高校無機化学の基礎固めができる『鎌田の理論化学の講義』

高校無機化学の基礎固めができる『鎌田の理論化学の講義』
出版社名:旺文社

無機化学の基礎固めが出来る『鎌田の理論化学の講義』。講義形式で無機化学をしっかりと学ぶことができます。今回は『鎌田の理論化学の講義』の特徴と使い方を紹介します。

『鎌田の理論化学の講義』の特徴

『鎌田の理論化学の講義』は講義形式の参考書です。化学が苦手な人でも理解しやすい解説がされています。内容自体は基礎レベルで大学受験に必要な理論化学の基礎固めを行うことができます。

このシリーズは全部で3冊あり、残り2冊は『福間の無機化学の講義』『鎌田の有機化学の講義』です。3冊全てしっかりと取り組むことで中堅レベルの私大であれば合格圏を狙うことができます。

『鎌田の理論化学の講義』はベテラン講師の授業がそのまま参考書になっているので、実際に授業を受けているように学習を進められます。自分のペースで進められるので、納得するまで理解を深めることができます。基礎内容を自分のペースで学ぶことができるので、化学を初めて学ぶ人・化学が苦手な人・模試で点数が伸び悩んでいる人はぜひ取り組んでみてください。

参考書の使い方

演習問題と別冊『最重要Point総整理』に取り組もう

『鎌田の理論化学の講義』は講義系の参考書です。そのため入試に向けた演習問題が収録されていません。入試では入試特有の出題傾向があり、大学の入試によって傾向も違います。まずは『鎌田の理論化学の講義』で全体概要を学習し、正しい知識が身についたか演習問題で確認をしましょう。

『鎌田の理論化学の講義』には別冊で『最重要Point総整理』が付属しています。学習した知識で暗記しなければいけない用語は別冊『最重要Point総整理』に取り組むと良いです。講義系参考書『鎌田の理論化学の講義』で収録されている内容を出来るだけ多く覚えたほうが入試では有利ですが、まずは『最重要Point総整理』に収録されている重要用語を覚えましょう。入試で頻出の問題演習を行うには『化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講』がオススメです。何度も繰り返し取り組んで頻出問題を解けるようにしておくと良いでしょう。

さらに難易度の高い参考書に取り組もう

『鎌田の理論化学の講義』は標準的なレベルの内容が収録されています。しかし上記でも説明しましたが入試問題演習には向いていません。そのため『鎌田の理論化学の講義』『福間の無機化学の講義』『鎌田の有機化学の講義』を終え、別冊『最重要Point総整理』を終了させたら『化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講』に取り組みましょう。

少しずつレベルアップさせていくことで無理なく実力を上げることができます。難しいなと感じた場合は一度手を止めて、なぜ理解できないのか・なぜ難しいと感じるのか理解をするようにしましょう。そうすることで自分にあった学習を進めることができます。

『鎌田の理論化学の講義』がおすすめな理由

『鎌田の理論化学の講義』はセンター・産近甲龍・地方国公立・日東駒専・関関同立・MARCH・早慶・東大レベルの大学を目指す受験生にオススメの参考書です。どのレベルの大学を目指す人でも、基礎学習はとても大切なのでしっかりと行いましょう。

各大学の出題傾向としてセンター試験・産近甲龍・地方国公立・日東駒専では基礎〜標準レベルの問題が選択問題で出題される可能性が高いです。その場合、問題の正誤を判断できる力を身につけなければいけないので別冊『最重要Point総整理』に取り組むことで対応力をつけましょう。また関関同立・MARCH・早慶・東大レベルの大学では選択問題に加え、記述問題が出題される可能性があります。記述問題では講義式参考書で説明されている文章の表現を真似てみると、解答に近い記述を行うことができます。

参考書ルート一覧

大学別合格点突破レベルのルート

では実際に『鎌田の理論化学の講義』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介します。各大学ごとで参考書ルートをまとめました。もし自分の志望大学がない場合は志望大学の出題傾向とレベルを分析し、もっとも似ている大学の参考書ルートを参考にしましょう。

センター・産近甲龍・地方国公立・日大レベルのルート

センター・産近甲龍・地方国公立・日大レベルの大学を志望する受験生は『鎌田の理論化学の講義』に取り組んだ後、自分の知識が正しいかどうか確認をしましょう。オススメの参考書としては別冊『最重要Point総整理』や『化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講』です。『化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講』は『鎌田の理論化学の講義』『福間の無機化学の講義』『鎌田の有機化学の講義』に取り組んだ後に利用すると効果的です。そして過去問に取り組む前に『リードLightノート化学基礎』で最終調整をしましょう。

福間の無機化学の講義

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 理論化学 講義型参考書
目的 理論化学の基礎固め
分量 275ページ
鎌田の有機化学の講義

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 有機化学 問題集
目的 有機化学の基礎知識
分量 312ページ
化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH、関関同立レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学問題演習
分量 102題
リードLightノート化学基礎

       

出版社 数研出版
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学の問題演習
分量 112ページ

関関同立・MARCHレベルのルート

関関同立・MARCHレベルの大学を志望する受験生は『鎌田の理論化学の講義』に取り組んだ後、身につけた力に間違いがないか確認をしましょう。オススメの参考書としては別冊『最重要Point総整理』や『化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講』です。『化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講』は『鎌田の理論化学の講義』『福間の無機化学の講義』『鎌田の有機化学の講義』に取り組んだ後に取り組むと効果的です。そしてさらに難易度が高い問題に取り組むために『化学レベル別問題集 3 上級編』『リードLightノート化学基礎』をオススメします。

福間の無機化学の講義

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 理論化学 講義型参考書
目的 理論化学の基礎固め
分量 275ページ
鎌田の有機化学の講義

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 有機化学 問題集
目的 有機化学の基礎知識
分量 312ページ
化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH、関関同立レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学問題演習
分量 102題
リードLightノート化学基礎

       

出版社 数研出版
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学の問題演習
分量 112ページ
化学レベル別問題集 3 上級編

       

出版社 ナガセ
対象となる大学群 MARCHレベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学問題演習
分量 288ページ

早慶・東大レベルのルート

早慶・東大レベルの大学を志望する受験生は関関同立・MARCHレベルを目指す受験生と同様、『鎌田の理論化学の講義』に取り組んだ後自分の知識が正しいかどうか確認をしましょう。オススメの参考書は別冊『最重要Point総整理』や『化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講』です。『化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講』は『鎌田の理論化学の講義』『福間の無機化学の講義』『鎌田の有機化学の講義』に取り組んだ後に取り組むと効果的です。そしてさらに難易度が高い問題に取り組むために『化学レベル別問題集 3 上級編』『リードLightノート化学基礎』をオススメします。

福間の無機化学の講義

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 理論化学 講義型参考書
目的 理論化学の基礎固め
分量 275ページ
鎌田の有機化学の講義

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 有機化学 問題集
目的 有機化学の基礎知識
分量 312ページ
化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH、関関同立レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学問題演習
分量 102題
リードLightノート化学基礎

       

出版社 数研出版
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学の問題演習
分量 112ページ
化学レベル別問題集 3 上級編

       

出版社 ナガセ
対象となる大学群 MARCHレベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学問題演習
分量 288ページ

まとめ

『鎌田の理論化学の講義』は標準レベルの内容を学習できる良い参考書です。どの大学を目指す受験生も標準レベルの問題に取り組んでおくことをオススメします。また入試で正解率をあげるために、『最重要Point総整理』や『化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講』に繰り返し取り組みましょう。参考書ルートを活用して、志望大学の合格圏に近づくことができるように頑張ってください。

無料受験相談のご案内

武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

TOP