早慶・難関国公立で通用する!『ポレポレ英文読解プロセス50』で対策

ポレポレ英文読解プロセス50

出版社 代々木ライブラリー
科目 英語
対象となる大学群 早慶・難関国公立レベル
ジャンル 英語長文解釈 参考書
目的 英文読解
分量 129ページ 50題

英文解釈の基礎的なことは身についたけど、慶應大学や早稲田大学などの大学を目指していて合格するにはもっと高い英文解釈能力が必要!という方には『ポレポレ英文読解プロセス50』がおすすめです!

今回はそんな『ポレポレ英文読解プロセス50』を特徴、使い方、大学傾向分析、参考書ルートの項目からご紹介します!

早慶、東大、難関国公立などのハイレベルな英文読解能力が身につく 

『ポレポレ英文読解プロセス50』には大学入試で頻出する文法テーマが簡単なものから難しいものまでバランスよく組み込まれています。どのように考えれば初見の英文でも読み解けるようになるかというプロセスについても解説されていて、その解説も語り掛けるようなフランクな文体で解説されています。

一つ一つの例文をどこから考えていけばいいのか、初めて見るときはどうすればいいのかを理解できるようになります。英文の特徴から読み取り方を絞り込んでいける考え方のプロセスが満載です。答えを丸暗記するだけでは得られない学習効果がでます。

東大、難関国公立や早慶レベルの難しい問題集なのでその前段階の単語や熟語、基本的な英文解釈の基礎をしっかり身につけてから取り組みましょう。

基礎にもしっかり取り組み、早慶、東大、難関国公立などのハイレベルな英文読解能力を万全にしていきましょう。

繰り返し取り組み、読み解き方を憶える

『ポレポレ英文読解プロセス50』だけでなく英文読解の教材は繰り返し取り組んで、読み解き方を憶えるのが重要です。1週だけで終わらせてしまうと最初に取り組んだ問題がしっかり解けるようになっているかどうか分からず、解説を読んでわかった気になっているだけで実際にはまったく身についていないということがあります。

1週目をやり終えたら間違えた問題、わからなかった問題のどこをなぜ間違えたのか、なぜわからなかったのかを、解説をみて参考にし自分なりの原因を突き止めましょう。

2週目からはその原因をヒントなしで自力で気づけるかをチェックして出来るようになったか確認します。

2週目でも間違えてれば3週目で、完璧になるまで繰り返し学習して解き方をマスターしましょう。マスターした後は志望大学の過去問を使って演習しつつ、たまに要点をおさらいする形で大丈夫です。

音読の練習も効果的

『ポレポレ英文読解プロセス50』の英文を音読すると効果的に学習できます。『ポレポレ英文読解プロセス50』は特徴的な構文が多くまとまっています。

リスニングでのキーポイントとなる言葉に、受験によく出る構文や熟語などが含まれていて音が聞き取れても意味が分からないと解けないものがよく出題されます。これらのあらかじめ狙われやすい構文や熟語をしっかり憶えていくことで解き方のプロセスが身につくようになり得点につながります。

リスニングだけでなく読解のスピードアップにも役に立つので、一通り学習した後は音読を習慣化すると良いでしょう。1日に音読する問題数を決めて無理のない範囲で繰り返すしやることで効率よく学習できます。

大学傾向分析

東大、難関国公立や早慶を狙う方に『ポレポレ英文読解プロセス50』がオススメ。

東大、難関国公立や早慶は難しく長い英文が出てきます。傾向的には文法知識と和訳力が必要になり、英文和訳は文章の全体像がつかめていないと和訳できないものが多数出てきます。『ポレポレ英文読解プロセス50』に取り組み、読解力、初見の英文を読み取る考え方などを身につけておきましょう。

『ポレポレ英文読解プロセス50』には大学入試で頻出する文法テーマが簡単なものから難しいものまでバランスよく掲載されています。すべて理解できるようになれば入試で出題される文章の読解にはほとんど対応できるようになります。

しかし東大、難関国公立や早慶レベルの問題集なのでその前段階の単語や熟語、基本的な英文解釈の基礎を身に着けてから取り組みましょう。

東大、難関国公立や早慶を狙う方は『ポレポレ英文読解プロセス50』を使って英文解釈、読解能力を万全にしていきましょう。

参考書ルート一覧

大学別英文解釈のルート一覧

ポレポレを紹介してきましたが、志望する大学、現在の英文解釈力によって取り組む参考書が違ってきます。大学別に出題傾向を考慮して作成された参考書ルートを見て、自分に合った参考書から始めるようにしましょう!

東大、早慶、難関国公立レベルのルート

東大、早慶、難関国公立レベルの大学を志望する受験生は『ポレポレ英文読解プロセス50』で難しい文法テーマの対策をし、『英文読解入門 基本はここだ!』、『前段階の入門 英文解釈の技術70』も復習して基礎を忘れないようにしましょう。あとは復習し続けて自分に身につけていくだけです。しっかり取り組みましょう。

東大、早慶、難関国公立レベルのテーマでは専門用語が高頻度で出題され、専門用語の対応が出来なければ読解が難しくなります。専門用語の対策をしたいかたは『話題別英単語 リンガメタリカ』に取り組みましょう。様々なテーマに沿った難しい専門用語が掲載されているので役に立ちます。

入門英文解釈の技術70

出版社 桐原書店
対象となる大学群 早慶、東大
ジャンル 英文解釈解説書
目的 英文和訳対策
分量 197ページ
70テーマ+演習問題70
目標期間 3週間程度
ポレポレ英文読解プロセス50

出版社 代々木ライブラリー
科目 英語
対象となる大学群 早慶・難関国公立レベル
ジャンル 英語長文解釈 参考書
目的 英文読解
分量 129ページ 50題

まとめ

今回紹介した『ポレポレ英文読解プロセス50』は難易度が高いですが、早慶、東大、難関国公立レベルの初見英文に対応できる読解力や考え方を学べるおすすめの参考書です。

問題量も多すぎず短期間でできるので、大学入試まで時間があまりない方も効率的に学習できます。早慶、東大、難関国公立レベルの英文でも読み解ける力が欲しい方は繰り返し学習し、頻出の英文解釈パターンを身につけられるよう取り組んでみてください。

関連ブログ

不定詞の基本とbe to V の簡単な訳し方

この記事では ・不定詞を学習する上での基本 ・be to V ・to V を用いたイディオム の三本立てで解説していきま…

英語 to V の文法『不定詞』の3用法をわかりやすく解説

今回は英語『不定詞』の用法や覚えておくべき熟語の解説をします。 動名詞とあわせて準動詞と呼ばれることもあり、動詞がto …

目指せ!前置詞マスター ~前置詞はイメージが大事?!~

今回は前置詞を扱います。 前置詞なんて中学でやったよ!と思ったあなた。 前置詞は英語の基礎であり、 非常に奥が深い部分な…

挿入と省略の見分け方と長文への活かし方

今回は、英文法の『挿入』と『省略』を解説したいと思います。 この文法事項は、文法問題として問われることはほとんどありませ…

重要なことのみ!『英文読解入門 基本はここだ!』で英文解釈対策

出版社 代々木ライブラリー 対象となる大学群 日東駒専~GMARCHの簡単な学部レベル ジャンル 英文解釈 講義系参考書…

サブコンテンツ

TOP