文型、恐れるに足らず!文型の種類の簡単な見分け方!

「英語の文型って何がそんな重要なの…?」こう思った人はいませんか?
和訳ができていれば困ることはないし、理解する必要がないと思う人もいると思います。
しかし!文型は大学受験においてとても重要!この記事では、文型の重要性と簡単な見分け方をコンパクトに解説します!

Step1. 文型を理解するメリットって?

「文型を理解するメリットって何…?和訳ができれば英語は読めるし、別に必要ないのでは…?」こう思う人がいてもおかしくありません。
この記事を書いてるライターの私も、高校生のとき同じことを思っていました。
たしかに、英語長文問題は和訳がしっかりできれば問題は解けるし、普段の生活で英語を読む機会があるとしても、文型を意識する必要性がありませんよね。しかし、大学受験では文法問題が出題されます。また、短い試験時間の中で大量の英文を読まなくてはいけないので、効率よく英文解釈をすることが求められます。効率よく英文を読むために必要なのが、「文型の見分け方」なのです。

例えば…
皆さんは、関係代名詞「what」と接続詞「that」の見分け方、使い分けがわかりますか?
センター試験の文法問題でもこれを理解していなければ、文法問題は解けません。

 

端的に言うと、文が完成していないもので関係代名詞「what」を使い、文が完成しているもので接続詞「that」を使います。この記事では、例文を使って具体的な解説はしませんが、文型の見分け方がわかっているだけで、解けるかどうかがはっきり分かれる問題があることは事実です。また、文型がわかっていると長文読解のスピードもかなり上昇します。これは実際に身につけて初めてわかることですが、どちらにせよメリットしかありません。

以上より、文型の重要性がわかったと思うので、次からは文型の実際の見分け方や種類などを解説していきたいと思います。

 

関係代名詞がわからない…そんな人のために、関係代名詞を中学レベル~大学受験レベルまで解説した記事もあります!

気になる方は是非ご覧下さい。前編後編の2本仕立てになっています!レベルに合わせてご覧下さい。

関係代名詞…基本もわからないし、関係副詞との違いは…?(前編)

関係代名詞…基本もわからないし、関係副詞との違いは…?(後編)

Step2. SとかVとかOって何?アルファベットの役割を簡単に解説!

それぞれのアルファベットの役割紹介

文型は、S,V,C,Oのようにアルファベットで表記されますよね。

最初にそれぞれのアルファベットの役割を見分けれるように覚えましょう。

S…主語  「 ~は、~が」

V…動詞  「~する、~です」

C…補語   (主語や目的語の説明、主語や目的語とイコール関係になります。)

O…目的語 「~を、~に、~が」

S V C O
役割 主語 動詞 補語 目的語
~は ~する、~です 主語の説明、
主語とイコール関係になる
~を、~に、~が

 

英語のルール的に、「主語+動詞~~」が文章の作り方なのでSVは文型において必ずセットになってきます。このSVの文型を第1文型と言い、この第1文型にC(補語)やO(目的語)などがついて文型の種類が派生していきます。それぞれのアルファベットが持つ特徴によって、文型が変化するのです。

さて、いよいよここからが文型の本番です。
英語の基本文型5つを解説していきたいと思います。

Step3. 基本文型は5種類!それぞれの見分け方を簡単解説!

基本文型5種類

【第1文型】 SV
【第2文型】 SVC
【第3文型】 SVO
【第4文型】 SVOO
【第5文型】 SVOC

英語の基本文型は上記の5種類があります。

【第1文型】 SVの文型の見分け方

S(主語)とV(動詞)で成り立つ最もオーソドックスな文型です。
英語の文章の作り方は、「主語+動詞」が基本なので、第2文型以降もSVを軸として他のC(補語)やO(目的語)がくっつき、他の文型へと変化していきます。

