MARCH・早慶レベルの日本史を学ぶなら『石川 日本史B 講義の実況中継』

MARCH・早慶レベルの日本史を学ぶなら『石川 日本史B 講義の実況中継』
出版社名:語学春秋社

科目

日本史

対象となる大学群

  • 早慶 一覧
  • ,
  • MARCH 一覧
  • ジャンル

    日本史 講義系参考書

    目的

    日本史の知識理解

    分量

    全4冊(362ページ、387ページ、437ページ、364ページ)

    参考書対応大学

    MARCH・早慶レベルの難関私大の対策が行える『石川 日本史B 講義の実況中継』。日本史の細かなポイントまで抑えられているので、この1冊があれば日本史の細部まで身につけることができます。今回は『石川 日本史B 講義の実況中継』の特徴と使い方を紹介します。

    『石川 日本史B 講義の実況中継』の特徴

    『石川 日本史B 講義の実況中継』は実際に河合塾で授業をされている先生が作成した教科書なので、実際に授業を受けている感覚で参考書を読むことができます。この参考書自体はどのレベルの大学を志望している人でも取り組むことができる参考書です。

    しかし基礎〜発展レベルの内容を扱っている参考書なので中堅レベルの大学を志望する受験生がこの参考書に取り組むと、どのレベルの知識が志望大学で求められているのかわからなくなってしまい学習効率が悪くなってしまいます。そのためMARCH・早慶など難関大学を目指す受験生であれば『石川 日本史B 講義の実況中継』に出てくる用語やポイントを全て抑えることで入試に挑戦する力を身につけることができるでしょう。

    参考書の使い方

    『石川 日本史B 講義の実況中継』の前に別の講義系参考書に取り組もう

    『石川 日本史B 講義の実況中継』は講義系参考書の中でも収録されている内容のレベルが高い参考書になっています。そのためいきなりこの参考書に取り組むと難しくて最後まで取り組むのが大変です。この参考書は全部で4冊ありますので4冊全てに万遍なく取り組むことができるような知識を得てから挑戦することをおすすめします。

    『石川 日本史B 講義の実況中継』よりも難易度が低く、基礎的な学習を行うことができるオススメの講義系参考書としては『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 原始・古代史』です。この参考書はかなりわかりやすく解説をしてくれているので日本史を初めて学ぶ人にもおすすめの参考書になっています。日本史の縦の流れを学習してから横の流れを学習し、さらに発展した講義系参考書にも取り組みましょう。

    付属の「講義ノート」を活用して学習効率を上げよう

    『石川 日本史B 講義の実況中継』の最後のページにこの参考書専用の「講義ノート」というのが付いています。穴あき問題になっており取り組んだ内容の復習をその場で行うことができるように薄く・軽いノートです。講義の内容を復習するためにはおすすめの参考書ですが実際に出題される問題とは違う形式なので、この「講義ノート」だけを使っていては入試に生かすことができません。そのため『石川 日本史B 講義の実況中継』とは別で記述や一問一答式の問題集に取り組むことをおすすめします。

    日本史の効率の良い学習方法として、講義系の参考書で必要な知識をインプット、その後実際にその知識を活かして問題にアウトプット、この2つが重要になります。この学習方法をしっかりと行えば記述や選択問題の入試でも点数を上げる確率が上がりますのでぜひ取り組んでみてください。

    『MARCH・早慶レベル』を狙う受験生に『石川 日本史B 講義の実況中継』がオススメの理由

    MARCHの一般入試では記述式ではなく選択問題で問題が出題される傾向があり、かなりレベルが高いです。そのため『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 原始・古代史』などの参考書だけではカバーしきれない内容が出てきてしまいます。『石川 日本史B 講義の実況中継』を使って発展レベルの知識を補うようにしましょう。

    また早慶レベルの入試では記述式の問題が出題される学科があります。記述しなくてはいけない問題のレベルの高いのでこの参考書を使って出題問題の傾向を研究し、求められている回答に導くことができるようにしましょう。

    しかし注意点として『石川 日本史B 講義の実況中継』は講義形式ですが参考書に取り組みやすいように口語的な表現がされています。記述式の問題では口語表現は使用することができないので、実際に問題に取り組む際は注意をしましょう。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際にこの『石川 日本史B 講義の実況中継』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか大学ごとに参考書ルートをまとめました。もし自分の志望大学がない場合は、志望大学の入試傾向と難易度を比較して自分の志望大学と似た大学の参考書ルートを参考にしてみてください。

    MARCHレベルのルート

    MARCHレベルの大学を志望する受験生は、まず『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本シリーズ』の原始・古代史、中世・近世史、近現代史、文化史に取り組みましょう。この参考書は基礎〜標準レベルの内容をカバーすることができます。難しい参考書に取り組むためには基礎の土台がしっかりしていないと、内容を理解することができないのでしっかりと全ての時代を『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本シリーズ』で一度学習をすることをオススメします。

    その後『石川 日本史B 講義の実況中継』に取り組み、さらに発展レベルの知識を得てから過去問に取り組みましょう。

    金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

           

    出版社 ナガセ
    対象となる大学群 地方国公立、日大レベル
    ジャンル 日本史 講義系参考書
    目的 日本史の基礎理解
    分量 272ページ

    早慶レベルのルート

    早慶レベルの大学を目指す受験生はまず『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本シリーズ』で原始・古代史 中世・近世史 近現代史 文化史 全ての時代を一通り学習してください。そして早慶レベルを目指す受験生で記述式の問題がない人は『石川 日本史B 講義の実況中継 1-4』に取り組み、記述問題がある人は『詳説 日本史』に取り組み記述式問題に取り組むための表現方法を学びましょう。

    その後自分の志望大学の過去問に取り組み、学校や予備校の先生に添削してもらうと良いでしょう。

    金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

           

    出版社 ナガセ
    対象となる大学群 地方国公立、日大レベル
    ジャンル 日本史 講義系参考書
    目的 日本史の基礎理解
    分量 272ページ
    詳説 日本史

    出版社 山川出版社
    ジャンル 日本史教科書
    目的 2次試験対策
    分量 多い

    まとめ

    今回紹介した『石川 日本史B 講義の実況中継』は難易度の高い参考書ですが、MARCH・早慶レベルの大学を志望する受験生は必ず取り組んでほしい参考書です。入試で出題される問題が多いので、入試に対応することができる『石川 日本史B 講義の実況中継』で全体の流れを再確認しましょう。そして志望大学の合格圏に近づくために参考書ルートを参考にして学習に取り組んでみてください。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP