法政大学 文学部

法政大学 文学部 試験の出題傾向/対策

英語

英語は、全て長文問題。会話問題や文法問題といった知識系の問題が一切出ない。長文の読解力がいかに仕上げられているかがポイント。内容だけでなく、長文の中で文法を問われるので、そこは注意。初めは単語、熟語、文法で基礎固めをし、解釈をして一文一文がしっかり読めるようにしよう。基礎固めが終わったら、日大レベルの文章を読み、『毎年出る頻出英語長文』『やっておきたい英語長文500』でMARCHレベルの長文も読めるようにする。最後に過去問で最終演習に入っていく。

国語

現代文の問題は、要約問題が問われる。『現代文読解力の開発講座』で、筆者の主張をまとめる訓練を行う。『入試現代文へのアクセス 発展編』『GMARCH関関同立の現代文』を使って、現代文の内容合致問題の対策をする。古文の内容を説明させる記述問題が出ている。『有名私大古文演習』『首都圏難関私大古文演習』『GMARCH関関同立の古文』で文章の内容を汲み取る訓練をしよう。文法や古典知識も出るので、おさえておこう。漢文は、返り点を打つ問題が出題。難問は出題されず、基礎知識があれば全く問題はない。

文系数学

数学は、思考力が問われるような問題が多い。思考力を鍛えるためにまずは、典型的な解法をしっかりと学び、応用力をつけていく。問題文のどこかに注目して、問題を解く方針を立てられるようにする。『基礎問題精講』で基礎力をしっかり固め、『文系数学重要事項完全収録編』『文系数学実践力向上編』で法政大学のレベルの実践力を向上させていく。最後に、過去問対策を行い、計算ミスを減らしたり、思考力を試すことをしてもらいたい。

日本史

日本史は、特徴が2つある。家系図に人物名を当てはめる問題と、論述問題が出題される。『スピードマスター』『日本史B 一問一答完全版』で知識の暗記をしていき、『センター試験の道』『元祖日本史年代暗記法』で正誤問題、年代の知識を身につける。最終的には、『実力をつける日本史 100題』で完成度を高める。この参考書の中にある、記述問題もしっかり解くようにする。記述問題が不安な人は、論述の参考書を追加する。

世界史

世界史は、各国、各地域の歴史が問われた。世界史を勉強するにあたって、年代ごとの勉強が一般的だが、法政の世界史では、タテの歴史(各地域、各国の歴史)を整理して勉強していくことが非常に重要。『パノラマ世界史』『ツインズマスター』『ターゲット4000』で知識の基礎を固め、『元祖世界史年代暗記法』で世界史の年代暗記をする。世界史の出来事を年代別に整理しながら覚えることを意識し、タテの歴史を暗記する。最終的にはMARCHの総合演習問題集の『オンリーワン世界史』でタテの歴史がしっかり身についているかを確認していく。

地理

地理は、知識を問う問題と、図表などを元に考える思考問題がバランスよく出題される。知識面での対策と、データや図表を読み解くという訓練が必要。知識の対策は、かなり細かな部分まで問われるので、随時地図帳や教科書は隅々まで読もう。『実力をつける地理 100題』の解説ページまで読み込み、細かな暗記をする。データ問題は、統計データなどを見ながら、知ってるデータを増やすことと、データ読み取りのテクニックを『実力をつける地理 100題』『センター試験 超重要問題集』で対策をする。基礎と細かな知識を、常に意識して、統計データや地図帳の読み込みも行っていくこと。

政治経済

政治経済は、正誤問題の出題が多いのが特徴。なので、正確な知識を持つことが重要。政治経済は知識を問われる問題が多いが、法政はデータや資料の読み取り問題が多く出題されるので、知識だけでなく、データから推理できる力が必要になってくる。『畠山のスパッとわかる爽快講義』『畠山のスパッとわかる爽快問題集』を軸の参考書として使い、知識を固めた後は『私大攻略の政治経済』で問題を解いて、実践力を磨いていく。最終的には、過去問を解き、正誤問題などにしっかりと対応できるか確認する。

法政大学 文学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP