法政大学 理工学部

法政大学 理工学部 試験の出題傾向/対策

英語

英語は、長文問題の割合が高く、長文が合否を決める。長文の出題テーマは限られており、科学系の文章がよく出題される。『リンガメタリカ』で科学系の長文について読み慣れる。レベル的には、『やっておきた英語長文 500』レベルの長文を読めるようにする。実際の問題は500ワード以上なので、過去問で対策をしておく。会話問題も易しめだが、対策をしたい人は『英会話文問題の第2章』をやっておく。

理系数学

数学は、センター試験形式のマーク問題。誘導に乗って解き進めていくこと。なので、センター過去問をやり込むことも重要。『文系数学重要事項完全習得編』『スバラシクよくわかると評判の合格!数学』までの参考書は仕上げる。余裕があれば『理系数学入試の核心』まで身につけると、高得点が期待できる。典型的な問題が多く、難易度自体はそこまで高くない。『基礎問題精講』→『文系数学重要事項完全習得編』『スバラシクよくわかると評判の合格!数学』→『理系数学入試の核心』という流れで、参考書を進めていく。解答では誘導に乗ることが大事なので、過去問演習の時間も確保する。時間がなければ、『理系数学入試の核心』より過去問を優先すること。

物理

物理は、様々な分野から出題されているが、年度によっては特定の分野に少し偏りが出ることがある。『良問の風』レベルまで仕上げておけば、解き方や知識的な部分で困ることはあまりない。しかし、実際の問題は設定が複雑になっていたり、文字で答えさせる問題があるので、過去問演習でしっかり対策する。解答も記述式なので、記述対策も忘れずに、とにかく『良問の風』レベルの問題に対応できるようにする。

化学

化学は、理論化学がよく出題される傾向にある。重点的に勉強したい。『リードLightノート』で化学の基礎的な計算や、基本問題まで解けるようにし、最終的には『化学基礎問題精講』を仕上げる。『化学基礎問題精講』は、問題に答えられるだけでなく、解答解説の重要ポイントまで抑えて、応用が利くようにする。計算の練習も別途やると、より良い。試験時間内で4題を解き切ることは難しいので、過去問演習を通して対策をする。

法政大学 理工学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP