中央大学 商学部

中央大学 商学部 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
1,2題目が英語の長文問題、3題目が会話文問題、4題目が英文法問題、5題目は整序問題、6題目は自由英作文問題となっています。長文2題とそれ以外の大問が4題ということで長文以外の部分の配点が大きい傾向にあります。文法や単語、英作文、会話といった知識面の強化を図って高得点を取りいってください。

対策
1,2題目の英語長文問題に関しては『やっておきたい英語長文500』でのレベルがしっかりできていれば後は過去問のやりこみで十分対応できるかと思います。大問3の英会話文問題はまず最初に過去問を解いて貰って、なかなか点が取れないようなら『英会話文問題のトレーニング』で会話文問題の訓練をするようにして下さい。大問4の文法に関しては『Next Stage』『POWER STAGE』などの文法の問題集をやっておけば十分対応できる範囲かと思われます。大問5の整序問題もそういった文法のやりこみでできるかと思いますが、苦手な場合は『整序問題200』といったような並び替え問題の対策問題集を使うようにして下さい。大問6の自由英作文に関しては『英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』の方で自由英作文の書き方を学ぶようにして下さい。テーマに関してはそこまで難しいテーマでは無いので問題の内容に即して日本語の段階から丁寧にどんな構成で書いていくかを考えながら文章を構成していって下さい。

国語

傾向
1、2題目が現代文。古文が3題目という形式で出題されています。現代文に関しては文章のレベルや設問共にMARCHの中でも標準的な内容になっています。変わった問題も出題されていないので武田塾の現代文の参考書ルートのMARCHレベルまでをしっかりやっておくようにしましょう。MARCHの中でも比較的に文章の量としては少なめで、単語や文法の知識を問うような問題が多く出題されています。

対策
『現代文読解力の開発講座』『入試現代文アクセス 発展編』『GMARCH・関関同立の現代文』といったようなレベルをしっかり仕上げて解答の根拠まで言えるようになっていれば十分対応できると思われます。
古文に関しては時間がなければ基礎レベルまで仕上げてそのまま過去問演習でもかまわないので、特に基礎に関しては重点的に対策をしていくようにして下さい。余裕があれば『有名私大古文演習』『首都圏難関私大古文演習』『GMARCH・関関同立の古文』といったところまで対策をしておくと高得点が狙えるかと思います。単語や文法でミスなく過去問を解けるようにしていって下さい。

文系数学

傾向
全て記述式の問題です。問題のレベルとしては典型的な問題が多く、問題を見た瞬間に回答の方針は立つようなレベルの問題です。注意点としては問題の答えに文字が絡められることが多く、計算が複雑になるような問題が多いです。なので受験生の方は計算力と文字が多く出てきても処理する力が重要になってきます。そのあたりの対策は過去問を中心にしながらやっていくようにして下さい。

対策
典型問題の解き方に関しては『基礎問題精講』『文系数学重要事項完全習得編』『文系数学実践力向上編』このあたりのマーチレベルの参考書を一通りやっておいて貰って、問題を見た瞬間に解き方が思いつくレベルになっておいて貰えればと思います。計算力に関しては計算のトレーニングをしながら日々練習を積んでいくようにして下さい。最終的には複雑な計算を60分間で4題しっかりやりきる力をつけていって貰えたらと思います。

日本史

傾向
マーク式の問題と記述式の問題がどちらも出題されています。全体的な傾向としては出来事の順番を問う問題が一部出題されているということが一点。プラス資料の問題が出題されているということがポイントになります。他にも条約の内容(地名など)を細かく覚えておかないと解けない問題があります。日本史の細部にわたって知識を蓄えておくことが重要になってきます。正誤問題も出題されており紛らわしい知識で引っかけてくることが多いので

対策
『日本史スピードマスター』や『日本史一問一答完全版』などで語句の暗記を正確にすること。出来事の順番を問う問題に関しては『元祖日本史年代暗記法』で覚えた用語を年号と結びつけて順番にどんな流れで起こったのかを整理しておくことが重要になります。資料問題に関しては『日本史資料問題一問一答』で対策を行うようにしましょう。最終的には『実力をつける日本史100題』に載っているような問題がしっかり解けるようであれば十分中央大学商学部の問題にも対応できるようになります。『実力をつける日本史100題』をしっかりやり込みましょう。正誤問題も出題されており紛らわしい知識で引っかけてくることが多いので『日本史B一問一答完全版』で覚えた知識を『石川の日本史実況中継』で文脈の中で覚え直すということを必ずやるようにして下さい。

世界史

傾向
正誤問題が多く出題されています。正誤問題に関しては他のMARCHの大学の問題に比べても正誤問題の文章が少し長めに作られています。世界史に関して細かな知識まで持っておかないとなかなか正しい選択肢を選べない問題になっています。

対策
『ツインズマスター世界史』や『ターゲット一問一答』を使って語句を正確に暗記していって下さい、同時に覚えた語句を文脈の中で覚え直すことが必要になってくるので『パノラマ世界史』といった講義系の参考書とあわせて使うようにしましょう。語句の暗記を終えた後に『センター試験への道』などでセンター試験の対策もしながら最終的には『オンリーワン世界史』のようなMARCHレベルの総合的な問題演習の参考書でじっくりと世界史の力を伸ばしていきましょう。『オンリーワン世界史』の解答解説の部分には重要なポイントについても書いてあるので解説の部分まで含めて仕上げていくようにしましょう。最終的には『ターゲット4000』などの一問一答のやりこみと『オンリーワン世界史』のアウトプット、その他『元祖世界史年代暗記法』で出来事を順番に整理することも重要になってきます。

地理

傾向
知識を問う大問と統計やデータが与えられてそれを見ながら処理をしていくという大問があります。

対策
センター試験の過去問やセンター試験の問題集を踏まえてデータ処理に関する問題を対策していくことが一つと知識に関する問題は講義系の参考書の読み込みや『実力をつける地理100題』などの問題集も解答解説部分までしっかり暗記しておくことで対策をしていって下さい。まずはセンター試験の点数が取れるように『センター試験の点数が面白いほど取れる本 地理』を講義系の参考書として用い、『センター試験超重要問題集』やセンター試験の過去問で演習を積むようにしましょう。ただそれだけではまだ中央大学商学部レベルに到達しないので『実力をつける地理100題』で細かな知識の暗記や知識が使えるかどうかのアウトプットを同時にしていって下さい。

政治経済

傾向
基本的には語句を3択か4択の中から選ぶ問題が多いです。科目の特性上難しい言葉を多く使うのが政治経済の特徴です。そういった難しい言葉の使い分けができているかというところを試すような問題が多く出題されていました。

対策
なので『畠山のズバッとわかる爽快講義』『畠山のズバッとわかる爽快問題集』で語句の暗記をしていくことになると思いますが、語句の暗記をする時にそれぞれの語句について違う部分であったり、語句の使い分けまでできるようにインプットをしてもらえたらを思います。さらに細かな数字に関する問題も出題されていました。最終的には『畠山の爽快講義』の細かな部分まで暗記をしてもらえたらと思います。数字にも着目して暗記をしていきましょう。
『畠山のズバッとわかる爽快問題集』の後に『私大攻略の政治経済』でマーチレベルの政治経済の知識をアウトプットしていくことをおすすめします。

中央大学 商学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP