【態の用法】受動態は受け身の意味ではない!?

今回は受動態の解説をしていきます。

中学時代に能動態と受動態の変形を練習したことがあるのではないでしょうか?

今回は中学時代から馴染み深い受動態の解説をしていきます。

それではいきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

受動態とはなにか?

 

中学時代に「受動態とは「~れる/~られる」のことで受け身の意味を表す…」

と習った人もいるのではないでしょうか?

しかし今日からその考えはやめてしまいましょう!

受動態を受け身として考えてしまうと、日本語とのギャップに苦しむ日が必ず来てしまいます…!

 

受動態を使う時はそれなりの理由があるのです。

今回はその解説を意味的解説と文法的解説の2本立てでお送りしたいと思います!

 

それではいきましょう!

 

 

 

受動態を使う意味

まずは受動態を使う意味から解説していきます。

簡単な能動態から少し複雑な受動態を使うにはそれ相応の理由があるはずです。

この章を読み終わる頃には分かるようになっているはず…!

 

 

情報構造

まず英語の基本的な考え方で、情報構造という考え方があります。

これは

①重たい情報を後ろ側に持っていく

②既出の情報(旧情報)を前に、新出の情報(新情報)を後に

 

という考え方です。

これらの原則に基づき、重要な情報を後ろに持っていきたい時に受動態が使われることが多いです。

 

*注意

①の重たい、というのは内容的に重たい場合と、単語数が多く長い場合があります。

最初はどれくらいからが重たいの…?とわからないかもしれませんが、勉強していくうちに感覚が掴めると思うので今は気にしなくて大丈夫です。

 

 

ちなみに…

受動態はその分複雑な表現になるので確実に受動態表現であると自信がある時を除き、英作文では使わないことをおすすめします。

英作文ではいかに難しい表現を使えるか、ではなくどれだけ文法的に誤りのないぶんを書くか、が重視されるので、なるべく能動態で簡単に書いていきましょう!

 

 

能動態と受動態の違い

次に能動態と受動態の違いについて解説します。

これら2つの文法では焦点を当てる事柄が違います。

 

・能動態

→「誰がどうしたか」

・受動態

→「何がどうされたか」

に焦点を当てています。

 

 

能動態の

 

I will gain nothing by just waiting.

 

受動態の

 

Nothing will be gained by just waiting.

 

わかりやすく同じ訳だとして説明するとすれば、

上記2つの文章は「」内に焦点があたっていることになります。

 

能動態

→待っているだけでは「私」が何も「得られない」

 

受動態

→待っているだけでは私が「何も」「得られない」

 

文章の書き手の主な伝えたいことが何であるかが能動態で書かれているか、それとも受動態で書かれているかでわかるということです!

 

 

 

*注意*

「~れる/~られる」と訳されることの多い受動態ですが、

suffer/killなど動詞によっては受動態として慣用的に使うものもあるので、そこは注意してするようにしてください。

 

*注意*

→動作の時に変化の意味合いを強めたければbe動詞ではなくgetを用いましょう。

 

 

 

受動態と文型

それではお待ちかね!

文法的解説に参りましょう。

ここではまず基本形を抑えてから他の文法事項との関連を解説していきます。

 

 

 

受動態の基本形

受動態の基本形は、

S+be動詞+過去分詞 (+by+人)

です。

 

能動態で書かれた

 

My brother stole my purse.

を受動態に変形すると、

 

My purse was stolen by my brother.

となります。

 

ここまでは中学時代に練習した!という人も多いのではないでしょうか?

 

そして…

能動態では目的語だった部分が主語になっていることから、受動態の形にするには、他動詞である必要があることがわかりますね。

 

つまり受動態にできる文型と、できない文型があるということです。

→文型に関して自信がない方はこちら

→自動詞と他動詞の区別がつかない方はこちら

 

簡単に説明すると、

文型は動詞の語法によって決められるんでしたね。

つまり、

受動態にできる動詞と、できない動詞があるということです。

 

まずは他動詞から…

(ⅰ)SVO

O is 過去分詞 by S.

 

(ⅱ)O1 is 過去分詞 to (for) O2 by S.

