動名詞をマスターしよう!~基礎的な用法から応用まで~

動名詞ってなんだっけ?

今回は動名詞について紹介します。

授業で習ったけどいまいちわからない…という方も、

もっと深く理解したい方もぜひじっくり読んでみてください。

まずは動名詞は何かを理解しましょう。

 

動名詞ってどんなもの?

動名詞とは準動詞のひとつです。

じゃあ準動詞って?

準動詞は動詞のもうひとつの使い方です。

動詞には2つの働きがあります。

1つ目は述語動詞、

おなじみのSVCやSVOのVです。例えば

I play baseball. (SVO)

僕は野球をする。

のplayは紛れもなく動詞ですね!

これが述語動詞です。

2つ目は動詞の意味を持っているけど、

動詞として使わず別の品詞として使うもの、

準動詞です。

どういうことでしょうか?

例えばこんな場合、

I like to play baseball.

僕は野球をするのが好き。

この文のVはlike ですから、

play は普通の動詞ではなく準動詞です。

ちなみにこの文では不定詞でした。

準動詞には原形、不定詞、現在分詞・過去分詞、動名詞があります。

動名詞は準動詞の一つ、理解できたでしょうか?

また動名詞は形が似ていますが、

現在分詞や過去分詞とは別物です。

では何が違うのか?それは

現在分詞、過去分詞は形容詞句、副詞句で使えますが

動名詞は名詞句で使う点です。

現在分詞、過去分詞が不安になってきた…

そう思った方はこちらの分詞構造に関する記事を読んでください。

どうでしょうか?

動名詞がなんとなく分かってきましたか?

次は基本的な使い方を見ていきましょう!

(準動詞という用語を覚える必要はありません。

動名詞がどんなものかだけまずは理解してくださいね!)

 

動名詞の用法 基礎編

動名詞はing形で名詞的なもの

それで動名詞ってどんなものだったでしょうか?

そう、ing形です!こんな感じですね。

being, playing, cooking, looking, smoking, etc…

動名詞とはing形で、名詞句で使う、名詞的働きをするものを指します。

例えばこんな文を考えてみましょう。

My hobby is watching movies.(SVC)

私の趣味は映画を見ることです。

watching movies は「映画を見ること」で、

watching が名詞の働きをしていますね。

動名詞は主語、補語、目的語になれる

動名詞は名詞的な働きをするので、

主語、補語、目的語、前置詞の目的語になることが出来ます。

Smoking is bad for health. (SVC)

喫煙は健康に悪いです。

Smoking が主語

I quit eating too much cakes. (SVO)

私はケーキを食べすぎるのをやめた。

eating が他動詞の目的語

My mother is good at cooking.(SVC)

私の母は料理が得意です。

cooking は前置詞の目的語

これが基本的な動名詞の使い方です。

自分で例文を書けるように練習しましょう!

動名詞のニュアンス

動名詞はただ動詞を名詞化したものではなく、

動名詞独特のニュアンスをもっています。

動名詞を使えば、繰り返し行っている習慣であること

を表現することができるんです!

先程の例文のように趣味を表したりするのに便利ですね。

また動名詞は一般論を表現することも出来ます。

意味上の主語って…?

意味上の主語ってなんでしょうか。

日本語で考えてみましょう。

彼女は飼っている犬をかわいがっている。

この文では主語が彼女、動詞がかわいがるですね。

しかし「飼っている」も動詞ではあるので

意味上は主語が必要になります。

飼ってるのは誰?ということですね。

ではこの文の意味上の主語をはっきり示してみましょう。

彼女は彼女の飼っている犬をかわいがっている。

「彼女の」が意味上の主語です。意味上の主語は、準動詞の主語ってことなんですね!

 

意味上の主語の省略

さっきの文章、「彼女の飼っている」の部分は書いてなくても

彼女が飼ってるって分かりますよね。

英語でも同じ現象、

意味上の主語を省略できる場合があります。

She like walking her dog.

彼女は彼女の犬の散歩をするのが好きだ。

walking の動作主は彼女ですね。

この場合、

文章の主語と動名詞の動作主が一致していますね。

そういう時は意味上の主語を省いても良いのです。

またこんな場合もあります。

Sleeping is important for health.

睡眠は健康のために大切だ。

この場合、sleeping の意味上の主語はpeople 人々です。

一般の人が主語になる場合、

動名詞は意味上の主語を省略出来ます。

 

意味上の主語を省略しない場合

意味上の主語を省略しないで、示す場合もあります。

We trust him passing entrance exam.

私達は彼が入学受験に合格することを信じている。

この場合、文の主語と動名詞の意味上の主語が違うので、

意味上の主語を書く必要があります

また動名詞の意味上の主語は、動名詞の前におきましょう。

意味上の主語を表す場合は、基本的に所有格になります。

上記の文のように、

他動詞のあとが所有格だと違和感が強いため、

目的格になる場合もあります。

ここまでが初級編でした。

初級編は必ず完璧にしましょう!

