【分詞の用法】分詞構文は同時性だけわかれば大丈夫?

今回は分詞について勉強していきましょう!

分詞…ってよく聞くけど結局なに?

VingとかVedのやつ?

これはなんで 「~ing」 であっちは 「~ed」 なの!?

違いがわからない…

分詞構文ってよく聞くけど、結局何??

名前的に複雑そう…

 

分詞にそんなイメージを持っているそこのあなた!

今日は意外と簡単な分詞をマスターしちゃいましょう!

では行くぞ!!!

 

 

分詞の基本

 

分詞とは何か

 

分詞とはVing/Vedの形容詞用法のこと

です。

ここで形容詞が何か、どんな役割を持っているか答えられなかった人は今日中に品詞の復習をしましょう。

→品詞がわからない方はこちら

 

ここでは簡単に形容詞の働きを説明します。

役割は大きく分けて2つ。

①名詞を修飾する

②VのCとして働く

つまり分詞もこの2つの役割があります。

これから様々な用法や考え方を学んでいきますが、

分詞とはなにか?と聞かれたら「動詞の形容詞用法」と答えられるようにしていきましょう!

 

ここでV?C?なんだっけ…?となった方は文型の復習をしましょう。

→文型がわからない方はこちら

 

よく使われるイディオム

make + O + Vpp. の文型を取るもので、よく使われることからイディオム化しているものを紹介します。

このイディオムは文法問題でも頻出表現となりますのでしっかり覚えていきましょう!

 

 

イディオム
make oneself understood 言いたいことを相手(oneselfの指す相手)に伝える 
make oneself heard 相手に声が届く
make O known to [人] Oを人に知らせる

 

この3つはかなり頻出なのでしっかり覚えていきましょう!

 

 

英作文の時

ちなみに、英作文の時は基本的に簡単な表現を用いて書きたいので

「接続詞+S+V」

の表現で書きましょう。

自信のない表現で減点されるのを避けるためです。

また自分では「分かりきっている」と思っていても、読み手側としては「何を言っているかわからない。」

となることがあります。

受験の時、採点側はこちらの気持ちなど汲み取ってくれません。

分かりづらい表現はすべて☓!0点!!!になると思って答案を書くようにしましょう!

(字が汚い人も、見てすらもらえない可能性があるので注意!)

 

 

現在分詞か過去分詞か

次に多くの人が混乱する分詞の「現在分詞」と「過去分詞」の違いと見分け方について解説していきます。

ズバリ!

これらの違いは

「やじるし」の向き!!!

 

???

 

となった方もいますでしょうか??

では詳しく解説していきます。

 

 

 

Ving か Ved か悩んでしまったら

「意味上のS」と主語、述語の関係がどうなっているか考えてみましょう。

 

【1】Ving →

Sが~する(能動)、している(進行)、の関係の時

注意:現在分詞には現在の意味がない!言葉にだまされないように!

 

【2】Ved  ←

Sが~れる、~られる(進行、完了)の関係の時

この時、受動関係を持てるということは他動詞であることを注意してほしいです!

この言葉の意味がわからなかった方、受動関係ってなんだっけ?という方は受動態の復習もしてみてくださいね!

→受動態がわからない方はこちら

 

言葉で説明してもなかなか難しいですよね。

私は瞬間的に「やじるし」で判断するようにしていました。

私は現在分詞の時は→、過去分詞の時は←

にしていました。

 

 

練習問題

ではここで練習問題を挟んでみましょう。

 

frozen food         冷凍食品

(食べ物は自分では凍らない!アイスが一人で冷凍庫に入って凍らないでしょう?)

 

rising sun  昇る朝日

(太陽は他の何かと手をつないであげられたりしない!一人であがるでしょう?)

 

 

これ分詞かな…?って思ったら「やじるし」を書いて関係性を確かめるようにしましょう!

どうでしょう?理解できましたでしょうか?

この判断は文ぽ問題はもちろん、長文中の語形変換でもよくでるので練習問題を出します!

 

A . ( boil )  egg

B. ( fly ) chicken

C. ( boil ) water

 

答え:

A:boiled (人にゆでられるでしょう?)

B: fried (人に揚げられる!)

C: boiling (お湯は冷めるまでずっと沸いてる!)

 

最後に基本のまとめです。

Ving →能動(自分で行動しているイメージ)、進行(途中のイメージ)

Ved  →受動関係(他から影響を受けて仕方なく変化するイメージ)

 

用法

では本題。

具体的に用法を勉強していきましょう!

 

 

感情を表す他動詞の用法

 

感情を表す他動詞は能動態で「~の気持ちにさせる」という意味があります。

イメージで言うと「気持ちを与えてるイメージ!」

つまり

感情の原因になるもの→Ving

その感情になる側の人→Ved

 

という風になります。

モノ→Ving

人→Ved

と覚えてしまう人もいるのですがそうすると応用問題が解けないこともあるので注意です!

 

この単元はよく使われる単語が決まっているので参考書で復習してみましょう。

ここでは必要最低限のものだけあげていきます。

bore、excite、 surprise、 amaze、 injure、 wound、 frighten、 shock、 satisfy、 tire、 interest

など…

まだまだあるのでこの動詞を見つけたら要注意!という動詞を自分の中でわかるようになるとよいと思います。

 

 

では感情の他動詞の用法のまとめを最後に。

 

感情の原因になるもの→Ving

その環状になる側の人→Ved

 

イディオム

またまたイディオムです。

そのままの表現でよく出題されるのでまるまる覚えてしまってください。

 

イディオム
judging from~ ~から判断すると
talking of ~ ~といえば
considering~ ~を考慮に入れると
granting~ ~だけれども
weather permitting 天候が許せば
such the case そういう事情なので
all things considered すべてのことを考慮すると
frankly speaking 率直に言えば
compared with~ ~と比較すれば

 

 

 

分詞構文

次によく「わからない…」と言われることの多い分詞構文について勉強していきます。

よく問題集の解説なんかで『分詞構文』という単語は使われているけど、正直なところよくわからない、という人が多いのではないでしょうか?

そこで今回は分詞構文について解説していきます。

 

 

分詞構文の基本

まずは言葉の意味から。

分詞構文はVing /Vpp の副詞用法

のことです。

なぜか分詞構文だけ特別な名前が使われるんですね。

分詞構文なんて難しい単語使ってるけど結局はただの副詞です。

 

そして訳の基本的な意味は

「同時性・連続性」

長文を読んでいる時はなんとなく同じなんだなあ~くらいの気持ちでいましょう!

和訳を求められた時は、前後の文脈を読んで、どの接続詞が消えたのか判断するようにしましょう!

 

試験時間中に長文をゆっくり読んでいる時間はないので、ここの切り替えは大事です!

長文を読むのが遅い…と悩んでいる人、勉強法全般を悩んでいる人はこの記事を読むのも良いかもしれません。

こちら

 

 

分詞構文が入る位置

分詞構文は副詞ということでした。

では副詞の位置はどこでしょうか…?

 

①sよりさらに前

②Sの直後に挿入

③文型がすべて終了した後の文末

 

です。

やっぱり品詞や文型がよくわからない…という方は品詞をもう一度復習してみてくださいね。

→品詞がわからない方はこちら

→文型がわからない方はこちら

 

つまり分詞構文が入る場所も副詞と同じ

①sよりさらに前

②Sの直後に挿入

③文型がすべて終了した後の文末

になります。

 

分詞構文の作り方

 

次に分詞構文の作り方を解説していきます。

Step1.接続詞を消す

Step2.主節のS1(主語)と接続詞以下のS2の比較をする

 同じなら→S2を消す

 違うなら→S2をそのまま残す

              (このS2が意味上のSと呼ばれる!)

Step3.時間の比較をする

同じ→Ving

違う→having Vpp

 

つまり分詞構文は必ず~ingで始まることになります。

たまにVppで始まっているものがありますがそれは being が省略されていることに注意!

 

では最後に分詞構文のまとめ

・分詞構文の位置

①sよりさらに前

②Sの直後に挿入

③文型がすべて終了した後の文末

 

・分詞構文の作り方

Step1.接続詞を消す

Step2.主節の主語と接続詞以下の主語の比較をする

Step3.時間の比較をする

 

 

 

 

まとめとチェックリスト

これで分詞の覚えなければならないことは網羅出来たと思います。

意外と難しくない、というのがわかってもらえたでしょうか?

 

最後に分詞のチェックリストです。

分詞が理解できたかの基準になると思うのでセルフチェックに使って見てくださいね。

以下のものは最低限全部言えるようになってほしいので、模試の前にここだけでも確認してもらえたら、と思います。

 

*Tips

分野ごと、単元ごとに頭の中で目次を作り、注意しなければならないことのリストを作れると◎

 

-分詞とはなにか?

-形容詞の役割とはなにか?

-VingとVedの使い分け

-よく使われるイディオム

make oneself understood

make oneself heard

make O known to [人]

judging from~

talking of ~

considering~

granting~

weather permitting

such the case

all things considered

frankly speaking

compared with~

-分詞構文の位置

-分詞構文の作り方

 

 

~最後に~

この記事が少しでも受験勉強を頑張るあなたの助けになっていたら幸いです。

受験勉強をしていて、悩み事や相談があるという方は、ぜひ一度最寄りの武田塾まで無料相談にお越しください。

 

→受験相談を希望される方はこちら

 

関連ブログ

thatの役割と言われてもパッと思いつかない…時制や主語の省略ができるとは?

  that節と聞いて、すぐに役割を挙げることは中々難しいのではないでしょうか…。熟語として使われているからと…

make? have? let? 使役動詞の違いをわかりやすく解説!

使役動詞とは、人やものに「~させる」「~してもらう」というニュアンスを持つ動詞のことです。 使役動詞には make / …

【助動詞の用法】これがわからないと気持ちがわからない!?

今回は意外と覚えることの多い助動詞の解説をしていきます。 私が英語を勉強しようと参考書をパラパラ開いた時、助動詞のページ…

品詞がわからないと、英語ができない…品詞の一覧と見分け方!

名詞!形容詞!動詞!副詞!いろいろな品詞がありますよね。 英語では、品詞を使って文法の解説などをしていきます。 品詞の名…

接続詞の種類はいくつ?それぞれの使い方をマスターしよう!

今回は、穴埋めや長文を読む時に鍵となる接続詞について勉強していきたいと思います。 接続詞と言われてパッと思いつくのは何で…

サブコンテンツ

TOP