【英語】時制の一致・わかりにくい過去完了も面白おかしく解説!

皆さんは、英語の時制の一致を説明できますか?そもそも、時制の種類がわかりますか?

大学受験の英語で頻出される時制問題…簡単なので是非とも理解して得点につなげてほしいです。

この記事では、そんな時制について解説したいと思います。

時制の一致とは?大過去って?過去完了形の使い方って?そんな疑問を持つ人は是非ご覧ください!

 

時制の一致とは…?

先生「時制の一致!時制の一致!」

ぼく「何を言うとんねん」

皆さんはこんな経験ありませんか?先生が解説をしているときによく使うセリフですが、「何と何が一致してるかわからない」人もいるのではないでしょうか。そこで、時制の一致について簡単に解説していきます。

時制の一致とは…主節*の動詞の時制によって他の部分の時制も変化させなければならない英語独自のルールである!

言葉で説明されてもわからないと思うので、例文を使って説明したいと思います。

※主節…S(主語)とV(動詞)を含んだ文のメインとなるかたまりのこと

 

例文:She said that she was sick.

訳:彼女は病気だと言いました。

赤字が主節青字がそれ以外の節(従属節)

 

主節の動詞で時制を判断!

訳では「病気だ」という現在形になっていますが、英文では「was」を使った過去形になっています。

これは、文のメインとなる主節(S・Vを含んだかたまり)の「She said」が過去形を使っているためです。

主節以外の部分も「said」に合わせて時制を変化させなければなりません。

これが、「時制の一致」です。

 

時制の一致を見極めるために、現在から見て、英文の内容はいつのことなのかを考える

彼女「病気だ」と言いました過去の話

現在からすれば、「病気だ」という状態自体も過去のことになるので、英語で表すときも過去形にしなければなりません。

考え方として、主節では「said」という過去形を使っているにもかかわらず、

その発言の内容が現在のことを言っていたらおかしいですよね。

なので、主節ではない部分(従属節)は、主節の動詞に時制を合わせましょう。

 

このように考えると、日本語訳が現在形でも英文では時制を主節に合わせて変化させなければいけない理由がわかると思います。

 

「時制の一致」としているが、一致しないこともよくある

「時制の一致」という名がついていますが、「一致」とついているからといって、必ず主節の動詞の時制と他の動詞の時制が同じになるわけではありません。

主節の動詞の時制によって、従属節の動詞の時制も何パターンか使える可能性があるのです。

詳しい解説は、それぞれ時制ごとでしたいと思います。

 

主節が現在形の場合

主節が現在形の場合、他の節は「現在形」「過去形」「未来形」などあらゆるパターンに変化することがあります。

 

現在形に変化するパターン

例文:I think he is cool.

訳:私は彼はかっこいいと思います。

 

赤字が主節青字がその他の節(従属節)

 

 

 

 

 

 

 

主節の動詞は、「think」と現在形になっています。主節の動詞を確認したら、時制の一致を見極めるために、現在から見て、英文の内容はいつのことなのかを考えましょう。

「私」という人間は、現在「彼」という人間を「かっこいい」と思っています。従属節の部分も同じ時制を取ることができるので、「he is cool」も現在形を使うことができます。

 

過去 ーーーーーーーーーーーーーーー 現在(かっこいいと思う)ーーーーーーーーーーーーーーー 未来

 

過去形に変化するパターン

例文:I think he was cool.

訳:彼はかっこよかったと思います。

赤字が主節青字がその他の節(従属節)

 

主節の動詞は、「think」と現在形になっています。

現在「かっこいい」と思っているのは、「he was cool.」という過去の「彼」のことであり、この場合は従属節では過去形を使います。

 

過去(かっこよかった) ーーーーーーーーーーーーーーー 現在(思う)ーーーーーーーーーーーーーーー 未来

 

過去にあったことを考えたり、思ったりすることは当然あることですよね。よって、主節が現在形でも従属節では過去形になったりするのです。

ここで早速「時制の一致」となっているにもかかわらず、主節と従属節で時制が食い違ってるものが出てきていますね。

時制を「一致」させるというよりは、時制を「都合よく合わせる」という感覚で問題を解きましょう。

 

未来形に変化するパターン

例文:I think he will be cool.

訳:私は彼がかっこよくなると思います。

 

主節の動詞は、「think」と現在形になっています。(彼がかっこよくなるだろうと)思います。と、将来そうなるであろうことを現在思っているという状態ですね。

 

過去 ーーーーーーーーーーーーーーー 現在(思う)ーーーーーーーーーーーーーーー 未来(かっこよくなるだろう)

 

未来のことを予想したり考えることはよくしますよね。

よって、主節が現在形でも従属節では未来形になったりするのです。

ここでも、主節と従属節で時制が食い違ってるものが出てきていますね。

 

主節が過去形の場合

主節が過去形の場合、他の節は「過去形」「過去完了形」に変化することがあります。

 

過去形に変化するパターン

例文:She said that she was sick.

訳:彼女は病気だと言いました。

 ※赤字が主節青字がその他の節(従属節)

 

主節の動詞は、「said」と過去形になっています。

彼女「病気だ」と言いました過去の話

現在からすれば、「病気だ」という状態自体も過去のことになるので、英語で表すときも過去形にしなければなりません。

 

過去(病気だと言った) ーーーーーーーーーーーーーーー 現在ーーーーーーーーーーーーーーー 未来

 

その当時からすれば、「病気であること」も現在の話だったかもしれませんが、過去に「言った」ことなので、その内容も現在から見れば過去のことですよね。

よって、主節が過去形の場合、従属節の動詞も過去形になります。

 

過去完了形に変化するパターン

例文:She said that she had been sick for three days.

訳:彼女は、3日間病気だったと言いました。

 

主節の動詞は、「said」の過去形になっています。

彼女「3日間病気だった」と言いました過去の話       

「言いました」という行動は、現在から見て過去のことです。

次に、「3日間病気だった」という状態はいつの話でしょうか?皆さんもお考え下さい。

 

過去の時点で「3日間病気だった」と過去形で発言しています。

よって病気には、「言いました」という行動の前よりもかかっていたと考えることができます。つまり、「3日間病気だった」という状態は、過去から見ても過去のことなのです。

 

大過去(3日間病気だった)ーーーーーー過去(言った) ーーーーーーーーーーーーーーー 現在ーーーーーーーーーーーーーーー 未来

 

過去よりも過去のことを、「大過去」といいます。

「大過去」を表現する場合に過去完了形を使います。

 

時制の一致とは、時制が同じになるのではなく、「時制を都合よく合わせていくこと」だと教えました。

現在から見ると、「She said」も「she had been sick for three days.」も過去のことです。しかし、過去の中でも時系列に差をつけるために、過去完了形を用いているのです。

 

例外の場合

例文:I knew the earth is blue.

訳:私は地球が青いことを知っていました。

 

主節の動詞「knew」は過去形になっています。しかし、従属節は「the earth is blue.」と現在形になっています。

「知っていた」のは過去のことなのに、現在形の「the earth is blue.」を使えるのはなぜでしょうか?

 

答えは、不変の事実・法則・習慣などの時間の経過に関係ないものは、時制の一致が必要ないからです。

それぞれの時制を考えましょう。

 

主節→ I knew(過去の時制)

従属節→ the earth is blue.(現在の時制)

 

主節「I  knew」

過去(知っていた)―――――現在―――――未来

 

従属節「the earth is blue.」

過去(地球は青い)―――――現在(地球は青い)―――――未来(地球は青い)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー不変の事実ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「knew」はシンプルに過去形が使われているので、過去のみのできごとです。

現在形「the earth is blue.」は現在を中心として、過去~未来にまたがる事象のことです。

「地球が青い」という事象は、過去も現在も未来もきっと変わらない不変の事実ですよね。

 

この例外を解説するには、「現在形」というものの時制をしっかり理解してないとわかりにくいと思います。なので、次は「現在形」について解説します。

 

勘違いしがち!「現在」を表す時制!

「現在形」を今だけの時制だと捉えるのは間違い

皆さんは、現在形といえばどれくらいの時制を思い浮かべるでしょうか?単純に考えて、「現在」と名付くくらいですから、「今だけ」だと思う人がいるでしょう。しかし、それは大きな勘違いです。

 

過去―――――現在―――――未来

 

上の図のように、「現在形」とは現在を中心として過去から未来までまたがる事象を表すときに使います!

「不変の事実・法則・習慣などの時間の経過に関係ないものは、時制の一致が必要ない」と紹介しましたが、それらは全て過去~現在~未来にかけてまたがる事象です。

わかりにくいと思うので、例文を使って解説します!

 

「状態」を表す現在形

 

例文:He is a high school student.

訳:彼は高校生です。

 

 

例文ではbe動詞「is」が使われていますが、皆さん考えてみて下さい!

高校生である期間は3年間ですよね。

高校2年生が現在だと考えると、【入学=過去】【卒業=未来】ということになります。

つまり「彼は高校生です。」という事象は、入学~卒業というように過去→現在→未来とまたがっています。そのため、「現在形」は広い時制の範囲があるのです。

 

過去(入学)―――――現在(高2)―――――未来(卒業)

 

「動作」を表す現在形

今の例文は「状態」を表すものでしたが、「動作」の場合はどうでしょう。

 

例文:I practice baseball everyday.

訳:私は毎日野球を練習します。

 

「practice」という現在形が使われています。

「everyday」練習するということは、昨日も練習していますし、今日も明日もきっと練習することになりますよね。つまり、これも過去から現在を経て未来へまたがる事象になっています。

 

過去(昨日練習した)―――――現在(今日練習する)―――――未来(明日練習するだろう)

 

時制の一致とは…?②

主節が現在完了形の場合

そもそも、現在完了の時制とは…?

 

過去の事象を受けて、今この瞬間に至っているという状況を表しています。

時間の流れとしては「現在形」と似ていますが、現在完了形は未来までまたがる事象は基本的にはありません。

現在完了は、ただの現在形ではわからない「継続」「経験」「完了」というより詳しい付加情報が加わっています。

 

過去ーーーーーーーーーー現在ーーーーーーーーーー未来

昔ーーーーーーーー➜今この瞬間

 

※青が現在完了形の時制の範囲

 

文章や図だけではわからないと思うので、実際の例文を使って見ていきましょう。

 

主節が現在完了形の例文

例文:I have heard that he can speak English.

訳:私は彼が英語を話せると聞いたことがあります。

 

過去(聞いたことがある)ーーーーーーーーー➜今この瞬間ーーーーーーーーーー未来

過去(英語を話せる)ーーーーーーーーー➜現在(英語を話せる)ーーーーーーーーー➜未来(英語を話せる)

 

※現在完了形を用いることで、「聞いたことがある」という「経験」を表し、今に至っていることがわかる。

※「彼が英語を話せる」ということは、過去も現在も未来も不変の事実で過去も現在も変わらないので、現在形を用いる。

 

大過去ってなに…?過去との違いは?

大過去は理解すれば意外に簡単!

主節が過去形の部分でも軽く解説をしましたが、過去と大過去の違いを簡単に改めて解説します。理解できれば、意外に簡単です!

 

例文:My father ate the roast chicken which I had cooked two days ago.

訳:私の父2日前に私が作ったローストチキン食べました。

 

 

 

この例文の主節はどこでしょうか?

 

「私の父は~を食べました。」という部分、つまり「My father ate」の部分ですね。

このことから、主節は過去形であることがわかります。

対して、従属節の「I had cooked two days ago.」は過去完了形が使われています。

 

過去形と過去完了形何が違うの…?

過去形と過去完了形、違いは過去と大過去という時系列に分類されることです。

 

「My father ate」と「I had cooked two days ago.」の2つの節の時系列を考えてみて下さい。

どちらの方が前で、どちらの方が現在により近いでしょうか?

 

「My father ate」が現在に近くて、「I had cooked two days ago.」がより過去の話ですよね。

できていない料理を食べられるはずありませんから、料理を作ったことがより過去の話になり、料理を食べたことが現在に近くなりますよね。

 

このように、過去の出来事よりもさらに過去のことを大過去といい、基本的には過去完了形で表現します。

 

大過去ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー過去 ーーーーーーーーーーーーーーー 現在ーーーーーーーーーーーーーーー 未来

料理を作ったーーーーーーーーー料理を食べたーーーーーーーーーーーー現在ーーーーーーーーーーーーーーー 未来

 

主節と従属節を見抜き、時系列の順番を理解できるようにしましょう。

そこで過去と大過去を比較して、使う用法を解答しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

時制の一致を理解するには、主節と従属節の関係を見抜くことが基本になります。主節と従属節の時系列の関係を把握できれば、時制の一致も理解しやすくなると思います。

 

 

 

時制の一致の要点

 

  • 主節と従属節を見抜く
  • 主節と従属節の時系列を把握する
  • 主節に合わせて従属節の時制を変化させる
  • 「時制の一致」とあるが、時制が同じになるわけではない
  • 「現在形」は、過去~現在~未来にまたがる事象
  • 「大過去」は、過去よりもさらに過去の時制で、過去完了形を用いることが多い

 

時制の一致は理解すると、その後は意外に簡単に問題を解けるようになりますし、細かい時系列を読み取ることができ、英文の場面を想像しやすくなります。

この記事を読んで、少しでも受験生の役に立てたならば幸いです。

 

「受験について相談したいことがある」という方がいましたら、是非一度最寄りの武田塾へお越しください。

受験のプロの教務がいつでも無料受験相談を行っていますので、お力になれると思います。

 

武田塾の無料受験相談をご希望の方はこちら!

関連ブログ

thatの役割と言われてもパッと思いつかない…時制や主語の省略ができるとは?

  that節と聞いて、すぐに役割を挙げることは中々難しいのではないでしょうか…。熟語として使われているからと…

【分詞の用法】分詞構文は同時性だけわかれば大丈夫?

今回は分詞について勉強していきましょう! 分詞…ってよく聞くけど結局なに? VingとかVedのやつ? これはなんで 「…

make? have? let? 使役動詞の違いをわかりやすく解説!

使役動詞とは、人やものに「~させる」「~してもらう」というニュアンスを持つ動詞のことです。 使役動詞には make / …

【助動詞の用法】これがわからないと気持ちがわからない!?

今回は意外と覚えることの多い助動詞の解説をしていきます。 私が英語を勉強しようと参考書をパラパラ開いた時、助動詞のページ…

品詞がわからないと、英語ができない…品詞の一覧と見分け方!

名詞!形容詞!動詞!副詞!いろいろな品詞がありますよね。 英語では、品詞を使って文法の解説などをしていきます。 品詞の名…

サブコンテンツ

TOP