日本史の流れを掴むなら『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 原始・古代史』

日本史の流れを掴むなら『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 原始・古代史』
出版社名:ナガセ

日本史を学び始めた人、日本史の知識を深めたい人にとって『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 原始・古代史』シリーズはとてもおすすめな参考書です。今回はこの参考書の使い方とこの参考書ポイントを紹介します。

『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 原始・古代史』の特徴

『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 原始・古代史』は日本史の学習が始めての人でもわかりやすいように、入試で出題される出来事をわかりやすい基礎用語で説明をしてくれます。『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 原始・古代史』は講義系参考書なので教科書のような参考書と比べて取り組みやすいです。

またこの参考書で出来事の前後関係をしっかりと学ぶことができ日本史の知識をより深めることも可能。そうすることで途中で日本史の学習に挫折をする可能性が減ります。日本史の効率的な学習方法は、はじめに全体の流れを把握する必要があります。そのため、『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』で全体の流れを掴み、細かな知識などを他の参考書で補っていくように進めていきましょう。

参考書の使い方

登場人物の情報をしっかりと読もう

日本史の学習では人物と出来事の流れを結びつけて覚えることが大切です。入試では誰が・いつ・どこで・何をしたのか正誤問題で問われることがあります。『金谷の「なぜ」と「流れ」がわかる本』は日本史で重要な出来事と人物がセットで覚えることができるようになっています。『金谷のわかる本』で人物と出来事を関連づけて正誤問題での正答率をあげましょう。

もし学校で資料集が配られている人は資料集と共に学習を進めるとさらに効率を上げることができます。

過去問に取り組もう

『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 シリーズ』は講義系の参考書なので知識を身につけるインプットに適しています。しかし身に付けた知識を問題に活かすアウトプットには適していません。そのため上記にも記した通り一問一答や、自分の知識を試すことができる問題集で知識を整理しましょう。

その後自分の志望大学の入試に向けて過去問に取り組むことをお勧めします。『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本シリーズ』は過去問に移っても使える参考書ですので、知識が定着するまで何度も繰り返し取り組みましょう。

『センター〜東大レベル』を狙う受験生に『金谷の日本史「なぜ」がわかる本』がオススメの理由

今回紹介する『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本シリーズ 』は日本史初学者〜上級者でも活用することができる参考書です。『金谷のわかる本』に記載されている内容は実際に入試で出題されるような基礎事項〜標準レベルの内容に加えて、難関大学を目指す受験生のために難易度の高い内容も収録されています。

実際の入試では選択問題で出題されることが大半です。『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本シリーズ』を使って登場人物と出来事のつながりを意識すれば、選択問題でも正解率をグンと上げることができます。特にセンター試験のようなすべての問題が選択式問題の場合は、出来事と人物の正誤生後問題が出題される傾向があるのでおすすめです。東大や早慶など記述式の問題が出題される大学を志望する人は記述式で使うことができるような文章をこの参考書で覚えていきましょう。

参考書ルート一覧

大学別合格点突破レベルのルート

『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本シリーズ』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介をします。もし自分の志望大学がない場合は、志望大学の出題傾向をしっかりと分析した上で似ている問題傾向の大学の参考書ルートを参考にしてください。また自分の実力に合った参考書を選択をするようにしましょう。入試傾向を分析で効率よく学習を進めることができるようになります。

MARCH・関関同立レベルのルート

『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』シリーズの原始・古代史 中世・近世史 近現代史 文化史で日本史全体の骨組みを理解しましょう。その後さらに詳しい知識を学ぶために『 石川 日本史B 講義の実況中継』に取り組んでください。

そして日本史の全範囲学習をし終え、問題集に一通り取り組んだ後自分の志望大学の過去問に取り組むことをおすすめします。そうすることで効率よく志望大学への合格率を上げることができるので、ぜひ丁寧に取り組んでみてください。

石川 日本史B 講義の実況中継

       

出版社 語学春秋社
対象となる大学群 MARCH、早慶レベル
ジャンル 日本史 講義系参考書
目的 日本史の知識理解
分量 全4冊(362ページ、387ページ、437ページ、364ページ)

日大・センターレベルのルート

日東駒専・センター試験で日本史の力が必要な受験生は、『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 』シリーズの原始・古代史 中世・近世史 近現代史 文化史に取り組むようにしましょう。この参考書で基本的な知識〜標準までの学習を完了させることができます。

しかし志望大学の過去問に取り組むためには学習した知識を活用しアウトプットをする必要があるので、一問一答などの問題集に取り組むことをおすすめします。そして知識の整理が完了した後は、志望大学の過去問に取り組み、知識の最終調整を行うようにしましょう。

早慶レベルのルート

早慶レベルの大学を志望する受験生は、『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』の 原始・古代史 中世・近世史 近現代史 文化史 に取り組みすべての分野を一通り学習をしましょう。一度だけでは全てを覚えること難しいので何度も繰り返し取り組むことをお勧めします。

その後志望大学で記述式の問題が出題されない人は『石川 日本史B 講義の実況中継 1-4 』を繰り返し取り組むことをお勧めします。もし記述式の問題が出題される場合は『詳説 日本史』に取り組みましょう。自分の志望大学の過去問に取り組むまえに問題集を一通り完了させておくと良いでしょう。

石川 日本史B 講義の実況中継

       

出版社 語学春秋社
対象となる大学群 MARCH、早慶レベル
ジャンル 日本史 講義系参考書
目的 日本史の知識理解
分量 全4冊(362ページ、387ページ、437ページ、364ページ)
詳説 日本史

出版社 山川出版社
ジャンル 日本史教科書
目的 2次試験対策
分量 多い

地方国公立レベルのルート

地方国公立のレベルの大学を目指す受験生は、『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 』の原始・古代史 中世・近世史 近現代史 文化史に取り組みましょう。『金谷のわかる本』で学んだ日本史の骨組みに肉付けするイメージで細かい知識を増やすために『詳説 日本史』に取り組みましょう。

その後、インプットした知識を演習問題を通して知識を整えるようにしましょう。最後に自分の志望大学の過去問に取り組むまえに問題集を一通り取り組んでおくことをおすすめします。

詳説 日本史

出版社 山川出版社
ジャンル 日本史教科書
目的 2次試験対策
分量 多い

東大レベルのルート

東大レベルの大学を目指す受験生はできるだけ早い段階で基礎〜標準レベルの学習を終了させましょう。おすすめの参考書は今回紹介する『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 』の原始・古代史 中世・近世史 近現代史 文化史です。

そしてさらに知識を増やすために『 詳説 日本史 』『詳説 日本史研究』に取り組みましょう。そして志望大学の過去問に取り組むまえに自分が学習した知識を生かしアウトプットをしましょう。アウトプットをするために問題集1冊に取り組むことをお勧めします。ポイントは数多く中途半端に問題集に取り組まないことです。そしてその後志望大学の過去問に取り組みましょう。

詳説 日本史

出版社 山川出版社
ジャンル 日本史教科書
目的 2次試験対策
分量 多い
詳説 日本史研究

出版社 山川出版社

まとめ

今回紹介する『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』はどのレベルの大学を目指す受験生にも取り組んでいただきたい参考書です。分野ごとに分かれたとてもわかりやすい日本史の参考書なので是非取り組んでみてください。また合格圏に近づくために参考書ルートも参考にしてみると効率よく学習を進めることができるようになります。

無料受験相談のご案内

武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

TOP