【受験必勝】化学の基礎〜応用問題に対応『リードLightノート化学』

【受験必勝】化学の基礎〜応用問題に対応『リードLightノート化学』
出版社名:数研出版

化学の演習問題が収録されている『リードLightノート化学』。基礎〜応用レベルの問題が収録されています。今回は『リードLightノート化学』の特徴と使い方を紹介します。

『リードLightノート化学』の特徴

『リードLightノート化学』は基礎〜応用レベルの問題が収録されている参考書です。化学の問題には公式を覚えれば解ける問題と計算を解かなければいけない問題があります。『リードLightノート化学』ではどちらの種類の問題も網羅しています。収録されている問題も入試で出題されるような問題なので、この参考書を一冊完璧に取り組んだ後過去問に取り組めば中堅レベルの大学を目指すことができます。

『リードLigjtノート化学』では分野ごとに問題が収録されているので、取り組みやすい参考書になっています。何度も繰り返し取り組めば、実力を伸ばすことが可能です。

参考書の使い方

一通り化学の学習を終えてから取り組もう

『リードLightノート化学』は演習問題に特化した参考書です。問題のレベルも基礎〜応用までかなり幅があるので初めて化学を学ぶ人にはオススメしません。

初めて化学を学ぶ人は『鎌田の理論化学の講義』『福間の無機化学の講義』『鎌田の有機化学の講義』でしっかりと学習することをオススメします。これら3冊は講義形式の参考書で、本当に授業を受けているような感覚で自分のペースを保ちつつ学習を進めることができます。講義系参考書で学んだ分野は付属の『最重要Point総整理』で重要用語を暗記しましょう。

その後『リードLightノート化学』を使って、学んだ分野の復習を行うようにすると効率よく学習を進めることができます。

過去問に取り組もう

『リードLigjtノート化学』には基礎〜応用レベルの問題が収録されています。暗記していれば答えることができる問題から計算が必要な複雑な問題も収録されています。そのため実力を伸ばすにはとても便利な参考書です。

しかし入試形式は志望大学によって異なります。選択問題しか出題しない大学や、選択問題と記述問題どちらも出題する大学があります。『リードLightノート化学』に取り組んだ後は、自分の志望大学の過去問に取り組むようにしましょう。

志望大学の過去問は、ある程度学習を終えていれば取り組むことができます。しかし中途半端な状態で演習問題の参考書に取り組んでいると、過去問に取り組んだ時歯が立たず再び演習問題に取り組まなくてはいけなくなるので注意しましょう。何度も繰り返し演習問題・過去問に取り組むことで、自分の実力を確実に伸ばすことができます。

『リードLightノート化学』がおすすめな理由

『リードLightノート化学』はMARCH・関関同立・地方国公立・センター・産近甲龍・日大・早慶・東大・難関国公立・地方国公立(非医学部)レベルの全ての大学にオススメの参考書です。収録されている問題が基礎〜応用レベルの問題なので選択問題〜記述問題まで様々な問題をカバーできるでしょう。

センター試験・産近甲龍・日大レベルの大学では選択問題で出題される傾向がありますがそれとは異なり、MARCHや早慶・東大レベルの大学では記述式の問題が出題されます。『リードLightノート化学』では記述問題もカバーできるのでお勧めです。どのようなレベルを目指す受験生でも、志望大学の出題形式とレベルを把握し『リードLightノート化学』に取り組めば過去問に取り組むことができる力を身につけることができるでしょう。

参考書ルート一覧

大学別合格点突破レベルのルート

では実際に『リードLightノート』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介します。各大学ごとで参考書ルートをまとめました。もし自分の志望大学がない場合は志望大学の出題傾向とレベルを分析し、もっとも似ている大学の参考書ルートを参考にしましょう。

MARCH・関関同立・地方国公立レベルのルート

MARCH・関関同立・地方国公立レベルの大学を志望する受験生は『リードLightノート化学』に取り組んだ後『化学 化学基礎・化学 基礎問題精講』に取り組みましょう。もし『リードLigjtノート化学』が難しいと感じた場合は『鎌田の理論化学の講義』『福間の無機化学の講義』『鎌田の有機化学の講義』などの講義形式の参考書に取り組むことをオススメします。講義形式の参考書に取り組んだ後、『リードLightノート化学』や演習問題に特化した参考書に取り組むと学習効率を上げることができます。

鎌田の理論化学の講義

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 理論化学 講義型参考書
目的 理論化学の基礎固め
分量 320ページ
鎌田の有機化学の講義

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 有機化学 問題集
目的 有機化学の基礎知識
分量 312ページ
福間の無機化学の講義

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 理論化学 講義型参考書
目的 理論化学の基礎固め
分量 275ページ
化学基礎・化学 基礎問題精講

       

出版社 旺文社
対象となる大学群 MARCH~中堅医大レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学の問題演習
分量 304ページ

センターレベルのルート

センター試験でのみ化学を受験する人・センター試験化学で高得点を狙う必要がある人は『リードLightノート化学』に取り組んだ後、センター試験の演習問題に繰り返し取り組みましょう。

オススメの参考書は『河合塾 マーク式総合問題集 化学』『Z会 センター試験実践模試 化学』『短期攻略 センター化学』です。センター試験は選択問題で出題され、出題パターンもある程度決まっているので出題問題の分析を行うとさらに高得点を狙うことができます。

河合塾 マーク式総合問題集 化学

       

出版社 河合出版
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学の問題演習
分量 予想問題5回分 センター試験2回分
Z会 センター試験実践模試 化学

       

出版社 Z会
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学問題演習
分量 252ページ
短期攻略 センター化学

       

出版社 駿台文庫
対象となる大学群 センターレベル
ジャンル センター対策問題集
目的 化学センター対策
分量 141ページ

早慶・東大レベルのルート

早慶・東大レベルの大学を目指す受験生は『リードLightノート化学』に取り組んだ後、さらにレベルの高い問題集に取り組む必要があります。オススメの参考書としては『化学レベル別問題集3 上級編』『化学 重要問題集 化学基礎・化学』『化学レベル別問題集4 難関編』『化学の新演習』です。これらの参考書は順に収録問題の難易度が上がっていくので、焦らず順に取り組むと良いでしょう。その後自分の志望大学の過去問に取り組み入試本番前の最終調整を行うようにしましょう。

化学レベル別問題集 3 上級編

       

出版社 ナガセ
対象となる大学群 MARCHレベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学問題演習
分量 288ページ
化学 重要問題集 化学基礎・化学

       

出版社 数研出版
対象となる大学群 MARCH、早慶レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学問題演習
分量 328ページ
化学レベル別問題集4 難関編

       

出版社 ナガセ
対象となる大学群 東大京大、早慶レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学難関大対策
分量 244ページ
化学の新演習

       

出版社 三省堂
対象となる大学群 国立医学部、東大京大レベル
ジャンル 化学問題集
目的 化学の問題演習
分量 194ページ

まとめ

『リードLightノート化学』は基礎〜応用レベルの問題を収録している便利な参考書です。問題の種類も豊富で、選択問題から記述問題をカバーすることができます。しっかり一通り化学を学んだ後、取り組むようにしましょう。こちらに記載した参考書ルートを活用して、志望大学の合格圏に近づくことができるように頑張ってください。

無料受験相談のご案内

武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

TOP