目指せ!前置詞マスター ~前置詞はイメージが大事?!~

今回は前置詞を扱います。

前置詞なんて中学でやったよ!と思ったあなた。

前置詞は英語の基礎であり、

非常に奥が深い部分なんですよ。

前置詞の意味だけを丸暗記していませんか?

実は前置詞を勉強するなら、

中心的なイメージを理解しておくことが重要なんです!

 

この記事では前置詞の基本的な使い方と、主要な前置詞であるonとinを扱っていきたいと思います。

 

 

前置詞の基礎

そもそも前置詞ってナニ?

前置詞がなにか、

あなたは小学生にわかりやすく説明できますか?

前置詞はその名の通り

前に置く言葉です。

では何の前におくんでしたっけ?

この文をみてみましょう。

I’m in the room.

私は部屋の中にいる。

そう、前置詞は基本的に名詞の前に置くんでしたね。

ちなみに前置詞の後ろに来る名詞は前置詞の目的語といいます。

 

でもまだ「前置詞が何か」を説明できていませんね。

前置詞は文で何をしているのでしょうか?

 

前置詞の基本的な働きは

前置詞の後に続く名詞が文の中でどんな働きをするのか示すこと、

文の他の要素とどんなふうに関係しているのか、イメージを伝えることです。

だから、前置詞ではイメージが大切なんです!

 

前置詞の目的語

前置詞の目的語はさきほど紹介したように

前置詞の後ろに来る語のことです。

基本的には名詞ですが、

どんなものがくるのか具体的に確認してみましょう。

1つ目は名詞と代名詞です。

これはさきほどの the bench とか the paper ですね。

更に固有名詞を持ってきたりすることも出来ます。

I was born in Tokyo.

私は東京で生まれた。

前置詞 in の後に固有名詞の Tokyo がきていますね。

2つ目は動名詞です。

例えば、

Keep on smiling.

ほほえみ続けなさい。

動名詞は名詞扱いするので、

前置詞の後に続けることが出来るんですね!

動名詞、何だっけ…、不安だな、という方は

こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

3つ目が名詞節です。

名詞節は文の中で名詞と同じ働きをする節のことです。

名詞節を導くのは

接続詞の that 、whether 、if、疑問詞、関係代名詞のwhat です。

ただ、if節は前置詞の目的語にはなれないんです。

また、接続詞 that が前置詞の目的語になるのは

in that ~ : ~という点で/~であるから

しかありません。

接続詞に不安がある方、もっと詳しく知りたい方は

こちらの記事で解説していますので参考にしてください。

 

形容詞句を作る前置詞

前置詞の基本的な働きは

前置詞の後に続く名詞が文の中でどんな働きをするのか示すこと、

文の他の要素とどんなふうに関係しているのか、イメージを伝えること

でしたね。

では具体的にどんなことをするのか理解していきましょう。

次の文をみてください。

The cat on the bench is so cute.

ベンチの上にいるそのネコはすごくかわいい。

on the bench が形容詞句

さきほど紹介したように、

前置詞 on の後ろに名詞 the bench(前置詞の目的語)がきていますね。

ではこのon the bench は文のどこを修飾しているでしょうか?

「ベンチの上にいるネコ」ですから、

この文ではネコを修飾していますね!

このように

前置詞は名詞(ここでいう the cat)を修飾して

形容詞句を作ることが出来るんです。

 

副詞句を作る前置詞

しかし必ずしも直前にきた語を修飾するわけではないんです。

例えばこの文を見てください。

Write your name on the paper.

あなたの名前をその紙の上に書いてください。

on the paper が副詞節

この文の on the paper はyour name を修飾しているのではなく、

Write を修飾しているんです!

このように前置詞は動詞を修飾する

副詞句を作ることも出来るんですね!

 

主要な前置のイメージと用法

 

ここからは主要な前置詞のイメージと、具体的な意味、用法を紹介します。

前置詞は意味や用法が多いと思っている方も多いですよね。

しかし実は前置詞には中心的な意味があります。

中心的な意味をイメージとして理解できれば、

イディオムや慣用表現を覚えるのにも役立ちますよ!

ぜひじっくり読んでくださいね。

 

前置詞onの使い方

 

まずは主要な前置詞onについて勉強していきましょう!

 

on のイメージ

 

on のイメージ、みなさんはどんなものが思い浮かべますか?

on the table などの「上に」が最初に思い出された人もいるのではないでしょうか。

確かに on の主要な意味は「上に」ですが、

それは中心的な意味ではありません。

on の中心的な意味、イメージは「接触」です。

次の例文を見てください。

The painting on the wall is beautiful.

壁にかけてある絵画は美しい。

on の詳しい意味は以下の通りです。

 

接触

場所に接触するon

線との接触や平面との接触を表します。

on the table, on the paper, etc…

時に接触するon

onは特定の日を表します。

特定の日
on Christmas クリスマスの日に
on my birthday 誕生日に
on a cold morning ある寒い日の朝に

 

近接のon

~のほとりに、~に面して」

「on the 川の名前:~川のほとりで」は頻出です!

the house on the Seine

セーヌ川のほとりにある家

 

動作の対象

動作の対象をonで表します。

動作の対象を示すon
concentrate on ~ ~に集中する
wait on ~ ~に仕える

 

主題「~に関して」

学問的、専門的な事柄に対してはonを使用しますが、

それ以外は一般的にaboutを用います。

an essay on Opera :オペラに関するエッセイ

 

依存

依存に関する動詞にはonを使います。

依存に関するon
depend on ~ ~に頼る
rely on ~ ~に頼る
count on ~ ~をあてにする

 

その他の用法

onを使うその他の用法を紹介します。

手段・方法を表すon
on foot 歩いて
on the phone 電話で
状態・進行を示すon
on fire 火事
on sale 販売中

 

前置詞inの使い方

 

次にinの使い方について勉強していきましょう。

 

in のイメージ

 

inの中心的なイメージは建物や物体の中、立体の中です。

例えば、

I’m in the stadium.

私は今スタジアムにいます。

The vegetables is in the box.

野菜は箱の中にある。

また、時に関するinは期間の中を示します。

例えば、

I’m born in 1997.

私は1997年に生まれた。

inの基本的なイメージは分かりましたか?

では詳しい意味や使い方を見ていきましょう。

 

時間の経過を表すin

inの後ろに時間の長さを表す条件がつくと、

inは「~経つと/今から~で」という表現ができます。

You will arrive  at Shinjuku station in 1 hour.

あなたは1時間で新宿駅までつけるでしょう。

 

着衣のin

inで「~を身に着けて」を示すことができます。

また衣服以外のメガネなどに使えることも押さえておきましょう。

 

着衣のin
in black 黒い服を着て
in jeans ジーンズを着て
in spectacles めがねをかけて

 

運動の目標を表すin

移動を表す動詞と使うことで運動の目標、動きの方向を

「~の中に」と表す事ができます。

throw the rock in water

水に石を投げ入れる

 

状況・環境を表すin

inを使うことで天気や体調などの状況を表します。

in the rain

雨の中で

 

心の状態を表すin

心を入れ物に見立てて、感情をinで表すことができます。

in love

恋をしている

 

従事

仕事やその他の活動などに従事していることをinで表すことができます。

in search of treasure

宝を探して

in the army

入隊して

 

範囲を表すin

inで範囲を表すことができます。

興味の範囲を表す表現は頻出です。

I’m interested in modern American history.

私は近代アメリカの歴史に興味があります。

 

方法・形式を表すin

inで、手段、やり方、形式を表すことができます。

speak in French

フランス語で話す

 

まとめ

以上が前置詞の基本的な用法と、主要な前置詞on、inのイメージ、意味、用法です。

いかがでしたか?

この記事をよく読んで前置詞の基本的イメージを理解し、

具体的な意味や表現を覚えて、前置詞をマスターしていただければと思います。

また、他の前置詞については別の記事で紹介していければと思います。

最後に前置詞の使い方についておさらいしましょう。

前置詞の使い方

  1.  前置詞は名詞、代名詞、動名詞、名詞節といった名詞の働きをする語、または句の前に置く
  2.  上で紹介した前置詞の後ろに置かれる名詞などの語句を、前置詞の目的語という
  3. 前置詞は形容詞句や副詞句を作って、名詞や動詞を修飾することができる
  4.  onの基本的イメージは何かに接触すること
  5.  inの基本的イメージは立体や空間の中にあること

 

いかがでしたか?前置詞を勉強するときはイメージに着目して、

効率的に覚えていきましょうね!

関連ブログ

不定詞の基本とbe to V の簡単な訳し方

この記事では ・不定詞を学習する上での基本 ・be to V ・to V を用いたイディオム の三本立てで解説していきま…

英語 to V の文法『不定詞』の3用法をわかりやすく解説

今回は英語『不定詞』の用法や覚えておくべき熟語の解説をします。 動名詞とあわせて準動詞と呼ばれることもあり、動詞がto …

挿入と省略の見分け方と長文への活かし方

今回は、英文法の『挿入』と『省略』を解説したいと思います。 この文法事項は、文法問題として問われることはほとんどありませ…

重要なことのみ!『英文読解入門 基本はここだ!』で英文解釈対策

出版社 代々木ライブラリー 対象となる大学群 日東駒専~GMARCHの簡単な学部レベル ジャンル 英文解釈 講義系参考書…

早慶・難関国公立で通用する!『ポレポレ英文読解プロセス50』で対策

出版社 桐原書店 対象となる大学群 早慶、東大 ジャンル 英文解釈解説書 目的 英文和訳対策 分量 197ページ 70テ…

サブコンテンツ

TOP