SVO to doの語法のポイントはお願い!?

語法シリーズ第3段の今回は

・SVO to do の語法をとる動詞

・SVO+ Ving/Vpp をとる動詞

の二本立てです。

まだ以前の2本を見ていない方はそちらも見てみてください。

語法の勉強法と不定詞/動名詞

他動詞とつづりの似ている動詞

語法という単元の特性上、どこから勉強を始めても構いませんので

記事を読む→記事で紹介されていることを覚える(動詞一覧を覚える)

→問題を解く→間違えたときはミスの分析をする

→対処する(文法の復習をする,暗記をし直す)

などひとつひとつ積み重ねて言ってください。

暗記さえ頑張れば、得点に繋がりやすい単元です。

頑張れ!!!

 

SVO to do の語法をとる動詞

SVO to doの語法

では、始めにSVO to doの語法を整理していきます。

青字をまずは100%に覚えて、その後黒字も覚えていきましょう。

動詞の覚え方は各自に任せますが、

私は『~してほしいなあ』という気持ちが表れるとこの語法になる…!

というイメージで覚えていました。

例文を引いて覚えるのも忘れずに…!

S V O to do の語法をとる動詞一覧

allow A to do Aが~するのを許す
permit A to do Aが~するのを許す
force A to do Aに~することを強制する(→使役動詞)
compel A to do Aに~することを強制する
enable A to do Aが~するのを可能にする
cause A to do Aが~する原因となる
encourage A to do Aが~するように励ます
advise A to do Aが~するように忠告する
expect A to do Aが~すると予期する
remind A to do Aに~することを気づかせる
warn A to do Aに~するように警告する/注意する
invite A to do Aに~するように勧める
persuade A to do Aを説得して~させる
lead A to do Aに~する気にさせる
leave A to do Aに~することを任せる
ask A to do Aに~するように頼む
get A to do Aに~させる、してもらう
help A to do Aが~するのを手伝う
induce A to do Aを~する気にさせる
oblige A to do Aに無理やり~させる
order A to do Aに~するよう命じる
prefer A to do Aに~してもらいたい
request A to do Aに~するよう懇願する
require A to do Aに~するよう命じる/要求する
tell A to do Aに~するよう命じる
tempt A to do Aを~する気にさせる
urge A to do Aを~するよう説得する/促す
want A to do Aに~してもらいたい
would like A to do Aに~してもらいたい

 

get には3つの用法があるので、それも覚えてしまいましょう…!

get + A + Vpp の形がまず基本

①Aを~してもらう・させる(使役)

②A(自分の物)を~される(被害)

③Aを~してしまう(完了)

これも例文を引いて表現を覚えていってくださいね。

使役ってなんだ?と思ったそこのあなた!

使役は語法問題として出題されることもあるため、しっかりと復習しましょう。

→使役の復習はこちら

使役の問題も解いて、是非この機会にマスターしましょう…!

make? have? let? 使役動詞の違いをわかりやすく解説!

 

SVO+ Ving/Vpp をとる動詞

動詞をまずは覚えよう

では次に、SVO+C(Ving/Vpp) をとる動詞を整理していきます。

4つしかありませんから、すぐに覚えられるかと思います。

 

SVO+C(Ving/Vpp) をとる動詞一覧

keep A を~にしておく(意図的)
leave Aを~のままにしておく(放任)
find Aが~だと思う、気づく、わかる
catch Aが~しているのを目撃する

 

動詞の変形ができるか!?

これらの動詞で重要なのはこの動詞がこの形をとることではなくて、

Cの部分がVing なのか Vedなのか…

変形を自分でできるようになることです。

こちらの分詞の記事で、その見極め方法を解説していますので、自信がない方は確認してみてください。

感覚としては分詞と同じです。

 

【分詞の用法】分詞構文は同時性だけわかれば大丈夫?

例】

Keep the door (close)

→この時の closeは、 closing / closed どちらになるでしょうか…?

正解は…

closed ですね!

これが正しく選べた方は大丈夫だと思いますが、間違えてしまった方は、分詞を復習しましょう…!

→分詞の記事はこちら

 

まとめ

語法編

今回の学習テーマは、

・SVO to do の語法をとる動詞

・SVO+ Ving/Vpp をとる動詞

です。

①動詞を覚える

②使い方を覚える

③変形にも対応できるようにする!

これらを最終目標に

問題を解く

表現を覚える

これを徹底していきましょう!

 

~以前の記事はこちら~

語法の勉強法と不定詞/動名詞

他動詞とつづりの似ている動詞

 

文法編

今回の記事で紹介した復習してほしい文法事項は

・使役動詞

→解説記事はこちら

・分詞

→解説記事はこちら

です。

語法問題は文法の理解度チェックにもなりますから、この機会に復習してみてくださいね。

 

 

受験に関する悩みがある方は是非一度最寄りの武田塾へお越し下さい。
プロの教務がいつでも、無料受験相談に乗ります。ご来校をお待ちしております。
無料受験相談をご希望の方はこちら

関連ブログ

第4文型と二重目的語の語法

今回の記事では、二重目的語を取る動詞について整理していきます。 二重目的語を取るということは、その動詞の文型はなんでしょ…

英語の「合う」とagree をマスターしよう!

語法シリーズも5本目の記事となってまいりました。 まだ他の記事を読んでない方はそちらも見てみてくださいね。 →①他動詞と…

英語で感情を表現しよう!~第2文型と知覚動詞~

今回は ・第2文型の表現 ・知覚動詞 の解説をしていきます。 どちらもそんなに表現は多くないので、動詞の部分を入れ替える…

間違えやすい他動詞とつづりの似た動詞の語法

この記事では、自動詞と他動詞の語法について整理していきます。 特に自動詞と間違えやすい他動詞と、自動詞と他動詞とでつづり…

動詞の語法の基本と不定詞と動名詞が続く動詞

英語の語法問題の扱い方を解説しています。 語法問題の重要性や覚え方、問題の解き方、復習の仕方など初めて語法を勉強する人で…

サブコンテンツ

TOP