みを過ごしてくれますように。

 

今後の計画を立てる上で、困ったことがあったら遠慮なく相談してください。

武田塾の教務の方々が、今までの経験を通してあなたに最適なアドバイスをしてくれるとおもいます。

無料受験相談はこちら

関連ブログ

第4文型と二重目的語の語法

今回の記事では、二重目的語を取る動詞について整理していきます。 二重目的語を取るということは、その動詞の文型はなんでしょ…

英語の「合う」とagree をマスターしよう!

語法シリーズも5本目の記事となってまいりました。 まだ他の記事を読んでない方はそちらも見てみてくださいね。 →①他動詞と…

英語で感情を表現しよう!~第2文型と知覚動詞~

今回は ・第2文型の表現 ・知覚動詞 の解説をしていきます。 どちらもそんなに表現は多くないので、動詞の部分を入れ替える…

SVO to doの語法のポイントはお願い!?

語法シリーズ第3段の今回は ・SVO to do の語法をとる動詞 ・SVO+ Ving/Vpp をとる動詞 の二本立て…

間違えやすい他動詞とつづりの似た動詞の語法

この記事では、自動詞と他動詞の語法について整理していきます。 特に自動詞と間違えやすい他動詞と、自動詞と他動詞とでつづり…

サブコンテンツ

TOP