第1文型の見分け方としては、主語と動詞のみのシンプルな構造になっていることがポイントで、「SはVする」という意味になります。以下が例文です。

例文:I run.
訳:私は走る。

この例文の場合、S(主語)= I、V(動詞)= runとなります。

例文:He sings.
訳:彼は歌う。

この例文の場合、S(主語)= He、V(動詞)= singsとなります。

【第2文型】SVCの文型の見分け方

第1文型のSV(主語+動詞)にCの補語が加わった形となります。
「S(主語)はC(補語)です。」という訳になる場合が多いです。
第2文型、SVCの特徴としては「S(主語)=C(補語)」という関係になることが最も特徴的です。O(目的語)がS(主語)とイコール関係になることはありませんので、S(主語)とイコール関係になっているものが補語という考え方もできます。
また、補語は名詞か形容詞のみしか使えません。

例文:He is my father.
訳:彼は私の父です。

He = my father
彼 = 私の父

この例文の場合、S(主語) = He、V(動詞) = is、C(補語) = my fatherとなります。 S(主語)とC(補語)がイコール関係となっていることがわかりますね。
ちなみにこの例文のC(補語)は、名詞ですね。

例文:She is kind.
訳:彼女は親切です。

She = kind
彼女 = 親切です

この例文の場合、S(主語)= She、V(動詞)= is、C(補語)= kindとなります。こちらもS(主語)とC(補語)がイコール関係となっています。
ちなみにこの例文のC(補語)は、形容詞ですね。

C(補語)は、S(主語)の状態を説明している単語がきます。
なので、V(動詞)には状態を説明するためのbe動詞、feel、becomeなどが来る場合が多いです。

【第3文型】SVOの文型の見分け方

第3文型は、第1文型(SV)にV(動詞)の動作対象となるO(目的語)が加えられたものです。
O(目的語)とは、V(動詞)の動作対象で「~を」「~に」「~が」と訳すことが多いです。
第2文型(SVC)と違って、S(主語)=C(補語)のようなイコール関係にはなりません。

例文:I play baseball.
訳:私は野球をします。

 

この例文の場合、S(主語)= I、V(動詞)= play、O(目的語)= baseball となります。
「する」という動作の対象が「野球」なので、この例文の中のO(目的語)は「baseball」という風になります。また、S(主語)の「I」とO(目的語)の「baseball」はイコール関係でないこともわかりますね。

【第4文型】SVOOの文型の見分け方

第4文型であるSVOOの文型の特徴は、「AにBを~する」という訳になることが多く、文中にO(目的語)を2つ含むことです。
目的語を2つ取れる動詞はあまり数が多いわけではなく、「buy」「give」「cook」「make」など限られた動詞だけです。
V(動詞)のすぐ次のO(目的語)のことを間接目的語と言い、2つ目のO(目的語)がV(動詞)の直接的な動作対象となるため、直接目的語と言います。

例文:I give her a birthday present.
訳:私は彼女に誕生日プレゼントをあげます。

 

この例文の場合、S(主語)= I、V(動詞)= give、O(目的語)= her、O(目的語)= a birthday present となります。
2つ目のO(目的語)の「a birthday present」がV(動詞)の「give」の動作対象で、直接目的語となっています。
直接目的語や間接目的語がよくわからない人は、「AにBを~する」という訳で「buy」「give」「cook」「make」などの動詞が使われていたら、第4文型の可能性が高いと割り切って覚えることも一つの手かもしれません。

【第5文型】SVOCの文型の見分け方

第5文型のSVOCの特徴は、C(補語)がO(目的語)を説明しており、「C(補語)=O(目的語)」が成り立つことです。
第2文型では、C(補語)はS(主語)を説明し、「S(主語)=C(補語)」となっていましたが、第5文型においては、それがO(目的語)になっています。

例文:You make me happy.
訳:あなたは私を幸せにします。

この例文の場合、S(主語)= You、V(動詞)= make、O(目的語)= me、C(補語)= happy となります。
C(補語)である「happy」という単語ですが、ここでは誰が幸せかを考えましょう。
訳を元に考えると、「me」が「you」によって幸せにしてもらっています。
つまり、O(目的語)である「me」がC(補語)である「happy」とイコール関係になっているので、この例文は第5文型のSVOCの文型であると言えるのです。

Step4. 文型を完璧に理解するには?

