弘前大学

弘前大学 学部/倍率/偏差値/センター利用

学部 倍率 偏差値 センター利用
人文社会科学部 2.2倍 47.5 なし
教育学部 1.9倍 45.0~52.5 なし
医学部 3.4倍 50.0~67.5 なし
理工学部 1.8倍 42.5~52.5 なし
農学生命科学部 2.2倍 47.5~52.5 なし

弘前大学 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
大問1が長文問題、大問2が弘前大学独特のパズル問題、大問3が英語の長文問題、大問4が会話文問題、大問5が自由英作文問題という構成になっています。弘前大学独特のパズル問題が出題されているので、過去問をチェックして対策するようにしましょう。英語長文問題に関しては和訳問題や日本語で説明させる問題が多いです。なので記述力を鍛えていくことが一番の対策になってきます。会話文問題や自由英作文問題は分野別に対策をしていきましょう。

対策
英語長文問題に関しては『国公立標準問題集CanPass英語 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。英会話文問題が苦手という方は『英会話問題のトレーニング』という会話文問題専用の参考書に取り組みましょう。自由英作文問題に関しては『大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編』で英作文の書き方と英作文の使える表現を学び、『英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』で実際に答案を書くトレーニングを行っていきましょう。最後は過去問演習の中で弘前大学の過去問の傾向に合わせて身に付けた知識や解法がアウトプットできるよう演習していきましょう。

国語

傾向
大問1が現代文、大問2が古文、大問3が漢文からの出題となっています。どの問題も記述・論述問題が中心の出題となっています。ただ、他の国公立大学と比較すると知識を問う問題やマーク式の問題も多く出題されています。例えば文章中の空欄に接続詞を補って入れる問題なども出題されています。どちらかというと私立大学の傾向に近い問題も出題されているので、記述問題にもマーク式問題にも対応できる現代文の総合力をつけることが重要です。

対策
『田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式』『入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)』などで現代文の基礎固めを行い、最終的には『現代文読解力の開発講座 (駿台受験シリーズ)』や『国公立標準問題集CanPass現代文 (駿台受験シリーズ)』に取り組むようにして下さい。CanPass現代文は記述問題が多く載っているので記述の良い対策になると思います。古文・漢文に関しては古典文法や古文単語、漢文の句法、漢字について理解しているかを試す問題が出題されています。古文・漢文も基礎を徹底的に固めた後、『国公立標準問題集CanPass古典 (駿台受験シリーズ)』に取り掛かるようにして下さい。現代文、古典共にCanPassのレベルが仕上がってくれば十分合格点が狙える問題となっているので、最後は過去問演習の中で記述で説明できるように練習をしていって下さい。

文系数学

傾向
弘前大学の文系数学は他の国公立大学と比較するとやや易しめの問題となっています。ただ、計算が難しくなっている部分があるので計算練習をしておきましょう。簡単な問題が中心の出題なので問題を見た瞬間にある程度解答の方針が立つようになるレベルまで対策を進めましょう。

対策
『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』でしっかりと基礎を固めましょう。これらの参考書が完璧に仕上がったら『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』に移りましょう。CanPassのレベルが十分解けるならば弘前大学の入試でも合格点が狙えるかと思います。計算が難しい部分があるのでできれば
『合格る計算 数学I・A・II・B (シグマベスト)』といった計算用の問題集にも着手しておいてもらえるといいかと思います。最後は過去問演習の中で今まで身に付けた解き方がしっかりアウトプットできるかどうかを丁寧に確認していって下さい。

理系数学

傾向
教育学部の理系や理工学部などの学科を志望する方が受験する問題と理工学部数物科数学選択の方の問題の2種類に分かれているという形式になっています。ここでは多くの方が受験するであろう前者の方が受ける問題について解説しようと思います。ここの問題は数Ⅲの出題割合が非常に高いです。3題中2題が数Ⅲからの出題になっているのでセンターの対策が仕上がれば、後は数Ⅲの対策をメインで行って行くことをオススメします。

対策
『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』『数学Ⅲ 基礎問題精講』で基礎固めを行い、センターである程度点数が取れるようになったら数Ⅲの範囲を優先して固めていくようにして下さい。『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』『国公立標準問題集CanPass数学3 (駿台受験シリーズ)』を使って国公立対策をしていきましょう。国公立の問題の中では比較的標準レベルのオーソドックスな数学の問題となっているので対策をすればある程度点数が取れるようになってくるかと思います。理工学部数物科選択の場合は数Ⅲの割合が高いのは同様ですが記述力・論述力を試すような問題が多く出題されています。こういったところもCanPass数学で記述まで丁寧にかけているかをチェックしていけば対応できるかと思います。最後は過去問演習の中で今まで身に付けた解き方がしっかりアウトプットできるようになっているかを試していって下さい。

物理

傾向
大問1が力学、大問2が波動、大問3が力学・電磁気、大問4が原子の分野から出題されています。どの分野から出題されてもおかしくない試験になっているので、満遍なく全分野を仕上げておくことが重要です。問題のレベルは他の国公立大学と比べるとやや易しめのレベルになります。どちらかと言うと典型的な問題が出題される傾向にあるので参考書の問題が一通り解けるようになっていれば十分合格点が狙える試験となっています。

対策
『物理のエッセンス』で基礎固めを行い、『良問の風』で典型的な問題の対策をしていきましょう。『良問の風』が仕上がったら後は国公立の傾向に合わせて『国公立標準問題集 CanPass物理基礎+物理 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。『良問の風』や『国公立標準問題集 CanPass物理基礎+物理 (駿台受験シリーズ)』が完璧に仕上がった状態だと弘前大学の物理でも十分合格点が狙えるかと思います。最後は過去問演習の中で今まで身に付けた物理の解き方が使えるかどうかを確認していって下さい。足りない部分があれば『物理のエッセンス』や『良問の風』に戻って復習をしていきましょう。

化学

傾向
弘前大学の化学は非常に問題数が多いです。それぞれの問題の傾向としては他の国公立大学と比較するとやや基礎的な問題が多い傾向にあるので、如何にスピーディーにさばけるかどうかが弘前大学の化学で高得点が取れるかどうかのポイントになってきます。

対策
『リードLightノート化学基礎』『リードLightノート化学』に取り組んで下さい。弘前大学の場合は化学の基礎的な用語や基礎的な計算問題をマスターしているかどうかということが非常に重要な試験になってきます。『リードLightノート化学基礎』『リードLightノート化学』の2冊を徹底的に仕上げて基礎事項でもれがない状態にしておいて下さい。リードLightノートで基礎を固めた後は『国公立標準問題集CanPass化学基礎+化学 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。CanPassまで仕上げれば弘前大学の化学で十分合格点が狙えるかと思います。特に弘前大学の場合重要になってくるのがリードLightノートの完成度なので、基礎段階を徹底的に仕上げるようにしましょう。最後は過去問演習の中で多い問題数をスムーズに処理できるように訓練していって下さい。

生物

傾向
弘前大学の問題の傾向としては基礎知識を問う問題が非常に多いことが挙げられます。弘前大学では知識を問う問題が多く出題されています。なので、基礎知識で取りこぼしがなく高得点が狙えるように準備しておきましょう。また、論述問題も出題されており60字、80字、120字論述といったかなり長めの論述問題も出題されているので論述の練習も徹底的に行うようにして下さい。

対策
『生物基礎の必修整理ノート 新課程版 (要点を書き込むだけで覚える)』『生物の必修整理ノート 新課程版 (要点を書き込むだけで覚える)』を使って生物の基礎的な用語を暗記していって下さい。必修整理ノートの語句が固まった後は『生物基本徹底48』で基礎固めをして、最後は『国公立標準問題集CanPass生物基礎+生物(駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。CanPass生物に載っている記述問題を丁寧に仕上げ、記述力をつけていくようにしましょう。最後は過去問演習の中で弘前大学の傾向に合わせて問題演習をしていきましょう。

弘前大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP