英語 to V の文法『不定詞』の3用法をわかりやすく解説

今回は英語『不定詞』の用法や覚えておくべき熟語の解説をします。

動名詞とあわせて準動詞と呼ばれることもあり、動詞がto V の形になることで複数の意味を持つようになります。

参考書などで見るとページ数が多く難しい単元のように感じるかもしれませんが、実は覚えることはそんなに多くないです。

不定詞は名詞、形容詞、副詞的用法の3つの使い方があります。

今回はそれぞれの用法を解説していきたいと思います。

(名詞、形容詞、副詞の違いがわからない人は急いでチェック!英語の基本です!!!)

ポイントさえ理解してしまえば不定詞的用法は案外簡単にマスターすることができます。

さあ、今日からあなたも不定詞マスターになろう!!!

 

 

 

名詞用法

・主語

・be動詞の補語

・他動詞の目的語

の3つの形になることができます。

例文が与えられてどの用法と同じかを問われることもあるので、

区別がつくようになるといいと思います。

しかし、余裕がない…という方は以下の2つだけ覚えてくれれば名詞用法は大丈夫です!

・to V のかたまりで名詞と同じ扱いをすることができる。

→主語や形式主語の真主語、補語になることができる

・V + to V をとれる動詞がある。

→V+Ving しかとれない動詞を覚えてそれ以外は使える!と考える

 

1. 補語

S V C の文型をとる動詞では to V 以下をCとみなすことができる。

My homework is to pick the topic of my thesis

私の宿題は論文のテーマを決めることです。

 

2. 主語

To study is a action for your future.

勉強することは未来のための行動である。

 

It is meaningful to think carefully.

熟考することは意味がある。

形式主語を用いて主語になることができる。

 

3. 目的語

I want to go camping.

キャンプにいきたい。

to 以下がwant の目的語の役割

→ to をとる動詞は決まっている。

to V を取れる動詞よりもVing しか取れない動詞の方が少ないので、そちらを覚えるのがおすすめ。

簡単にその動詞の表を以下に掲載するので、覚えるようにしてくださいね。

 

不定詞を目的語にしない、動名詞を目的語にする他動詞
admit 認める mind いやがる
avoid 避ける miss しそこなう
consider よく考える practice 練習する
deny 否定する quit, stop やめる
enjoy 楽しむ suggest 提案する
escape 避ける give up 諦める
finish 終える put off 延期する
imagine 想像する

 

不定詞と動名詞はまとめて準動詞と呼ばれます。

対比としてよく一緒に出題されるので、まとめて復習するようにしてください。

動詞の目的語が疑問詞+ to V のかたまりになることもあります。

その際には、疑問の意味+~したらよいか・~すべきかと訳すようにしましょう。

 

名詞用法まとめ

いままで例文と使い方を説明してきましたが、以下の2つだけおさえればOK!!!

・to V のかたまりで名詞と同じ扱いをすることができる。

→主語や形式主語の真主語、補語になることができる

・V + to V をとれる動詞がある。

→V+Ving しかとれない動詞を覚えてそれ以外は使える!と考える

→V+疑問詞+ to Vのときは『疑問の意味+~したらよいか・~すべきか』と訳す。

 

 

形容詞用法

不定詞の形容詞用法には3つの使い方があります。

①SV関係

②OV関係

③同格関係

まずはこの3つを自分の中で目次がたてられるようにしましょう。

 

1. SV関係

some colleague to help me

私を助けてくれる同僚

→some colleague support me (S-V)という形になる。

 

2. OV関係

some colleague to look after

面倒を見ている同僚

→look after some colleage (O-V)という形になる。

 

よく使われる形があるので紹介します。

丸暗記する必要はないですが、自分で作れるようにしておきましょう。

something to〈 使用用途の説明 〉という形です

O-V関係の頻出表現

something to write with  筆記具
something to write on  紙
something to play with おもちゃ
someone to play with 遊び相手
someone to talk to[with] 話し相手
something to talk about 話題
something to sit on 椅子
something to open this with 道具(それを使ってこれを開けるためのもの)

