法政大学 キャリアデザイン学部

法政大学 キャリアデザイン学部 試験の出題傾向/対策

英語

英語は、全て長文問題。他大に比べて、法学部は長文の中での知識問題がよく出題されるので、スムーズに処理する。単語、熟語、文法で基礎知識を身につけ、英文解釈で一文を正確に読めるようにしてもらった後、日大レベルの長文→MARCHレベルの長文というレベルごとの長文を繰り返す。最終的には『やっておきたい英語長文500』を読めるようになれば、十分対応できる。『やっておきたい英語長文500』のやり込み、過去問のやり込み、長文で出る知識問題の処理していくことを意識して対策をする。

国語

英語は、全て長文問題。他大に比べて、法学部は長文の中での知識問題がよく出題されるので、スムーズに処理する。単語、熟語、文法で基礎知識を身につけ、英文解釈で一文を正確に読めるようにしてもらった後、日大レベルの長文→MARCHレベルの長文というレベルごとの長文を繰り返す。最終的には『やっておきたい英語長文500』を読めるようになれば、十分対応できる。『やっておきたい英語長文500』のやり込み、過去問のやり込み、長文で出る知識問題の処理していくことを意識して対策をする。

文系数学

数学は、典型的な問題が出題されるが、多くの受験生が苦手とする問題が出題される。なので、全分野苦手なく、解答できるような状態で入試に臨んでほしい。『基礎問題精講』『文系数学重要事項完全習得編』『文系数学実践力向上編』といった参考書を解く。参考書にある解き方と、過去問の解き方は基本的には一致するので、まずは典型的な問題の解き方を、習得できるようにする。それができる状態になったら、過去問演習に入っていく。

日本史

日本史は、大問ごとにあるテーマをもって問われる傾向にある。政治や外交のみならず、社会や文化、数字、史料まで知識を覚えていくということが重要。『日本史スピードマスター』『日本史一問一答完全版』で日本史の基礎知識の暗記を行い、『センター試験の道』『元祖日本史年代暗記法』『実力をつける日本史100題』で違った角度から、日本史のアウトプットを行っていく。『日本史史料一問一答』で史料問題に対応できるようにする。『金谷のなぜと流れがわかる本』『石川の日本史B実況中継』といった講義系の参考書で、細かな部分まで理解できるようにする。過去問のやり込みも重要なので、『実力をつける日本史 100題』を仕上げたら、過去問に移ろう。

世界史

世界史は、一問一答、空所補充、正誤問題、出来事の順番を整理させる問題が出たりと総合力を問われるオーソドックスな傾向である。『ツインズマスター』で基礎を固め、『ターゲット4000』で抜けてる語句を追加し、『オンリーワン世界史』で世界史の総合力のアウトプットを行っていく。『元祖世界史年代暗記法』で出来事の順番を整理して覚えることもいい対策だと思われる。最後は過去問演習で、自分に足りない知識を詰めていこう。

地理

地理は、かなりデータや表、グラフを推理しながら解いていく訓練が必要。また、記述問題が出題されているので、対策が必要。統計やデータは、講義系の参考書『センター試験の地理の点数がおもしろいほどとれる本』にあるデータをインプットしてしまうことも意識して勉強する。『センター試験超重要問題集』で演習をするときも、データや統計を推理しながら、国名を当てたり、データを当てたり意識する。最終的には、『実力をつける地理 100題』を仕上げるようにする。データ処理、統計処理がどれだけできるかが合否のポイントなので、過去問を通して、慣れていくことが必要。地図帳や統計データに日頃から目を通そう。

政治経済

政治経済は、正誤問題の出題のされ方がいやらしく、消去法が使えないので、いかに正しい知識を備えているかが問われる。『畠山のスパッとわかる爽快講義』『畠山のスパッとわかる爽快問題集』の2冊を重点的に勉強する。特に『畠山のスパッとわかる爽快講義』は、細かい知識まであるので、よく読んで正誤問題でも惑わされない盤石な知識をつける。『畠山のスパッとわかる爽快問題集』は、インプット用に使い、最終的には『私大攻略の政治経済』の問題集を繰り返し行い、過去問でも正誤問題の対策を行い、自分の知識が通用するかどうかを検証していく。

法政大学 キャリアデザイン学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP