【英語】合格には必須能力!過去問の使い方!!!

今回は受験生が必ず挑まなければならない

『過去問』

の使い方を紹介したいと思います。

過去問を有効に使えるかどうか

で受験の結果が左右すると言っても過言ではありません。

直前の模試でE判定でも、過去問をしっかり使うことができれば合格の可能性は跳ね上がります。

逆に言うと、

逆転合格を果たしている人はほぼ間違いなく過去問を有効に使うことができています。

大学の出題傾向や形式、自分の弱点の発見など過去問から得られる情報は多大です。

そろそろ過去問を解けって言われたけど、

どうしたらいいかわからないそこのあなた!

過去問をなんとなく解く前に過去問の使い方をマスターしよう!

全受験生必見です!

 

 

過去問の重要性

過去問とはなにか

過去問とは、実際の入試で出題された問題です。

本屋さんの受験参考書コーナーに行くと、赤い表紙の分厚い本が大量に並べられているのを見たことは無いでしょうか?

あれがいわゆる『赤本』。

内容は大学入試の過去問と解答解説、問題の分析なのですが、その表紙の色から

『赤本』と呼ばれています。

実際に入試当日に出題された問題なわけですから

志望大学の先輩はその問題を解いて合格点を取った!

と考えると面白いかもしれないですね。

 

過去問を解く目的

では、過去問を解く目的とは何でしょうか?

まずはそれを整理していきましょう。

まず一番大きな目的は、当たり前ですが

『本番で合格点を取ること』

です。

過去問を使って、その目的に少しでも近づけるようにするのが

過去問を解く最大の目的です。

たまに『過去問を解くこと』自体が目標となってしまい、

ただ解いただけで終わってしまう残念な使い方をしてしまっている人がいます。

それを避けるためにもこの目的を絶対に!絶対に!忘れないようにしましょう。

 

まずひとつ、知っておいてもらいたいことがあります。

克服しないでいたミスは必ず出る!

なぜなら大学側は、全員ができるわけではない差のつく問題をだしたいから。

自分ができない問題はみんなできない=出題されやすい!

だからこそ、過去問などで演習して自分の弱点を把握することが重要なのです。

 

ではこれから過去問を解く上で意識してほしいことを紹介します。

以下のことを意識すれば、

最大の目的である

『本番で合格点を取ること』

に近づけるはずです。

 

1.時間配分を把握し練習する

2.問題の傾向を知る

3.自分の弱点を把握する

 

意識する順番は1→2→3となるはずですが、

重要度としては3→2→1です。

では一つ一つ解説していきます。

 

1.時間配分

では時間配分を意識しなければならない理由からお話します。

ずばり!

勉強の方向性を見極めるため

試験によって出題数やかかる時間が違うからです。

 

例えば、

センター試験は比較的容易な問題ですが時間制限が厳しいと言われています。

つまり容易な問題をスピーディーに解く能力が問われているわけです。

私立医学部などもこの傾向にあります。

一方、文法や単語レベルが難しくセンター試験などと比べると問題数が少ない大学もあります。

そういったところでは、応用力や深い理解が問われていることになります。

 

これらの問題傾向によって自分の勉強を

スピードと理解力のどちらに比重をおけばいいのかわかるはずです。

スピード意識の人は、日頃から容易な問題集を繰り返し解いて瞬時に判断する能力の向上を目指すべきです。

問題集の応用問題を解く必要はないかも知れません。

しかし、難しい問題を時間をかけて解く人は、問題集の発展レベルや応用問題まで取り組む必要があるでしょう。

 

このように、自分の勉強の方向性を見極める上で時間配分を把握することはとても重要です。

もちろん、試験直前には時間を測って問題を解いて

・時間内に解き終わるのか

・どの問題にどれくらいの時間をかけるのか

を把握しなければなりません。

 

もし時間が足らないようなら

・文法を悩まず解けるようにする

・長文を読む速度を上げる

などまた対処法を考えなければなりません。

しかし長文を速く読む練習などは特に付け焼き刃でどうにかなるものではなく、

日頃からの意識や練習がとても重要になります。

よって、「過去問をはやいうちから解け」という人の

最大の目的はこの「勉強の方向性を見極めること」

となるわけです。

 

最後に過去問を解く目的の再確認です。

最大の目的

『本番で合格点を取ること』

→自分が解けない問題は入試で出題されやすい。

 

意識すること

1.時間配分を練習する←イマココ

2.問題の傾向を知る

3.自分の弱点を把握する

 

1.時間配分を練習する

→自分の勉強の方向性を見極める。

例えば

・時間厳しい系

→時間意識しながら容易な問題を何度も解く

→武田塾のルートなら同レベルの発展ルートの参考書を追加

・難しい系

→理解力を高める。応用問題まで取り組む

→武田塾のルートなら一個上のレベルの入門参考書を追加

 

 

2.問題傾向を把握せよ

では次に意識することの2.の問題傾向を知るの解説をします。

これは大きく分けて2つに分類されます。

①頻出の分野

②問題形式

です。

 

これは見た目的に②の方がわかりやすいので、②に気を取られやすいですが、

必ず①→②の順番で対策を行いましょう。

その形式に慣れることはその大学の問題でしか発揮されませんが、

内容の理解は他の大学の全ての問題に役に立つからです。

また、意識してほしいことの3.自分の弱点を把握するにも

繋がる話だからです。

 

 

①頻出の分野を把握せよ

では頻出分野を把握する重要性をお話します。

例えばある大学では今まで一度も時制の問題は出ておらず、仮定法の問題が毎年出題されているとします。

そうした場合、優先順位は時制よりも仮定法が高いですよね?

この頻出分野を把握することで、

自分の勉強の優先順位を決めることができる

例えば頻出の分野だけ応用問題まで演習するのも良いかも知れませんね。

 

その他にも、チェックしてほしいことがあるので以下必ずチェックするようにしてください。

①語法問題は頻出か

②発音アクセント問題は出るか

は確認するようにしてください

これらは出題されない場合には力を抜いていいと思いますが、出題されるなら対策しなくてはなりません。

特に②の発アクは志望校の試験に出てこないようなら、センター試験直前に少し対策を行うだけで普段は全く勉強しなくていいです。

その時間もないようなら発アクに時間を割くよりも、

そこは当日の運に任せて私立の一般にも活かせる文法や長文に時間を割くという戦略もあるでしょう。

 

このようにどのような問題がよく出るのかによって、

自分の勉強の優先順位を決めることができます。

 

②問題形式を把握する

次に②問題形式です。

問題形式とは例えば、

・長文が多い

・整序問題や正誤問題、英作文が出る

などです。

これらは苦手とする受験生が多い形式です。

これらの形式の問題でいつも間違ってしまう場合、練習が必要かもしれません。

しかし、安易に形式に飛びつくのではなく、

まずはじめにその文法事項は把握できていたかを第一に確認してから取り組むようにしましょう。

 

分野別対策ができる参考書のまとめがあるのでこちらも併せて確認してください。

→分野別まとめ

→英文法分野別まとめ

 

しかし、今から参考書を追加する時間はないと思う人もいるでしょう。

そういう人におすすめの勉強法があります。

・正誤→4択の文法問題を解くときに、間違いの選択肢が間違いの理由も考えるようにする。

・整序、英作文→自分が間違えた問題の答案を丸暗記する

上記の形式が苦手な人はこれだけでも意識して勉強するようにしてください。

単語が違うだけで同じ問題が出た!という日が必ず来ます。

 

ではまとめです。

最大の目的

『本番で合格点を取ること』

 

意識すること

1.時間配分を練習する

2.問題の傾向を知る←イマココ

3.自分の弱点を把握する

 

①頻出の分野を把握せよ

★勉強の優先順位を決める

-語法問題は頻出か?

-発音アクセント問題は出るか?

 

②問題形式を把握する

-分野別対策をする

-分野別参考書に取り組む時間がない場合

・正誤→4択の文法問題を解くときに、間違いの選択肢が間違いの理由も考えるようにする。

・整序、英作文→自分が間違えた問題の答案を丸暗記する。

 

3.自分のミスの分析をせよ

では最後に自分のミスの分析方法を解説します。

あなたのクラスで一気に成績が急上昇した人はいませんか?

テスト前に集中して高得点を取れる人などはいないでしょうか?

 

そういう人はこの自己の弱点を把握する能力が高いと言われています。

「メタ認知」という言葉もあります。

 

しかし、この能力は個人差が大きく低い人は自分が低いことに気づきづらいという問題もあります。

ですからぜひこの記事を読んでこの「メタ認知」ができるようになってほしいのです。

とはいえなかなか難しいと思うので、

参考書、過去問の順に方法を解説していきます。

 

参考書編

では参考書から自分のミスを発見する方法を解説します。

 

例えば、『英文法ファイナル問題集 標準編』という参考書があります。

これは文法のランダム系の参考書なのですが、網羅系で一度全ての項目の理解をした後に演習として取り組む参考書です。

(使い方はこちらの記事でも紹介されています。)

これには『文法項目別弱点発見シート』というものがついています。

どの問題がどの単元の問題なのかが表にまとめられているので、

自分が間違えた問題に印をつけていけば、自分がどの分野を優先的に勉強すべきか判断することができます。

 

例えば、時制の問題は全問正解だったけど、不定詞の問題はほとんどバツだった場合。

文法は苦手だから参考書のはじめから復習しよう!と意気込み時制から復習するのは効率が悪いですよね?

自分がよく間違える問題から復習することで、効率よく文法の精度を上げることができます。

受験が近づいてくると

自分ができないことをいかにできるようにするか

がとても重要です。

そのためにはまず

「なにができないのか」

を把握することがとても重要になるのです。

 

この問題集ではその

「どの分野なのか」

をはじめから一覧にしてくれているので、取り組みやすいはずです。

 

では具体的なミスの見つけ方を解説していきます。

例えば

間違った問題が「前置詞」であったとします。

その時

「あー自分は前置詞が苦手なんだなー」

で終わってはいけません。

「時刻の前に置くべき前置詞が at であることがわかっていなかった」と

・どの単元のどの文法項目なのか、

・自分の使っている参考書ではどのページにあるのか

を細かく分析して参考書にその日の日付を書いた付箋をはります。

この時付箋を貼る参考書は1冊に絞るほうが良いでしょう。

見返さなければならないものがたくさんあると混乱しやすいためです。

講義系でも、網羅系問題集でもどちらでも好きな方でいいので

この1冊を見れば全部把握できる、という1冊に情報を集結させましょう。

 

このように自分はどの分野のどの内容が理解できなかったのかのデータを蓄積していきます。

 

過去問編

次に過去問編です。

過去問は参考書とは異なり、解説などにも基本的にどの分野からの出題なのかが書いてありません。

そこで、自分で

「どの分野のどの単元なのか」

を判断しなければならないのです。

過去問に取り組み始めた頃には難しいと感じるかも知れませんが、

そのうち慣れます。

とても重要なことなので、よく分析するようにしてください。

この時守って欲しいルールがあります。

 

1問のミスから3つ以上の復習すべき項目を見つける

つまり少しでも自分が不安に思った分野は全て復習するようにしてください。

 

先程の

「時刻の前に置くべき前置詞が at であることがわかっていなかった」

の例で言えば、

①時間の前に置くべき前置詞は at の復習

②at のその他の用法

③同じ時を表すときに使う前置詞はあるか?

使い分けはできているか?→on と in

④on のその他の用法

⑤in のその他の用法

などです。

余裕があれば、前置詞全体を復習してもいいでしょうし、

無限に広がりはあるはずです。

 

その際の復習すべき問題の優先順位は

①×→解説を読んだら思い出した。わかってたはず…と悔しいところ

②×→解説を読んだらなんとなく理解できたところ

③×→解説を読んでも全くわからなかったところ

④○→正解したけど根拠に不安あり

という風にしてください。

 

①.②は理解はできているものの得点力まではついてない状態です。

この状態が最も少ない労力で得点率を伸ばすことができるので、

まずはここを確実に得点できるようにしましょう。

 

③は時間を取ってじっくりと取り組むようにしましょう。

初学のときと同じくらいの時間を取って取り組んでもいいかも知れません。

 

④は、基本的に参考書のページを読むだけでいいです。

しかし、読んでもどうしてその答えなのかわからなかった場合は③と同じ手順を踏むようにしてください。

 

ではミスの分析法のまとめです。

・どの単元のどの文法項目なのか、

・自分の使っている参考書ではどのページにあるのか

・1問のミスから3つ以上の復習すべき項目を見つける

復習の優先順位

①×→解説を読んだら思い出した。わかってたはず…と悔しいところ

②×→解説を読んだらなんとなく理解できたところ

③×→解説を読んでも全くわからなかったところ

④○→正解したけど根拠に不安あり

 

 

ミスを克服せよ

では具体的にミスの克服方法を整理していきましょう。

前の章でミスの見つけ方を紹介しました。

ミスは発見するだけでは何の意味もありません。

克服してはじめて意味を成すものとなります。

ですからこの章をマスターすることが最も重要となります。

 

では、まずは具体的にやることから。

ここでは分析は済んで、参考書のページを検索済みだとします。

(1)付箋に日付を書いて貼る(その特定のページだけ)

(2)その分野の講義系を読む(Forestなど)

(3)網羅系演習をする(Next Stage)

(4)定期的に付箋を見返して復習する(試験当日も優先的にここを見る!)

です。

 

過去問を解き始めたばかりの頃はこれら全てをやってほしいです。

しかし、受験が近づいてくるとここまで丁寧にしていたら時間がいくらあっても足りません。

その時には、問題理解の程度によってどこまで復習するか決めましょう。

 

復習の優先順位

①×→解説を読んだら思い出した。わかってたはず…と悔しいところ

→(2)または(3)のどちらか。付箋を貼っている方。

②×→解説を読んだらなんとなく理解できたところ

→(1)~(3)まで

③×→解説を読んでも全くわからなかったところ

→(1)~(3)に加え、わからなければ質問もマスト。

④○→正解したけど根拠に不安あり

→講義系の参考書を読むだけ。その際理解に不安があれば③と同様の手順。

 

受験勉強は淡々と自分のミスを潰すことが大切です。

過去問を解く段階になると、周囲との差や自分のミスの多さに

絶望することが増えてきます。

まさしく絶望で、その程度が増えると受験勉強を続けられなくなってしまいます。

ですから感情をあまり使わずに淡々と処理することが大切なのです。

周りと比べて落ち込む時間も、

自分の成績の悪さにイライラする時間もはっきり言って無駄です。

その時間があるなら、一つでも多くのミスを潰してほしいです。

なかなか難しいことでしょうが、どうか頑張ってください。

 

自分のミスを把握→克服→できるようになったかの確認

この繰り返しが最も成績が伸びます。

冬の最後の模試でE判定でも、志望校に合格できる人はこのループがうまくいった人です。

これが上手な人は受験が始まってからでも成績が伸びます。

諦めずに、淡々とこのループを繰り返すことが本当に重要です。

 

ではミスの克服方法のまとめです。

 

方法

(1)付箋に日付を書いて貼る(その特定のページだけ)

(2)その分野の講義系を読む(Forestなど)

(3)網羅系演習をする(Next Stage)

(4)定期的に付箋を見返して復習する(試験当日も優先的にここを見る!)

 

復習の優先順位

①×→解説を読んだら思い出した。わかってたはず…と悔しいところ

→(2)または(3)のどちらか。付箋を貼っている方。

②×→解説を読んだらなんとなく理解できたところ

→(1)~(3)まで

③×→解説を読んでも全くわからなかったところ

→(1)~(3)に加え、わからなければ質問もマスト。

④○→正解したけど根拠に不安あり

→講義系の参考書を読むだけ。その際理解に不安があれば③と同様の手順。

 

では各賞のまとめに書いた内容だけでもしっかりと読み込んで、

過去問を有効に扱える人になってくださいね。

応援しています。

 

 

 

あとがき

私が高校1年生の時、

「志望大学が何となく決まってる人はその赤本の分析ページだけでも読みなさい」

と言われました。

私はその日のうちに過去問を確認しにいきました。

しかし、それを読んでも自分の受験勉強にどう活かせばいいのか全くわかりませんでした。

高校3年生で過去問を解く時期になった時、

なんとなく説いてみたはいいものの、何をしたらいいかわかりませんでした。

なんとなく説いて丸付けをして、間違った問題の解説を読んで終わりにしてしまいました。

今この記事を読んでくれている皆さんの中にも、私と同じような経験をしている人、もしくはこのままでは同じ経験をしてしまいそうな人がいるのではないでしょうか?

でも心配する必要はありません。

この記事をしっかりと読み込んで同じことを全ての過去問で行えば、

あなたの成績は確実に上がっていきます。

あなたの頑張りを応援しています。

 

これからの時期、無駄な勉強をしている時間は一切ありません。

方向性に悩んだら、いつまでも悩んでいないで大人に相談にいきましょう。

学校の先生でも、予備校の先生でも、武田塾の先生でも

誰でもいいので受験に詳しい人から話を聞くようにしましょう。

→武田塾の先生はこちらから相談にのってくれます。

関連ブログ

重要なことのみ!『英文読解入門 基本はここだ!』で英文解釈対策

出版社 代々木ライブラリー 対象となる大学群 日東駒専~GMARCHの簡単な学部レベル ジャンル 英文解釈 講義系参考書…

早慶・難関国公立で通用する!『ポレポレ英文読解プロセス50』で対策

出版社 桐原書店 対象となる大学群 早慶、東大 ジャンル 英文解釈解説書 目的 英文和訳対策 分量 197ページ 70テ…

英語『倒置』と情報構造の要は情報の重要度!?

今回は文法の「倒置」を解説したいと思います。 難しいと言われている文法事項の一つに「倒置」があります。 普段使っている通…

システム単語帳

ほぼ全ての大学受験対策!『システム英単語』で単語力強化

出版社 駿台文庫 対象となる大学群 センター試験から早慶レベル 目的 英単語・英熟語 分量 375ページ 必出単語2,0…

サブコンテンツ

TOP