浪人を決めたあなたはこの春何をするべきか

今年度の受験が終わろうとしています。

続々と試験が終わり、結果発表が行われ、結果は様々だったことでしょう。

まずは、今年度お疲れさまでした。

なかには残念ながら浪人が決定してしまった人もいるかと思います。

その方たちに向けた、この3月という一ヶ月をどう過ごすべきか…という記事を今回は書こうと思っています。

浪人を決めたあなたはこの春、遊び呆けていいのか…?

浪人を決めたあなたへ

本当に浪人か?

まずは、本当に今年現役で大学に行かずに浪人するのか…を考えてみましょう。

・1年大学に行くのが遅れる

・1年卒業するのが遅くなる

・1年就職が遅れる(生涯年収に影響があるかも?)

・いわゆる『普通』から外れる

・後輩が同級生になる

これだけのリスクを負っても尚、浪人したいのかもう一度考えてみましょう。

 

来年も受かる保証はない

私立大学の入試は難化している

私立大学の入試は難化しており、以前より難関大に入るのは確実に難しくなっています。

今年あなたが合格を勝ち取った大学でも、来年受かる保証はありません。

浪人すれば成績が上がって、今年よりも偏差値の高い大学に絶対行ける…

そんなことはないのです。

それでも、今年受かった大学の合格通知をなかったことにしますか?

 

覚悟は決めたのか?

一年間、毎日8~16時間勉強できるか!?

浪人のリスクがわかったと思います。

次は浪人生の生活についてです。

君はこの生活に耐えられるのか…!?

 

毎日平均12時間は勉強しましょう。

1日24時間あり、睡眠6時間だとしても残り18時間ありますよね。

食事、お風呂、少しの休憩で3時間除いても15時間あります。

直前期には休憩の時間を削って16時間は勉強してほしいです。

 

浪人生の平均勉強時間は10時間なんて言われることもありますが、はっきり言って少ないし、全落ちで仕方なく浪人を決めた人も含めた時間のため、難関大を目指す浪人生だけ集めたら、10時間なんて結果には当然ならないと思います。

そして勉強を始めると案外10時間なんてすぐいくことに気づくと思います。

やることはいくらでもあるのですから。

 

そして少し調子が出ない日、息抜きをしよう!と思った日でも最低8時間は勉強しましょう。

それが『浪人生』です。

ライターの私が通っていた予備校の先生は

「勉強しない浪人生はただのニートだ。」

とよく仰っていました。

確かにそうかもしれません。

『浪人生』と胸張って言えるくらい、死ぬ物狂いで勉強しましょう。

 

質の低下に注意!!!

勉強時間の話をしましたが、注意してほしいことがあります。

それは、

勉強時間=頭を使っている時間≠机に向かっている時間!!!

ということ。

ただ机に向かってだらだらしている時間は勉強時間に含まれません。

しっかり頭を使って考えたり暗記したりする時間が勉強時間であって、机で携帯を触っている時間はもちろん、ノートに教科書の内容を書き写すなどの作業時間は勉強時間には含まれません。

もう一度いいます。

勉強時間=頭を使っている時間≠机に向かっている時間!!!

気をつけてくださいね。

 

反省会をしよう

なぜ落ちたのか?

ここからは今年度の失敗を活かし、来年度に活かすために反省会をしましょう。

各自自己分析はしてほしいので、ここではありがちなものを紹介していきます。

生活面

意外とこの『勉強に集中する生活環境だったか』は重要です。

生活習慣を整えるのは案外時間がかかるので、早めに原因をつきとめて解消しましょう。

部屋のすぐ目のつくところに誘惑物を置くのをやめよう

部屋のすぐ手の届くところに漫画や本を置いていませんか?

目につくと手を伸ばしたくなるもの…

受験生が終わるまでは目のつかないところに隠しておきましょう。

部屋が散らかっていると、注意力散漫になってしまうこともあるため、部屋が散らかっている人はこれを気に片付けましょう。

 

睡眠時間は削っちゃだめ

勉強時間が足りない…と睡眠時間を削ってしまう人、いませんか?

しかし、記憶は眠っている間に定着するため、睡眠はとても大事です。

睡眠不足の状態ではせっかく勉強した内容も頭に入ってきません。

睡眠も受験勉強の一種と言っても過言ではありません。

何があっても、睡眠時間は削ってはいけません。

しかし朝寝坊ばかり繰り返すのも考えものです。

一般的には6~8時間だと思いますが、この春休み期間に自分が調子よく動け、その日のノルマも達成できる睡眠時間を見つけましょう…!

休憩時間を守れているか?

勉強するにあたり適度な休憩は重要です。

しかし、それが『サボり』になっていないか…は注意する必要があります。

休憩時間はしっかり守りましょう。

予備校に通い始めると、他の浪人生と話す機会も増えると思いますが、それが『休憩』になっているのか『勉強から逃げている』のかは注意して判断する必要があると思います。

 

勉強面

・皆が当たり前にできていることを当たり前にできるようにする。

・基礎を100%にする

・難しい問題ばかりやらない

・効率の悪い勉強をしない

・自分にあった勉強法を知る

・計画をつめこみすぎない

・復習の時間をとる

・穴を埋める時間を確保する

この辺りが重要かと思います。

正直、勉強面に関しては人それぞれです。

自分と同じ勉強をしていた人の合格体験記などを読み、何が足りなかったかを把握する…

学校や予備校の先生と面談をして、何を改善すべきだったかを指摘してもらう…

自分だけで考えてもうまくいかないことが多いので、なるべく多くの人に『どうすれば自分はよかったのか』を聞くのが良いと思います。

この春休みは色んな塾、予備校で体験授業や面談を行っています。

この春の講座は無料なことも多いですし、苦手分野の克服のためにも、体験授業はおすすめです。

少しでも気になったところに足を運んで話を聞くことで見えてくるものがあると思います。

体験授業、面談を通して今年の自分の環境と他の環境を比較してみよう。

必ず見えてくるものがあるはずですよ。

 

来年の計画を立てよう

さて、では時間がある春休みのうちに来年の計画を立ててしまいましょう。

勉強環境

・予備校探し

→自己管理型か、こまめに面談をしてくれるか…など自分にあった予備校探しを。

浪人生はサボろうと思えばどこまででもサボれてしまうこともあるので、強制自習などある程度の強制力があり、しっかりチェックしてくれるところがおすすめです。

・浪人方法は?

→予備校、塾、宅浪など…

→前述の通り強制力がないので宅浪はおすすめしない…

・自習室探し

→塾の自習してでの学習に飽きてしまったら、どこで勉強するかを決めておくのがおすすめです。

近所の図書館やカフェ、有料自習室など…

 

学習内容

重要な学習内容に関しても計画を立てましょう。

・何をどの順番にやるのか

→参考書ベースの方は特に慎重に…!

→予備校に通っている人でも演習に問題集は必要なので、何を使うかは春のうちに決めておきましょう。

→基礎を固めるのを一番大事に!!!

 

・各時期の模試の目標点

→最初の模試は現役生がまだ試験範囲の勉強が終わっていないこともあり、偏差値が高く出やすいです。でもそこで『もう楽勝じゃん~』と絶対に手を抜かないように…!

 

春休み、何をするか

SNSを早めにやめよう

まずは1番最初にこれを伝えたいです。

春休み中も、4月以降も、大学生になる子たちはたーーくさん遊びます。

一方あなたは勉強を続けなければいけません。

『どうして自分ばっかり…』

そう思ってしまう日が来てしまうと思います。

でもそれは仕方ない。

あなたは『浪人して上を目指す』と『あなた自身が』決めたのだから。

決めたのならば潔く諦めて勉強しましょう。

 

4月1日、入学式の日…

少なくともこの日だけはSNSをみるのをやめましょう。

同級生が一斉に楽しそうな近況をアップデートします。

あなたが内心バカにしていた、自分よりもずっとずっと成績の悪かった同級生も、楽しそうにしています。

SNSは見ないほうが身のためです。

 

SNSをする時間

自分はそんなこと思わないと思う人もいるかも知れません。

しかし、SNSをする時間があなたにはあるのでしょうか…?

その時間があるなら勉強をしてほしいなと思います。

それに、今やめないとやめ時がわからず入試直前までだらだら続けてしますことになりますよ。

今すぐアカウントをログアウトしましょう。

次にログインするのは、合格発表です。

 

春休みにする勉強

今何をすべきか

最低1日6時間勉強!!!

毎日10時間以上勉強してた直前期を乗り越えたあなた方なら楽に達成できる勉強時間だと思います。

もし直前期にそんなに勉強してなかったなら今こそ穴埋めすべきだと思います。

人より集中力が足りない分、今やらないと、いい結果には繋がりません。

ここで1ヶ月勉強するかはかなり違います。

なぜなら受験前の1ヶ月も、今の1ヶ月も同じ時間だからです。

 

そしてなぜ6時間かというと現役生の学校がある時期でも、放課後これくらいは勉強しているからです。

友達と遊びにいく日でも、用事がある日でも最低6時間くらいは勉強してください。

移動中、午前中、夜ご飯の前後を利用すれば楽々達成できるはずです。

この時の、遊びの時間を確保するためにスキマ時間をどう使うか…?を本気で考えるのも後々活きてくるかもしれません、

 

基礎を固めよう

コロナで休校は夏休みの前借り!?今、何をすべきか

現高2、来年からは現役生と呼ばれるあなた達のライバルに向けて書いた記事です。

この記事の『今何をすべきか』というところから読むといいでしょう。

基礎の固め方は同様のやり方で良いと思います。

まずは英語と数学の基礎をガチガチに固めましょう。

先述の通り不合格の理由は『当たり前のことを当たり前にできなかった』がほとんどです。

ただ、浪人を目指すあなた達には、もう少し踏み込んだところまでやってほしいなと思います。

①中学英語、中学数学に不安はないか?

②1年間の模試を振り返ってずっと苦手な範囲、形式はないか?

③入試ごとの感想

①中学英語、中学数学に不安はないか?

案外英語や数学は中学範囲に穴があることがあります。

ここが固まっているかが後々大事になってくる時があります。

高校受験をしたいわけではないので、演習等はしなくてもいいと思いますが、文型や公式の確認などを2週間程度でささっと終わらせておきましょう。

「苦手なら中学内容に戻るべき教科・科目」はどれだ? 戻らなくてもよいのもどれだ!?|

詳細はこちらを確認してもらえると良いと思います。

 

②1年間の模試を振り返ってずっと苦手な範囲、形式はないか?

既に受験範囲を1周しているからこそわかる『自分の苦手』をしっかり活かしましょう。

苦手な分野は他の単元と同じ勉強時間では解決できなかった分野ということでもあります。

ここで、集中して苦手と向き合うのもいいかもしれません。

 

③入試ごとの感想

そして、模試は1年前の同時期のものを復習しておくのがおすすめです。

同範囲の復習にもなりますし、同じような問題が出やすく模試の対策にもなります。

きちんと模試を解く→なぜ解けなかったのかを分析→穴を埋める

を行うようにしてくださいね。

詳しくはこちらの『自分のミスの分析をせよ』を読んでみてください。

模試にはどの単元、どの公式、どの知識を覚えていればよかったのか…など書いてありますので、『ミスの分析』の練習にも良いかと思います。

 

最後に

さあここまで読んでみてもまだ浪人の意志は強いですか?

自分で『やる』と決めたなら全力で頑張ってほしいなと思います。

浪人を決めた瞬間からあなたの浪人生活は始まっています。

さあ、この記事を読み終わったら、何をしますか…?

 

どうして今年度落ちたのか自分でもわからない…

春休み、何したらいいのかわからない…

4月からの勉強計画に悩みがある…

という方は受験相談にいくのがいいと思います。

第三者の客観的な意見を取り入れることはとても重要です。

もう既に他の予備校に入学を決めているという方でも、いつもの先生とは違った視点を手に入れるという意味でも、一度お話をするのがいいと思います。

入塾しなくても無料で受けられる受験相談ですので、是非活用してみてください。

→詳細はこちら

関連ブログ

コロナで休校は夏休みの前借り!?今、何をすべきか

コロナウイルスの感染拡大防止のための休校。 突然高校が休校になり、どうしていいかわからないと感じている高校生の皆さんも多…

英語『完了時制』のコツはある一点!?

今回は英語の時制の中でも完了形について解説を行いたいと思います。 日本語にはない時間の概念なので、苦手な人も多い単元だと…

センター試験が終わってから成績を伸ばしたい人へ

受験生の皆さんセンター試験お疲れさまでした。 結果が良かった人、悪かった人、それぞれが感じたことがあったと思います。 今…

続・めざせ前置詞マスター!イメージを掴んで前置詞攻略

(この記事はめざせ前置詞マスターの記事の続きです。 前回の記事をまだ読んでいない人は、ぜひそちらから 読んでみてください…

英語『時制』のコツは英語脳を手に入れること!?

筆者が個人的に最も難しいと感じている時制の単元を解説していきたいと思います。 日本語の文法の『時制』と英語の文法の『時制…

サブコンテンツ

TOP