早稲田・東大の漢文突破をするなら『入試精選問題集 漢文』

早稲田・東大の漢文突破をするなら『入試精選問題集 漢文』
出版社名:河合出版

科目

国語 漢文

対象となる大学群

  • 東大 一覧
  • ,
  • 早慶 一覧
  • ジャンル

    漢文問題集

    目的

    漢文問題演習

    分量

    84ページ

    参考書対応大学

    早稲田や東大レベルを目指す受験生にとってできるだけ入試に近いレベルの問題に取り組むことは、合格をするためにとても重要なことです。そのため今回は『入試精選問題集 漢文』の特徴や使い方を紹介します。

    『入試精選問題集 漢文』の特徴

    『入試精選問題集 漢文』はハイレベルな問題が収録されている参考書です。問題数は多すぎず少なすぎない丁度いい問題数になっています。漢文でハイレベルな問題を扱っている参考書はあまりありませんので、ハイレベルな問題を解いてみたい方に『入試精選問題集 漢文』はとてもオススメです。

    しかしハイレベルな内容ですので、この参考書に取り組む前に基礎〜標準レベルの漢文の基礎的な知識をつけるようにしましょう。漢文で高得点を取りたい学生には過去問に取り組む前の最終調整として『入試精選問題集 漢文』を使用することをおすすめします。

    参考書の使い方

    解説をしっかりと読もう

    『入試精選問題集 漢文』は難易度の低い順に問題が収録されています。漢文の難問を解くために一つ一つ丁寧に仕上げるようにしましょう。また記述式の問題も数多く収録されています。そのため志望大学の出題に記述式の問題がある場合は『入試精選問題集 漢文』を使用するのがおすすめです。

    記述式の対策をする場合重要なのはまずは自力で解くことです。一度自分の回答を最後まで書くことで記述力を身につけることができますので諦めず行うようにしましょう。回答を終えた後は、解説をしっかりと読み、自分の記述と照らし合わせてください。

    記述式の問題は部分点などを得やすいので、解説を見てどのような回答が部分点といった得点になりやすいのか研究をしましょう。問題によりどのようなことを求められているのかが変わってくるので自分の回答で足りない部分を分析を行うことをお勧めします。

    志望大学の過去問に取り組もう

    『入試精選問題集 漢文』に取り組んだ後は自分の志望大学の過去問に取り組むことをお勧めします。『入試精選問題集 漢文』は非常に難易度の高い参考書ですが、志望大学に合格をするためにはやはり志望大学の過去問に取り組む必要があります。

    また、もし志望大学の中で漢文にあまり重点を置かない場合や時間が残されていない人は無理にこの参考書に取り組む必要はありません。入試で出題される問題がそれほど難易度が高くない場合はセンター試験の問題が解ければ、ある程度解けることがありますのでしっかりと自分の志望大学の過去問や傾向を分析するようにしましょう。

    『早稲田〜東大レベル』を狙う受験生に『入試精選問題集 漢文』がオススメの理由

    早稲田・東大レベルの大学の特徴を述べていきます。はじめに散文が多い東大の漢文ですが、数年に1度漢詩の問題が出されます。漢詩は難易度が少し高めなので『入試精選問題集 漢文』で漢詩の問題に取り組んでおくと難しい問題が出題された時にも学習した力を発揮することができます。

    次に早稲田の入試漢文では全体のレベルとしてさほど難しい訳ではありませんが、やや訳しにくい文が出題されやすいです。早稲田や東大を受験する方はセンター試験で古文・漢文で満点近く取ることをまず目標にしてみてください。『入試精選問題集 漢文』に取り組んでおけば東大や早稲田の入試でも苦労をせずに得点を取ることができるでしょう。注意点として基礎学習をしっかりと取り組んでから発展レベルの問題に取り組むことをお勧めします。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    『入試精選問題集 漢文』を使ってどのように合格圏に近づくことができるのか志望大学別に合格するための参考書ルートをまとめました。もし志望大学の参考書ルートがない場合は、志望大学の出題問題の傾向が近い大学の参考書ルートを参考にしてみてください。

    早稲田レベルのルート

    早稲田レベルの大学を志望する受験生は『入試精選問題集 漢文』に取り組むために基礎〜標準レベルの問題にに慣れておく必要があります。そのためにオススメの参考書は『漢文早覚え速答法』『ステップアップノート10漢文句形ドリルと演習』『マーク式基礎問題集 漢文』『センター試験過去問 本誌』『国公立標準問題集CanPass 古典』です。

    しかしこれらの参考書は基礎〜国公立標準問題のレベルになっているので過去問に取り組む前に『早稲田の国語』に取り組むようにしましょう。『早稲田の国語』は早稲田の入試に特化した参考書なのでこの参考書に取り組んでおけば過去問にも取り組みやすい力を身につけることができます。

    漢文早覚え速答法

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 漢文 講義系問題集
    目的 漢文対策
    分量 197ページ
    ステップアップノート10 漢文句形ドリルと演習

    出版社 河合出版
    ジャンル 漢文問題集
    目的 漢文問題演習
    分量 81ページ
    マーク式基礎問題集 古文

    出版社 河合塾
    ジャンル 古文マーク式問題集
    目的 古文のマーク式問題演習
    分量 147ページ
    国公立標準問題集CanPass 古典

           

    出版社 駿台文庫
    対象となる大学群 地方国公立
    ジャンル 古文・漢文問題集
    目的 国公立二次試験対策
    分量 127ページ
    早稲田の国語

           

    出版社 教学社
    対象となる大学群 早稲田大学
    ジャンル 国語過去問題集
    目的 早稲田大学の学部別対策
    分量 384ページ

    東大レベルのルート

    東大レベルの大学を志望する受験生はこの『入試精選問題集 漢文』に取り組むために、基礎〜標準学習を完了させておく必要があります。

    そのためにオススメな参考書は『田中雄二の漢文 早覚え速答法』『ステップアップ10漢文句形ドリルと演習』『マーク式基礎問題集 漢文』『センター試験過去問 本誌』『国公立標準問題集CanPass 古典』です。東大入試の漢文はそれほど難しくないので、目標としてはセンター試験の参考書では古文・漢文で満点を取れるようにしましょう。そして過去問の前に『得点奪取 漢文』『難関校過去問シリーズ』に取り組みましょう。

    入試精選問題集 古文

           

    出版社 河合出版
    対象となる大学群 早慶
    ジャンル 古文問題集
    目的 古文の問題演習
    分量 264ページ
    漢文早覚え速答法

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 漢文 講義系問題集
    目的 漢文対策
    分量 197ページ
    ステップアップノート10 漢文句形ドリルと演習

    出版社 河合出版
    ジャンル 漢文問題集
    目的 漢文問題演習
    分量 81ページ
    マーク式基礎問題集 古文

    出版社 河合塾
    ジャンル 古文マーク式問題集
    目的 古文のマーク式問題演習
    分量 147ページ
    得点奪取 古文

           

    出版社 河合出版
    対象となる大学群 難関国公立
    ジャンル 古文問題集
    目的 古文の記述対策
    分量 119ページ

    まとめ

    この『入試精選問題集 漢文』は早稲・東大レベルの入試をカバーすることができるほど難易度の高い参考書です。しかし漢文に対する重点をあまり置かない人・置かなくても良い人は無理に取り組む必要はありません。自分自身の実力と取り組むべきかどうかしっかりと分析をするようにしましょう。もし自分の志望大学が参考書ルートにない場合は、自分の志望大学の出題問題の傾向に似た参考書を選ぶようにしましょう。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP