日本史の基礎の基礎を学ぶなら『教科書よりやさしい日本史』

日本史の基礎の基礎を学ぶなら『教科書よりやさしい日本史』
出版社名:旺文社

『教科書よりやさしい日本史』は日本史初心者や苦手意識を持っている受験生にオススメな参考書です。MARCHや東大レベルの対策にも使用することができます。今回は『教科書よりやさしい日本史』の使い方と特徴を紹介します。

『教科書よりやさしい日本史』の特徴

『教科書よりやさしい日本史』はこれから受験に向けて日本史を学び始める人から中学時代から日本史に苦手意識を持っている受験生にオススメの参考書です。多くの日本史の教科書ではイラストや写真に親近感を持つことができず苦手意識を持ってしまう方もいるでしょう。しかしこの『教科書よりやさしい日本史』は人気漫画NARUTOキャラクターのデザインを担当されている西尾哲也さんがイラストを手がけていることでも有名で、活字だけの参考書が苦手な受験生はとても取り組みやすい参考書となっています。

また解説もわかりやすく重要ポイントがまとめてあるので効率よく日本史の学習を進めることができます。参考書の細部にもイラストを使った解説をしてくれているので活字のみの参考書が苦手な方はこの参考書に取り組んでみてください。

参考書の使い方

まずは基礎事項をこの参考書で学ぼう

『教科書よりやさしい日本史』は細かいところまでわかりやすいイラストで紹介・解説をしてくれています。さらに『教科書より優しい日本史』は漫画形式で、キャラクター同士の対話により話が進むようになっているので学習に取り組みやすいのも特徴となっています。

また『教科書よりやさしい日本史』は日本史で重要な出来事と歴史の流れが丁寧に解説されているので、日本史の学習で重要となる歴史全体の流れがおさえやすいです。『教科書より優しい日本史』を繰り返し取り組むことで日本史の骨組みを捉え、細かいところまで学習するようにしましょう。

別冊を使い学習効率を上げよう

『教科書よりやさしい日本史』は初学者向けの取り組みやすい参考書ですが、演習問題の量は他の問題集等で補完する必要があります。『教科書よりやさしい日本史』には別冊で『教科書よりやさしい日本史 ノート』が販売されています。さらに日本史の知識をアウトプットし確実な知識にしたい場合はこの『教科書よりやさしい日本史 ノート』に取り組むようにしましょう。

このノートは書き込み式のノートになっていますのでいつでも復習が行えるようになります。『教科書よりやさしい日本史』と『教科書よりやさしい日本史 ノート』を併用して学習をすることで学習率を向上させましょう。

さらにレベルの高い参考書にも取り組もう

『教科書よりやさしい日本史』では基礎事項を学ぶことができますが、この参考書だけではセンター試験や入試に挑むことができる知識を全て補うことができません。そのためこの参考書に取り組んだ後は少し難易度の高い参考書に取り組むことをお勧めします。オススメのものは講義系の参考書もしくは一問一答形式の参考書です。

『日東駒専〜東大レベル』を狙う受験生に『教科書よりやさしい日本史』がオススメの理由

『教科書よりやさしい日本史』は基礎事項をわかりやすく漫画のように学ぶことができる参考書です。そのため初めて日本史を学び始める人や日東駒専〜東大レベルを目指す全ての受験生にオススメです。基礎事項を学ぶことでその後の入試学習に生かすことができますので効率よく学ぶことができます。

漫画のように日本史を学ぶことができる参考書なので電車の中での移動時間や机に座って勉強をすることに気が進まない時に学びながら気分転換をすることができます。また歴史の学習で必要な視覚的な学習もこのわかりやすいイラストで視覚的に学ぶことができるので、問題を解いていて回答の根拠が曖昧になってしまった時に視覚的な記憶で根拠づけることができるようになるので何度も何度もイラストを見るようにしましょう。

参考書ルート一覧

大学別合格点突破レベルのルート

では実際にこの『教科書よりやさしい日本史』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介します。各大学ごとに参考書ルートをまとめましたので参考にしてみてください。自分の志望大学がない場合は志望大学の入試問題の傾向とレベルをしっかりと比較して参考にしてみてください。

MARCH・関関同立レベルのルート

MARCH・関関同立レベルの大学を志望する受験生はできるだけ早い段階で『教科書よりやさしい日本史』に取り組みましょう。その後足りない知識を補うために分野ごとに学習を行いましょう。そのために役立つ参考書は『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』シリーズです。どれも分野ごとに別れており集中して学ぶことができます。

もし日本史の流れに自信が持てない場合や流れがよくわからない場合は『石川 日本史B 講義の実況中継』シリーズに取り組み流れを整理するようにしましょう。そしてその後過去問に取り組むようにしましょう。

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

       

出版社 ナガセ
対象となる大学群 地方国公立、日大レベル
ジャンル 日本史 講義系参考書
目的 日本史の基礎理解
分量 272ページ
石川 日本史B 講義の実況中継

       

出版社 語学春秋社
対象となる大学群 MARCH、早慶レベル
ジャンル 日本史 講義系参考書
目的 日本史の知識理解
分量 全4冊(362ページ、387ページ、437ページ、364ページ)

日大・センターレベルのルート

日東駒専・センターレベルの大学を志望する受験生は『教科書よりやさしい日本史』で基礎事項を学習した後『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』シリーズに取り組み日本史の流れを掴むようにしましょう。そうすることでわからない知識を1つずつ埋めていくことができますし、『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』を間に挟むことで吸収した知識を1つの流れにして学ぶことができるので効率をあげることができます。

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

       

出版社 ナガセ
対象となる大学群 地方国公立、日大レベル
ジャンル 日本史 講義系参考書
目的 日本史の基礎理解
分量 272ページ

早慶レベルのルート

早慶レベルの大学を志望する受験生は『教科書よりやさしい日本史』にできるだけ早いタイミングに取り組み必要事項を学習するようにしましょう。その後『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』に取り組み歴史の流れを一通り学び各分野の足りない知識を補いましょう。

その後過去問に取り組む前に志望大学の試験に記述問題がある場合『詳説 日本史』に取り組み、ない場合は『石川 日本史B 講義の実況中継1』シリーズに取り組むようにしましょう。またこの参考書で知識の最終調整を行い過去問や入試で実力が発揮できるようにしましょう。

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

       

出版社 ナガセ
対象となる大学群 地方国公立、日大レベル
ジャンル 日本史 講義系参考書
目的 日本史の基礎理解
分量 272ページ
詳説 日本史

出版社 山川出版社
ジャンル 日本史教科書
目的 2次試験対策
分量 多い
石川 日本史B 講義の実況中継

       

出版社 語学春秋社
対象となる大学群 MARCH、早慶レベル
ジャンル 日本史 講義系参考書
目的 日本史の知識理解
分量 全4冊(362ページ、387ページ、437ページ、364ページ)

地方国公立レベルのルート

地方国立大レベルの大学を志望する受験生はこの『教科書よりやさしい日本史』に取り組んだ後『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』に取り組み歴史の流れを把握するようにしましょう。歴史の学習は一通り全体の流れをしっかりと学んだ後に細部を覚えていくほうが効率がかなり上がりますのでしっかりと取り組むようにしてください。

その後過去問に取り組む前に知識の整理を最終的に行うために『詳説 日本史』に取り組むようにしましょう。

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

       

出版社 ナガセ
対象となる大学群 地方国公立、日大レベル
ジャンル 日本史 講義系参考書
目的 日本史の基礎理解
分量 272ページ
詳説 日本史

出版社 山川出版社
ジャンル 日本史教科書
目的 2次試験対策
分量 多い

東大レベルのルート

東大レベルの大学を志望する受験生はできるだけ早い段階で『教科書よりやさしい日本史』に取り組むようにしましょう。この参考書で必要な基礎事項を学習し、『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』で歴史の流れを一通り把握するようにしましょう。

『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』に再度取り組みの各分野の足りない知識を補うことも重要です。そして過去問に取り組む前に知識の最終調整を行うために『詳説 日本史』『詳説 日本史研究』に取り組むようにしてください。東大を目指す人は細かな知識も要求されますので最後まで諦めないようにしましょう。

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

       

出版社 ナガセ
対象となる大学群 地方国公立、日大レベル
ジャンル 日本史 講義系参考書
目的 日本史の基礎理解
分量 272ページ
詳説 日本史

出版社 山川出版社
ジャンル 日本史教科書
目的 2次試験対策
分量 多い
詳説 日本史研究

出版社 山川出版社

まとめ

『教科書よりやさしい日本史』は初めて日本史を学習し始める人から日東駒専〜東大レベルの大学を目指す全ての人にオススメの参考書です。基礎学習はどの科目でも必須のことなので諦めずしっかりと取り組むようにしましょう。そうすることで少し難易度の高い参考書や問題が出題された時も対応することができる力を身につけられますので頑張ってください。

無料受験相談のご案内

武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

TOP