重要なことのみ!『英文読解入門 基本はここだ!』で英文解釈対策

重要なことのみ!『英文読解入門 基本はここだ!』で英文解釈対策
出版社名:代々木ライブラリー

科目

英語

対象となる大学群

  • 東大 一覧
  • ,
  • 早慶 一覧
  • ,
  • MARCH 一覧
  • ,
  • 日東駒専 一覧
  • ,
  • 地方国公立 一覧
  • ジャンル

    英文解釈 講義系参考書

    目的

    英文解釈

    分量

    50題

    参考書対応大学

    英語の受験対策で避けられないのが英文読解・英文解釈の対策です。でも一体どの参考書を勉強すれば十分な解釈能力が身につくのかわからない方も多いかと思います。

    特に和訳に自信がない人、英語の長文がうまく読み取ることに苦手意識がある方には英語解釈の基本が身につく『英文読解入門 基本はここだ!』の参考書をおすすめします!

    今回はそんな『英文読解入門 基本はここだ!』を特徴、使い方、大学傾向分析、参考書ルートの項目からご紹介します!

    時間短縮して英文解釈の基礎を身につけられる

    『英文読解入門 基本はここだ!』には50例題とその和訳、ポイントとなる文法解説が載っています。そして『英文読解入門 基本はここだ!』は他と比べると比較的薄い参考書であり、短期間で終わらせることができます。

    英語の文法理解に不安がある方でも、掲載されている例題は文法的な難易度順に並んでいるため読み進めやすい構成となっています。ただし、図解やイラストはほかの参考書に比べると少ないので、解説テキストをしっかり読んで理解するようにしましょう。

    1文ずつしっかり理解すれば時間短縮して英文解釈の基礎をしっかり身につけられます。

    解説を理解することで英文解釈の考え方が身につけられる

    解説をしっかり理解すれば必ず英文解釈の考え方が身につきます。

    『英文読解入門 基本はここだ!』はほかの参考書と比べるとSVOCの構成解説、図解やイラストが少ない分解説テキストが充実しています。論理的に説明されているので理解に時間がかかるかもしれませんが、読み飛ばさずしっかり理解すれば入試問題を解くのに必要な文法知識、そして英文解釈の考え方が身につきます。

    図解やイラスト、SOVCの構成等、全体を見たほうが理解しやすい方もいると思いますが『英文読解入門 基本はここだ!』は自然な和訳にするための考え方を身につけ、構文読解の難易度を下げる基礎です。まずは英文解釈の考え方を身につけ、そこからSOVC等の構成把握に取り組んだほうが良いでしょう。

    解説をしっかり理解して英文解釈の考え方を身につけましょう。

    まず自分で英文を訳し自分の和訳に対して根拠と説明ができるようにする

    自分で英文を訳す際、漠然と日本語の意味を読み取ったり単語の意味から文脈を推測して訳してもそれではただの直訳になってしまいます。なぜその和訳になるのか自分なりの根拠を説明できるようにし、答えと見比べて解説を見ましょう。

    自分の理解が曖昧なところや、構文の把握で勘違いがあった箇所などが分かり、どういう理屈で正解が導き出されているか理解することができます。一度答えを確認し、理解したものは定期的なスパンで復習して改めて正しい和訳が作れるかどうか確認しておくとさらに英文解釈の考え方が身につきます。

    自分の和訳に対して根拠と説明ができるようにし、正しい和訳ができるようにしましょう。

    構文の考え方を把握し読解の難易度を下げよう

    『英文読解入門 基本はここだ!』はSVOCなど文法に関する説明は必要最小限にとどめられています。SVOCの理解は自分に考える力を鍛えるため自分なりのSVOCの関係を考えて訳しましょう。それを自然な和訳にするための考え方について解説を理解し、身につけましょう。

    SVOCの構造把握もしたい方は『入門英文解釈の技術70』ならすべての文章にSVOCがふってあります。しかし全体の構文を自然に和訳する考え方を先に憶えたほうが効率がよいので、先に『英文読解入門 基本はここだ!』を一通りできるようになってからがおすすめです。

    構文の考え方を把握し読解の難易度を下げてから他の参考書に進もう

    大学傾向分析

    日東駒専を狙う方に『英文読解入門 基本はここだ!』がオススメ

    日東駒専で問われることは大学受験の基礎的な部分が多い傾向にあります。『英文読解入門基本はここだ!』を通して短い英文を和訳し、英文を正しく和訳にする考え方を身につけましょう。

    この参考書に掲載されている英文を正しい和訳にする考え方が身につけば、日東駒専やセンター試験、GMARCHの簡単な学部なら十分に対応できる英文解釈力が身につきます。日東駒専を狙う方は『英文読解入門 基本はここだ!』を使って英文解釈の考え方を身につけましょう。

    参考書ルート一覧

    大学別の参考書ルート一覧

    日東駒専、センター試験レベルのルート

    日東駒専、センター試験レベルの大学を志望する受験生は『英文読解入門 基本はここだ!』を使って英文解釈の考え方を身につけましょう。

    うまく勉強が進められない方は基本的な英単語が出来ていないかもしれないので『システム英単語basic』や『システム英単語』を使い、先に基礎的な英単語をマスターしましょう。

    英文読解入門 基本はここだ!

    出版社 代々木ライブラリー
    対象となる大学群 日東駒専~GMARCHの簡単な学部レベル
    ジャンル 英文解釈 講義系参考書
    目的 英文解釈
    分量 50題
    入門英文解釈の技術70

    出版社 桐原書店
    対象となる大学群 早慶、東大
    ジャンル 英文解釈解説書
    目的 英文和訳対策
    分量 197ページ
    70テーマ+演習問題70
    目標期間 3週間程度

    GMARCH、地方国公立レベルのルート

    GMARCH、地方国公立レベルの大学を志望する受験生は『英文読解入門 基本はここだ!』で英文解釈の考え方を身につけ、『入門 英文解釈の技術70』で英文解釈、英文読解能力をマスターしましょう。その順番で進めていくことによって英語の構文を読み取る力が身につきます。

    どちらも英単語、熟語を一通りマスターしてから取り組むべきなので、曖昧な方は『システム英単語basic』や『システム英単語』を取り組みましょう。

    英文読解入門 基本はここだ!

    出版社 代々木ライブラリー
    対象となる大学群 日東駒専~GMARCHの簡単な学部レベル
    ジャンル 英文解釈 講義系参考書
    目的 英文解釈
    分量 50題
    入門英文解釈の技術70

    出版社 桐原書店
    対象となる大学群 早慶、東大
    ジャンル 英文解釈解説書
    目的 英文和訳対策
    分量 197ページ
    70テーマ+演習問題70
    目標期間 3週間程度

    東大、早慶、難関国公立レベルのルート

    東大、早慶、難関国公立レベルの大学を志望する受験生は『英文読解入門 基本はここだ!』、『入門 英文解釈の技術70』を終えてから『ポレポレ英文読解プロセス50』に取り組みましょう。初めて見る難しい英語の長文を読み解く方法など東大、早慶、難関国公立レベルの入試で役に立つ勉強法が載っており読解力を万全にできます。

    英単語、熟語も東大、早慶、難関国公立レベルに見合った実力を求められるので『システム英単語』や『話題別英単語 リンガメタリカ』に取り組みマスターしておきましょう。

    入門英文解釈の技術70

    出版社 桐原書店
    対象となる大学群 早慶、東大
    ジャンル 英文解釈解説書
    目的 英文和訳対策
    分量 197ページ
    70テーマ+演習問題70
    目標期間 3週間程度
    ポレポレ英文読解プロセス50

    出版社 桐原書店
    対象となる大学群 早慶、東大
    ジャンル 英文解釈解説書
    目的 英文和訳対策
    分量 197ページ
    70テーマ+演習問題70
    目標期間 3週間程度

    まとめ

    今回紹介した『英文読解入門 基本はここだ!』は和訳に自信がない人、英語の長文がうまく読み取れない人におすすめです。ボリュームも少なく、時間をかけずに英文解釈の考え方と基礎が身につきます。

    英単語を一通り仕上げたうえで長文読解を含む過去問演習に移る前の1冊として学習すると、直訳から自然な和訳が導き出せるようになるので英語の長文読解と和訳の問題を得点源にすることができます。

    少し紹介した『入門英文解釈の技術70』も使うことでSVOCの理解も上がり両方を復習していけば、大学入試で出題される英文の解釈に困ることはなくなるでしょう。是非取り組んでみてください。

    サブコンテンツ

    TOP