 

 

 

動名詞の用法 中級編

ここからは中級編です。

初級編が完璧なら、きっとすんなり理解できますよ!

がんばりましょう。

否定の書き方

動名詞を否定形にしたい時はどうすれば良いでしょうか?

Why do you not quit smoking ?

あなたはなぜタバコを辞めないんですか?

動名詞を否定するときは

動名詞の直前にnot, neverを置きましょう。

受動態

I avoid being caught in a rain.

私は雨に降られるのを避ける。

動名詞を受動態にする時はbeing + 過去分詞

にすればOKです!かんたんですね。

 

完了形

動名詞を完了形にするときは下のようにしましょう。

He denies having stolen that jewels.

彼はあの宝石を盗んだことを否定する。

文の動詞は現在形だったら

動名詞を完了形にする時はhaving + 過去分詞

にしましょう。

また文の動詞が過去形だったらこうなります。

He denied having stolen that jewels.

彼はあの宝石を盗んだことを否定した。

文の動詞が過去形の場合も動名詞はhaving + 過去分詞

で動名詞の形は変わりません!

 

動名詞の用法 上級編~重要表現~

ここからは重要表現を扱います。

入試では良く出題されます。

しっかり覚えていきましょう!

不定詞みたいに見えて動名詞 引っ掛けに注意!

不定詞みたいな動名詞
be used to -ing ~することになれている
look forward to ~することを楽しんでいる

toが来るので不定詞なのかと思ってしまいがちですが、

不定詞ではなく動名詞です!

気をつけましょう。

慣用表現

慣用表現は入試問題でたくさん出題されます。

しっかり覚えよう!

動名詞の慣用表現
there is no -ing ~できない
in -ing ~しているあいだに/~する時に
worth -ing ~する価値がある/~するに値する
feel like  -ing ~したい気がする
It is no use ~してもむだだ
How about -ing ~するのはどうですか
keep O from -ing Oが~するのを防ぐ
on -ing ~と同時に/~すると同時に
Would you mind -ing ? ~していただいてませんか

 

 

動名詞と不定詞の使い分け

 

動詞の中には不定詞を目的語として使用することは出来ない、

動名詞を目的語とする他動詞があります。

これも覚えてしまえば問題ありません!

 

 

不定詞を目的語にしない、動名詞を目的語にする他動詞
admit 認める mind いやがる
avoid 避ける miss しそこなう
consider よく考える practice 練習する
deny 否定する quit, stop やめる
enjoy 楽しむ suggest 提案する
escape 避ける give up 諦める
finish 終える put off 延期する
imagine 想像する    

また逆に動名詞を目的語に出来ない動詞もあります。

こちらも出てくる都度確認して、

覚えるようにしていきましょう。

まとめ

この記事では動名詞について取り上げてきました。

動名詞の基本的な文法は難しくありません。

基礎をきっちりマスターして、

多く出題される慣用表現などを参考書でたくさん練習しましょう!

要点

動名詞は、準動詞の1つ、現在分詞、過去分詞とは異なる。

動名詞は補語、主語、目的語、前置詞の目的語になれる。

動名詞と不定詞の使い分けに注意!

他動詞と動名詞はセットで覚えよう。

動名詞は慣用表現などが多いですが、

ニュアンスなどを踏まえると覚えるのが楽になると思います。

覚えられないときは面白い例文を作るなど

工夫してみてくださいね。

この記事がみなさんの勉強に少しでも役立てば嬉しいです。

受験勉強を一人でやるのが心細い、

相談したいことやわからないことがある、

そんなときはぜひ最寄りの武田塾に

無料相談にいらしてください。

お待ちしております!

 

受験相談を希望されるかたはこちら

関連ブログ

名詞の基本~名詞の分類と基礎的文法を抑えよう!~

今回は品詞の一つである名詞の解説を行っていきたいと思います。 英文を構成する上で最も重要だと言える主語は必ず名詞です。 …

名詞の語法まとめ~一通りの英語の勉強を終えたあなたに~

今回は名詞の語法を解説していきます。 語法の分野は、 「覚えているか」 のみが問われます。 よって理解力や読解力は関係が…

強調したい部分によって語順が変わるとは!?

  文法だけでなく、長文問題でも頻出の強調や強調構文。語順によって強調したい部分が変わってきたり、筆者が最も伝…

代名詞の基本 I , my ,me ,mine ,myself を正しく使えるか!?

英語の代名詞の解説をしていきます。 I , my , me , mine などの基本を抑えること oneself など再…

省略は人間の性⁉代名詞を使いこなせるようになろう!

英語の代名詞の解説をしていきます。 代名詞とは名詞の代わりをする言葉のことです。 ここでは指示代名詞と不定代名詞を具体的…

サブコンテンツ

TOP