主語と動詞を入れ替えるだけ?~疑問文の仕組み~

今回は、疑問文について扱っていきます。

WHを含めた疑問文や付加疑問文などいくつもある疑問文。ひとつずつ整理して、どんな質問されているのか、どんなことを聞かれているのか、把握できるようになりましょう!

疑問文には何があるの?

疑問文とは、文字通り質問する時に使われる文のことである。質問だけでなく提案や依頼を表現することもあります。

様々な種類の疑問文があり、それぞれ文構造が違ってくるので間違えないように整理していきましょう!

①平叙文の疑問文

②Yes/No疑問文

③WHを使った疑問文

平叙文でも疑問になることがある!

平叙文での疑問文

会話文の語尾のイントネーションを上げるだけで、語句の聞き返しをすることができます。これは、平叙文といわれる普通の文(SVの語順)でも適応でき、軽い疑問文になります。

例文を見てみましょう。

例文:You are a student?

訳:あなたは学生ですか?

主に会話中の聞き返し確認などに使われる疑問文になります。

文章全部でなくても、単語のみでこのように語尾のイントネーションをあげて、聞き返すという方法もあります。

※語尾のイントネーションを上げるだけの疑問文は、正式な時に使えるような文ではないので、場面によっては気を付けて使いましょう!

付加疑問文

付加疑問文とは、平叙文の語尾に疑問文を付けて、相手に確認同意を求めるときに使うものです。

例文①:It is a nice day, isn’t it?

訳①:今日は良い日ですよね?

例文②:She isn’t a high school student, is she?

訳②:彼女は、高校生ではないですよね?

このように平叙文の最後にその文のS・VをV・Sという順に並べて、元の文章が肯定形だったら否定形で、否定形だったら肯定形に直して付け加えます。

肯定形には否定形、否定形には肯定形!

★動詞の種類によって、付加疑問文の部分が変わってくるので例文で確認しておきましょう!

例文③:The students are very kind, aren’t they?

訳③:その学生達は、とても親切ですよね?

例文④:You like listening to music, don’t you?

訳④:音楽聞くの好きですよね?

例文⑤:She lives in Kyoto, doesn’t she?

訳⑤:彼女は京都に住んでいますよね?

◎過去形・助動詞の場合も同じように付加疑問文を作ります。

Let’s で始まる誘いの文の場合は、「shall we?」と付けます。

また、命令文の場合は、「will you/ won’t you?」と付けます。

間接疑問文

間接疑問文とは、平叙文の中に疑問文を入れる用法のことを指します。普通の疑問文と違って、S・Vの倒置が起こりません。

例文①:Teach me how this recipe is.

訳①:このレシピを教えて下さい。

上記のように文章中に疑問詞を使って、疑問文を作ります。疑問詞の直後の語順は、S・Vという平叙文と同じ語順になります。

※次のように疑問文の中でも使われます。

例文②:Do you know where his sister lives?

訳②:彼の姉がどこに住んでいるか知っていますか?

この時も疑問詞の後は、S・Vという語順になります。

間接疑問文は、疑問詞+S+Vの順!

間接疑問文に対する回答は、YesかNoで答えます。また、発音は文末を下げるようにして発音します。

◎相手を配慮した時や、聞きにくい時などに間接疑問文が使われます!

選択肢を与えた聞き方

Yes/No疑問文

Yes/No疑問文では、SとVの位置を倒置することで相手に直接Yes/Noで答えさせる聞き方です。

★例文で様々な種類の回答を見ていきましょう!

~真偽について尋ねている場合~

例文①:Are you a student?

訳:あなたは学生ですか?

答え①:Yes,I am.

訳:はい、そうです。

例文②:Did he play soccer yesterday?

訳:彼は昨日サッカーをしましたか?

答え②:No, he didn’t.

訳:いいえ、しませんでした。

例文③:Have you finished your homework?

訳:宿題は終わりましたか?

答え③:No, not yet.

訳:いいえ、まだです。

~提案や依頼をお願いする場合~

例文④:Can we share this information?

訳:この情報を共有しませんか?

答え④:I’m sorry, I can’t.

訳:すみませんが、出来ません。

例文⑤:Could you please open the window?

訳:窓を閉めていただけませんか?

答え⑤:Yes, of course.

訳:はい、もちろんです。

~否定の疑問文~

例文⑥:Isn’t it a big box?

訳:大きい箱じゃないですか?

答え⑥:Yes, it is.

訳:はい、大きい箱です。

例文⑦:Don’t you like basketball?

訳:バスケットボールを好きではないんですか?

答え⑦:No, I don’t.

訳:いいえ、好きではないです。

※このように日本語で聞かれた場合、「好きじゃないですか?」に対して「はい、好きではないです。」と答えるのが自然ですが、英語では普通の疑問文でも否定の疑問文でも肯定の場合は「Yes」、否定の場合は「No」と答えます。間違えないように気を付けましょう!

英語はどんな時でも肯定は「Yes」・否定は「No」!

orを用いる

選択疑問文と呼ばれる「or」を使って、相手に複数の選択肢を与え、その中から選ばせる用法です。

例文で見てみましょう!

例文①:Would you like dogs or cats?

訳:犬と猫どちらが好きですか?

答え①:I would like dogs.

訳:私は、犬が良いです。

このように相手にYes-Noで答えさせるのではなく、単語で答えさせる疑問文となっています。

WHを使った疑問文

WHとは、疑問詞と呼ばれるWhatWhichWhereWhyWhoWhoseHowの7種類である。

人や物に関する不特定の情報を尋ねる場合…What

例文①:What do you do?

訳①:何をしてますか?

例文②:What happened?

訳②:何が起こったの?

複数の中から選ぶ場合…Which

例文①:Which book is yours ?

訳①:どちらの本があなたのですか?

例文②:Which is the bigger animal?

訳②:どれが大きい動物ですか?

場所について尋ねる場合…Where

例文①:Where do you live?

訳①:どこに住んでいるんですか?

例文②:Where are you going to meet your mother?

訳②:どこで母親と会う予定ですか?

理由・根拠について尋ねる場合…Why

例文①:Why did you play baseball yesterday?

訳①:なぜ昨日野球をしたのですか?

例文②:We have some time. Why not go to the park?

訳②:私達は、時間がある。公園に行かない?

★「Why not…?」は、提案するのに使われ、「なぜ~しないの?」と「~したらいかがですか?」という意味を持つ!

人について尋ねる場合…Who

例文①:Who did you talk with?

訳①:あなたが話したのは誰ですか?

例文②:Who buys a new car? 

訳②:誰が新しい車を買いますか?

物の持ち主について尋ねる場合…Whose

例文①:Whose bag is this?

訳①:これは誰のカバンですか?

例文②:Whose are these notes?

訳②:これらのノートは誰のですか?

方法について尋ねる場合…How

例文①:How many students are your class?

訳①:何人の学生があなたのクラスにいますか?

例文②:How old are you?

訳②:何歳ですか?

まとめ

様々な疑問文の種類を理解することができたでしょうか?

疑問文は、種類が多いけれど複雑な形をしていないので、S・Vの語順通りなのか、そうでないのかの区別をしっかりできるように覚えましょう。

また疑問詞が使われている場合は、何を聞かれているか把握し、理解を深めましょう。

イントネーションによって疑問文になる。

付加疑問文:肯定には否定形・否定には肯定形

間接疑問文:疑問詞+S+V

Yes/No疑問文・or疑問文は、選択肢を与える聞き方

WHの疑問文

            What / Which / Where / Why / Who / Whose / How

~最後に~

この記事が少しでも受験勉強を頑張るあなたの助けになっていたら幸いです。

受験勉強をしていて、悩み事や相談があるという方は、ぜひ一度最寄りの武田塾まで無料相談にお越しください。

→受験相談を希望される方はこちら

関連ブログ

隠れてる部分が何か考えよう!

  いつも通りSVOCと構文を振っていたら、5種類の構文どれにも当てはまらないという現象に出会ったことはないで…

名詞の基本~名詞の分類と基礎的文法を抑えよう!~

今回は品詞の一つである名詞の解説を行っていきたいと思います。 英文を構成する上で最も重要だと言える主語は必ず名詞です。 …

名詞の語法まとめ~一通りの英語の勉強を終えたあなたに~

今回は名詞の語法を解説していきます。 語法の分野は、 「覚えているか」 のみが問われます。 よって理解力や読解力は関係が…

強調したい部分によって語順が変わるとは!?

  文法だけでなく、長文問題でも頻出の強調や強調構文。語順によって強調したい部分が変わってきたり、筆者が最も伝…

代名詞の基本 I , my ,me ,mine ,myself を正しく使えるか!?

英語の代名詞の解説をしていきます。 I , my , me , mine などの基本を抑えること oneself など再…

サブコンテンツ

TOP