 

3. 同格関係

no house to live in

住む家

→live in house

 

同格関係の際には、使われる名詞が決まっています。

下の表のもの、未来の行動へのきっかけになる抽象名詞が置かれます。

同格関係の頻出表現

ability to V ~する能力 =be able to V
attempt to V ~しようとする試み
decision to V ~しようという決心
desire to V ~したいという願望
failure to V ~できないこと・~しないこと
inability to V ~できないこと
promise to V ~する約束
tendency to V ~する傾向
urge to V ~したいという衝動
the time to V ~する時間
the way to V ~する方法
the place to V ~する場所
the reason to V ~する理由
the effect [ capacity/power/right/position/chance/opportunity/means ] to V 努力・能力・権利・立場・可能性・機会・手段

など未来の行動へのきっかけになる抽象名詞を修飾する

 

 

形容詞用法まとめ

・名詞< to V > で名詞を修飾することができる。

・①SV関係、②OV関係、③同格関係の形がある。

・それぞれ名詞と to V 以下の動詞を元の形に戻して正しい形になれば使用可能!

 

副詞用法

では次に副詞用法を解説します。

副詞用法は以下の8つ。

  1. 目的
  2. 感情の原因
  3. 判断の根拠
  4. 形容詞限定(タフ構文、ヘビ構文)
  5. 結果
  6. 程度
  7. 条件
  8. 独立不定詞

 

1~4は文法の理解が必要です。

5~8は熟語を覚えてさえしまえば点が取れる単元なので、何度も何度も繰り返して覚えるようにしましょう。

 

1. 目的(~するために)

I am studying English hard to pass the exam.

私は試験に合格するために英語の勉強をしている。

to 以下が主節の行動の目的になっている。

 

2. 感情の原因(~して・~できて)

be 動詞 + 感情表現 + to V の形

I’m happy to hear that.

それが聞けて嬉しいわ。

to 以下が感情の原因になっている。

 

 

3. 判断の根拠

be動詞 + 判断・評価表現 + to V

She must be crazy to say such a foolish thing.

そんな馬鹿なことを言うなんて彼女は頭がおかしいに違いない。

 

4. 形容詞限定

不定詞ではよく問われる構文なので、基本形を紹介してから例文を紹介します。

S be [難易の意味の形容詞] to V (Oはなし)

訳→S は to V するのが形容詞

頻出の形容詞→ easy , hard = difficult = tough ,impossible , dangerous

My boss is easy to talk to.

上司は話しかけやすい人だ。

 

難易の形容詞でtoughがよく使われることから、『タフ構文』や

to以下にSを入れるとぐるぐると文章が回ることから『ヘビ構文』と呼ばれることもあります。

 

5. 結果(そして~・その結果~する)

My grandmother lived to be 100 years old.

おばあちゃんは100歳まで生きた。

 

結果の用法頻出表現
grow up to be ~ 成長して~する
live to V ~するまで生きる
awake[wake up] to find~ 目覚めて~に気づく
only to V しかし、結局~した(逆の結果)
never to V そして二度と~しなかった

 

6. 程度

この用法は3つの熟語を覚えてしまえば大丈夫です。

too [形容詞/副詞] to V

(=so [形容詞/副詞]that S can’t V)

~するには[形容詞/副詞]すぎる

 

[形容詞/副詞]enough to V

=so [形容詞/副詞] as to V

(so [形容詞/副詞] that S+V)

~するほど[形容詞/副詞]

 

7. 条件(~すれば)

この用法は仮定法の文章でif節の代用として出てくることがほとんどです。

 To be sunny we will play soccer.

晴れればサッカーをするだろう。

復習はこちら

 

 

8. 独立不定詞

この用法は熟語を覚えてしまいましょう。

何度も声に出してすらすら言えるようになることをめざすといいと思います。

この熟語は日本語⇔英語の両方向で言えるようにすることをおすすめします。

独立不定詞の熟語

to tell the truth 実を言うと=frankly speaking
to be frank with you 率直に言うと
to say the least (of it) 控えめに言っても
to make a long story short 手短に言うと=to be brief/in brief /in short
to do ~ justice ~を公平に評すれば
to add to ~ ~に加えて=in addition to~
to be sure 確かに
to begin with まず第一に=first of all
to make matters worse さらに悪いことに=what is worse
to put it ~ly型の副詞 ~に言えば
to say nothing of~ ~は言うまでもなく

=not to speak of ~ /not to mention ~/ let alone~

not to say ~ ~とは言わないまでも
strange to say 奇妙なことに
needless to say 言うまでもなく=it goes without saying that~
so to speak いわば=as it were

 

副詞用法まとめ

使われている動詞の種類や主節のV と不定詞のVの関係から意味を判断する。

1.目的→S [行動のV] to 目的のV

2.感情の原因→be動詞+ 感情表現+ to 感情の原因のV

3.判断の根拠→ be 動詞+判断・評価表現+ to 判断の根拠のV

4.形容詞限定→S be [難易の意味の形容詞] to V (Oはなし)

5.結果→熟語5個

6.程度→熟語3個

7.条件→仮定法のif節を to Vで書き換えたもの

8.独立不定詞→熟語15個

 

まとめ

不定詞的用法を解説してきました。

以下で簡単に理解すること、覚えることのまとめを行いますのでご使用ください。

 

不定詞的用法

名詞、形容詞、副詞的用法の3つがある。

 

名詞用法

-主語

-be動詞の補語

-他動詞の目的語

 

・to V のかたまりで名詞と同じ扱いをすることができる。

→主語や形式主語の真主語、補語になることができる

・V + to V をとれる動詞がある。

→V+Ving しかとれない動詞を覚えてそれ以外は使える!と考える

→V+疑問詞+ to Vのときは『疑問の意味+~したらよいか・~すべきか』と訳す

 

形容詞用法

名詞 to V の形で to V 以下が名詞を修飾する。

-SV関係→S to V の関係

-OV関係→O to V の関係→よく使われる表現がある。

-同格関係→抽象名詞を具体的に修飾する

 

不定詞的用法

1.目的→S [行動のV] to 目的のV

2.感情の原因→be動詞+ 感情表現+ to 感情の原因のV

3.判断の根拠→ be 動詞+判断・評価表現+ to 判断の根拠のV

4.形容詞限定→S be [難易の意味の形容詞] to V (Oはなし)

5.結果→熟語5個

6.程度→熟語3個

7.条件→仮定法のif節を to Vで書き換えたもの

8.独立不定詞→熟語15個

 

to Vの形を見た時に、to V が名詞、形容詞、副詞のどの働きになっているかをカタチから判断しましょう。

それから、この用法はこの使い方で、この動詞が使われているからこの意味なはず…!

とまずは文型や動詞の持つ意味から判断するようにするとミスがほとんど無くなります。

和訳問題などでも訳し分けで頻出の分野ですので、何度も繰り返して覚えるようにしてくださいね。

 

では、頑張ってください

関連ブログ

不定詞の基本とbe to V の簡単な訳し方

この記事では ・不定詞を学習する上での基本 ・be to V ・to V を用いたイディオム の三本立てで解説していきま…

目指せ!前置詞マスター ~前置詞はイメージが大事?!~

今回は前置詞を扱います。 前置詞なんて中学でやったよ!と思ったあなた。 前置詞は英語の基礎であり、 非常に奥が深い部分な…

挿入と省略の見分け方と長文への活かし方

今回は、英文法の『挿入』と『省略』を解説したいと思います。 この文法事項は、文法問題として問われることはほとんどありませ…

重要なことのみ!『英文読解入門 基本はここだ!』で英文解釈対策

出版社 代々木ライブラリー 対象となる大学群 日東駒専~GMARCHの簡単な学部レベル ジャンル 英文解釈 講義系参考書…

早慶・難関国公立で通用する!『ポレポレ英文読解プロセス50』で対策

出版社 桐原書店 対象となる大学群 早慶、東大 ジャンル 英文解釈解説書 目的 英文和訳対策 分量 197ページ 70テ…

サブコンテンツ

TOP