日本史の復習を行える『教科書よりやさしい日本史 ノート』

日本史の復習を行える『教科書よりやさしい日本史 ノート』
出版社名:旺文社

科目

日本史

対象となる大学群

ジャンル

日本史参考書

目的

日本史の通史理解

分量

255ページ

初めて日本史を学び始める人や日本史に苦手意識を持っている人にとって、受験勉強で日本史を勉強することは苦になるでしょう。今回は『教科書よりやさしい日本史』という教科書と併用して使うことができる『教科書よりやさしい日本史ノート』を紹介します。

『教科書よりやさしい日本史 ノート』の特徴

『教科書よりやさしい日本史 ノート』はこれから受験に向けて日本史を学び始める人から中学時代から日本史に苦手意識を持っている受験生にオススメの参考書です。多くの日本史の教科書では講義系で日本史の流れを把握するのみの作りになっていますが、『教科書よりやさしい日本史 ノート』は講義系の参考書と自分の知識を整理するために活用することができる参考書の両方を担っています。

多くの日本史の教科書ではイラストや写真に親近感を持つことができず苦手意識を強めてしまうことがあります。しかしこの参考書では人気漫画NARUTOキャラクターのデザインを担当されている西尾哲也さんが手がけているのでとても親近感を持て苦手意識を払拭できるでしょう。また簡単にわかりやすく重要ポイントをまとめているので効率よく日本史の学習を進めることが可能です。

参考書の使い方

『教科書よりやさしい日本史』の後に『教科書よりやさしい日本史ノート』を使用しよう

この『教科書よりやさしい日本史 ノート』の講義版『教科書よりやさしい日本史』は細かいところまでわかりやすいイラストで紹介・解説をしてくれています。『教科書よりやさしい日本史』は漫画形式で、キキャラクター同士の対話により話が進むようにになっているので本当に漫画を読んでいる気持ちで学習に取り組むことができます。

歴史の学習で特に重要などのような出来事が後の出来事に繋がっているのか、どのような影響を与えていたのか歴史の流れをしっかりと解説してくれるので有意義な学習を進めることができるでしょう。その後『教科書よりやさしい日本史 ノート』に取り組むことで学習した知識を整理することができます。短期記憶ではなく入試に必要な長期記憶に結びつけることができるのでぜひ2つの参考書を併用し使いこなしてみてください。

コピーをして使用するのがおすすめ

『教科書よりやさしい日本史 ノート』は学習した内容を整理するために生かすことができる参考書です。しかし1度復習をするためだけにしようしてしまうと、時間を空けた後に再び復習することができなくなってしまいます。使用するときは本誌に書き込んでしまうと再び書き込みづらくなるのでコピーをとって取り組むことをお勧めします。

レベルの高い参考書にも取り組もう

『教科書よりやさしい日本史 ノート』は基礎事項を復習することができますが、この参考書だけではセンター試験や入試に挑むことができる知識を全て補うことができません。そのためこの参考書に取り組んだ後は少し難易度の高い参考書に取り組むことをお勧めします。オススメの参考書は講義系の参考書もしくは一問一答形式の参考書です。

『センター〜東大レベル』を狙う受験生に『教科書よりやさしい日本史 ノート』がオススメの理由

『教科書よりやさしい日本史 ノート』は基礎事項をわかりやすく復習することができる参考書です。そのため初めて日本史を学び始める人や日東駒専〜東大レベルを目指す全ての受験生にオススメです。基礎事項を学ぶことでその後の入試学習に生かすことができるので効率よく学ぶことができます。

また歴史の学習で必要な視覚的な学習もこのわかりやすいイラストで視覚的に学ぶことができるので、問題を解いていて回答の根拠が曖昧になってしまった時に視覚的な記憶で根拠づけることができるようになるので何度も何度も繰り返し取り組むようにしましょう。

参考書ルート一覧

大学別合格点突破レベルのルート

では実際にこの『教科書よりやさしい日本史 ノート』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介します。各大学ごとに参考書ルートをまとめましたので参考にしてみてください。自分の志望大学がない場合は志望大学の入試問題の傾向とレベルをしっかりと比較して、出題問題の傾向とレベルが似た大学のルートを参考にしてみてください。

MARCH・関関同立・早慶・地方国公立・東大レベルのルート

MARCH・関関同立・早慶・地方国公立・東大レベルの大学を志望する受験生は『教科書よりやさしい日本史』に取り組んだ後、復習として『教科書よりやさしい日本史 ノート』に取り組みましょう。そしてその後レベルを上げるために『センター試験への道 日本史』『センター試験過去問 本誌』に取り組み過去に出題された問題がどのように出題されているのかしっかりと把握するようにしましょう。

その後自分の志望大学の入試に向けた学習のために『スピードマスター日本史問題集』『実力をつける日本史100題』に取り組むようにしましょう。『実力をつける日本史100題』はかなりレベルの高い問題が参考書なので自分の志望大学の必要に応じて取り組むようにしましょう。

教科書よりやさしい日本史

出版社 旺文社
ジャンル 日本史参考書
目的 日本史の通史理解
分量 255ページ
センター試験への道 日本史

       

出版社 山川出版
対象となる大学群 センターレベル
ジャンル 日本史問題集
目的 日本史のセンターレベル演習
分量 189ページ
スピードマスター日本史問題集

出版社 山川出版社
ジャンル 穴埋め形式問題
目的 日本史 基礎知識整理
分量 30テーマ
実力をつける日本史100題

       

出版社 Z会
対象となる大学群 MARCH、早慶レベル
ジャンル 日本史問題集
目的 日本史問題演習
分量 464ページ

日大レベルのルート

日東駒専レベルの大学を志望する受験生は『教科書よりやさしい日本史』に取り組んだ後、復習として『教科書よりやさしい日本史 ノート』に取り組みましょう。その後問題数をこなすために『スピードマスター日本史問題集』『センター試験への道 日本史』に取り組みましょう。この参考書でセンター試験でどのような問題が出題されるのかしっかりと学習してください。

数多くの問題に取り組み復習を行うことで出題傾向やどのように問題に取り組めば良いのかわかりますのでしっかりと取り組むようにしましょう。そして最後に『センター試験過去問 本誌』へ取り組み過去問に備えて調整を行いましょう。

教科書よりやさしい日本史

出版社 旺文社
ジャンル 日本史参考書
目的 日本史の通史理解
分量 255ページ
センター試験への道 日本史

       

出版社 山川出版
対象となる大学群 センターレベル
ジャンル 日本史問題集
目的 日本史のセンターレベル演習
分量 189ページ
スピードマスター日本史問題集

出版社 山川出版社
ジャンル 穴埋め形式問題
目的 日本史 基礎知識整理
分量 30テーマ

センターレベルのルート

センター試験でのみ日本史が必要な受験生は『教科書よりやさしい日本史』に取り組んだ後、復習として『教科書よりやさしい日本史 ノート』に取り組みましょう。センター試験ではどれだけ多くの問題に取り組むかで点数の上がりが変わってきますのでできるだけ多くの問題に取り組みましょう。

オススメの参考書としては『スピードマスター日本史問題集』『センター試験への道 日本史』『センター試験過去問 本誌』『河合塾 マーク式総合問題集 日本史』『Z会 センター試験実践模試 日本史』『完全masterセンター試験 日本史B 実践問題集』『完全masterセンター試験 日本史B 視覚資料・史料問題集』に取り組むことで入試に備えた学習を行うことができます。

教科書よりやさしい日本史

出版社 旺文社
ジャンル 日本史参考書
目的 日本史の通史理解
分量 255ページ
センター試験への道 日本史

       

出版社 山川出版
対象となる大学群 センターレベル
ジャンル 日本史問題集
目的 日本史のセンターレベル演習
分量 189ページ
スピードマスター日本史問題集

出版社 山川出版社
ジャンル 穴埋め形式問題
目的 日本史 基礎知識整理
分量 30テーマ
河合塾 マーク式総合問題集 日本史

出版社 河合出版
ジャンル 日本史問題集
目的 日本史 問題演習
Z会 センター試験実践模試 日本史

       

出版社 Z会
対象となる大学群 センターレベル
ジャンル 日本史演習問題集
目的 日本史のセンターレベル演習
完全masterセンター試験 日本史B 実践問題集

出版社 清水書院
ジャンル 日本史問題集
目的 日本史のセンターレベル演習
完全masterセンター試験 日本史B 視覚資料・史料問題集

出版社 清水書院
ジャンル 日本史問題集
目的 日本史のセンターレベル演習

まとめ

『教科書よりやさしい日本史 ノート』は初めて日本史を学習し始める人から日東駒専〜東大レベルの大学を目指す全ての人にオススメの参考書です。基礎学習はどの科目でも必須のことなので諦めずしっかり復習をしましょう。そうすることで少し難易度の高い参考書や問題が出題された時も対応することができる力を身につけられますので頑張ってください。

無料受験相談のご案内

武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

TOP