 

 

ここで

SVO1O2の語法を持つ動詞

に関して付随事項があります。

この形をとる動詞は2グループに分類されます。

どちらのグループの動詞かによって、O2の前につく前置詞が変わっていきます。

 

・give型  【相手がいないとできないイメージ】

→to

ex)give,lend,show,sell,teach,tell

 

・buy 型 【自分一人でできるイメージ】

→for

ex)buy,find,cook,make,get,leave

 

 

んんんんん。。。

動詞と前置詞の組み合わせが混乱してしまいますね…

そこで前置詞のイメージをご紹介…!

 

toのイメージ→「向き合う」

forのイメージ→「方向の指差し」

 

となります。

これとさっきの動詞のイメージを組み合わせてみると…

 

give型は相手がいるので向き合うイメージ

buy型は相手がいないので、そっちの方向を指差すイメージ

になります。

動詞のイメージと前置詞のイメージが一致しているのが分かると思います!

これで忘れないですね…!

 

 

では、自動詞は受動態にできないのでしょうか…?

 

正解はできます!

でも…できるものが限られてしまいます!

なので熟語だと思ってまるまる覚えてしまいましょう!

 

~よく使われるのはこちら~

be covered with

be killed in

be known to

be filled with

be injured in

be caught in

be interested in

be satisfied with

 

(marry/born/seat の活用方法もチェック!)

 

 

 

他の文法との関連事項

その他の文法との関連事項についても解説していきます。

それぞれ決まった形があるので覚えてしまいましょう!

形さえ覚えてしまえば、あとは応用するだけです!

 

基本的には助動詞を含めた最初の動詞の次に

 

be動詞+過去分詞形をまとめて

否定文、疑問文の場合は切り離す

 

イメージになります!

 

・助動詞+基本形

be動詞+being+過去分詞

 

・完了形

have/has/had been+過去分詞

 

・否定文

be動詞+not+過去分詞

助動詞+not be +過去分詞

 

・疑問文

be動詞+主語+過去分詞…?

たくさんあるように見えるかもしれませんが、イメージに則って覚えれば大丈夫です!

頑張って覚えてくださいね…!

 

ちなみに日本語では受動態を使うように見えますが、英語では使わない文章もあります!

 

My latest novel is selling very well.

(最新作はとても良く売れている。)

 

こうしてみると

受動態を使う理由が「~れる/~られる」と訳せるから、ではないことに更に納得できるのではないかと思います。

 

 

まとめ

 

 

今回は受動態について解説していきました。

受動態を使う理由が「~れる/~られる」と訳せるから、ではないことを理解して頂けたでしょうか?

 

最後にチェックポイントです。

これが言えなかったらもう一度読んで確認してみてね…!

 

・なぜ受動態を使うか

・能動態と受動態の違いはなにか

・受動態の基本形

・受動態が使える自動詞の熟語

・SVOOを受動態にする時に注意すること

 

。。。

言えましたでしょうか?

なんとなくわかってるから大丈夫、じゃなくてしっかり自分の口で説明できるようにしていきましょうね!

 

*Tips

ちゃんと理解できてるかの指標は、自分の口で説明できるようになること。

 

~最後に~

この記事が少しでも受験勉強を頑張るあなたの助けになっていたら幸いです。

受験勉強をしていて、悩み事や相談があるという方は、ぜひ一度最寄りの武田塾まで無料相談にお越しください。

 

→受験相談を希望される方はこちら

 

関連ブログ

隠れてる部分が何か考えよう!

  いつも通りSVOCと構文を振っていたら、5種類の構文どれにも当てはまらないという現象に出会ったことはないで…

名詞の基本~名詞の分類と基礎的文法を抑えよう!~

今回は品詞の一つである名詞の解説を行っていきたいと思います。 英文を構成する上で最も重要だと言える主語は必ず名詞です。 …

名詞の語法まとめ~一通りの英語の勉強を終えたあなたに~

今回は名詞の語法を解説していきます。 語法の分野は、 「覚えているか」 のみが問われます。 よって理解力や読解力は関係が…

強調したい部分によって語順が変わるとは!?

  文法だけでなく、長文問題でも頻出の強調や強調構文。語順によって強調したい部分が変わってきたり、筆者が最も伝…

代名詞の基本 I , my ,me ,mine ,myself を正しく使えるか!?

英語の代名詞の解説をしていきます。 I , my , me , mine などの基本を抑えること oneself など再…

サブコンテンツ

TOP