インプットとアウトプットを繰り返そう。

大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編』といった講義系の参考書で、まずは理解を深めていきましょう。
インプットが終わったら、文法問題集『Vintage』『NextStage』や長文問題『やっておきたい英語長文シリーズ』などで演習に取り組み、アウトプットをしていってほしいと思います。アウトプットを通して、自分の苦手な部分や理解できていない部分を洗い出していきます。
苦手ポイントやわからない点をまとめて、先生などに質問に行って疑問を解決するのもアリです。
弱点を補強しつつ、文型全体を復習して、完成度を高めていきましょう。

理解のポイントは、問題の解答を人に理解させれるほどに自分で説明できるようになることです。復習の際、解説を読んで理解したつもりになったのではダメです。
何も見ずに、人に解説通り説明できるようになりましょう。

理解しきれない場合は、再び『大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編』などの講義系の参考書に戻って何度も何度も復習しましょう。

文型の簡単な自学自習の流れ

  1. 文型の基礎知識のインプット
  2. 演習を通してどこがわからないかを試す
  3. 自分のできていない部分を、人に何も見ずに解説通り説明できるまで復習
  4. それでもできない場合は、インプットのし直し
  5. 1~4の繰り返し

Step5. まとめ

文型は簡単で、理解できれば大きな武器となる!

ここまで文型についての解説、勉強方法を書いてきました。
文型を理解できれば文法問題に強くなれるだけでなく、長文読解でも英文解釈が可能となり、速読力のUPにも繋がっていきます。
文法にも長文にも応用できる文型は、まさに受験英語において重要な要素です。
そして、それは決して難しいものではなく簡単なので、是非とも理解してマスターしてほしいと思います。

 

文型の要点!

  • 文型は、文法問題・長文問題において応用可能!必ず理解する!
  • 「S・V・C・O」それぞれの役割と意味を理解する!
  • 第1文型~第5文型のそれぞれの特徴を理解し、見分けられるようにする!
  • 文型を理解するために、インプットとアウトプットを何度も繰り返して復習を怠らないこと!
  • 人に何も見ずに参考書通り解説できるようにする!

 

以上が文型についてでした。
この記事を読んだだけでは、文型も文型の勉強方法を全て理解することは難しいと思います。参考書を何度も復習し、演習を繰り返してとにかく粘り強く勉強しましょう。

 

もし、何か困ったことがあれば是非とも最寄りの武田塾にお越し下さい。
きっと力になることができると思います。この記事が少しでも受験生の皆様に役に立ったのならば、幸いです。

関連ブログ

接続詞の種類はいくつ?それぞれの使い方をマスターしよう!

今回は、穴埋めや長文を読む時に鍵となる接続詞について勉強していきたいと思います。 接続詞と言われてパッと思いつくのは何で…

【態の用法】受動態は受け身の意味ではない!?

今回は受動態の解説をしていきます。 中学時代に能動態と受動態の変形を練習したことがあるのではないでしょうか? 今回は中学…

【asの用法】和訳頻出。イメージさえつかめれば怖くない…!?

長文の中でよく用いられ、和訳問題でも頻出のas。 このasをマスターすることで文法問題はもちろん、長文読解や英作文にも繋…

《即理解》自動詞と他動詞の違い・見分け方!

この記事では、自動詞と他動詞について解説します! 自動詞と他動詞の違いを理解することで文型も見分けやすくなりますし、文法…

要点を整理すれば簡単…?比較級・最上級をマスターしよう!

比較級や最上級っていろいろな表し方があってわかりにくいですよね!今回はそんな比較文の要点を抑えてしっかりマスターできるよ…

サブコンテンツ

TOP