現代文基礎学習を行うなら『入試現代文へのアクセス基本編』

現代文基礎学習を行うなら『入試現代文へのアクセス基本編』
出版社名:河合出版

科目

国語 現代文

対象となる大学群

  • 東大 一覧
  • ,
  • 早慶 一覧
  • ,
  • MARCH 一覧
  • ,
  • 日東駒専 一覧
  • ,
  • 関関同立 一覧
  • ,
  • 産近甲龍 一覧
  • ,
  • 地方国公立 一覧
  • ,
  • 大東亜帝国 一覧
  • ジャンル

    現代文問題集

    目的

    現代文の読解演習

    分量

    16題 190ページ

    参考書対応大学

    現代文の学習をし始めた人や現代文が苦手だと思う人にオススメの参考書『入試現代文へのアクセス基本編』はとにかく基礎問題に特化した参考書になっています。本記事では、『入試現代文へのアクセス基本編』の使い方や特徴を紹介しています。現代文の解き方が分からない学生は読んでみてください。

    入試現代文へのアクセス基本編の特徴

    『入試現代文へのアクセス基本編』は国語の偏差値が40前後の受験生や初めて国語現代文の学習を始める人にも取り組みやすく、かなり基礎的で易しい問題が収録されていることが挙げられます。基礎レベルでもセンター試験や入試で利用できるような選択式の問題になっています。

    また現代文は決まったパターンで出題されるジャンルや形式が決まっているので、『入試現代文へのアクセス基本編』で問題形式に難しい問題を解き続けてはどこに注目をして読めば良いかわからないと思います。そこでこの参考書に取り組めば、易しい問題で”どこに注目をすれば良いのか”問題を解く練習をすることができるでしょう。

    参考書の使い方

    学習し始めに取り組むべき参考書

    『入試現代文へのアクセス基本編』は基礎的な問題に取り組むことができる参考書です。そのため「国語・現代文の学習を始めたけど、どの参考書に手を出せばいいかわからない」という方は、最初に『入試現代文へのアクセス基本編』を取り組むことをおすすめします。

    何度も繰り返し解くことでパターンを理解することができます。1周して次の参考書に行くのではなく2〜3周取り組むようにしましょう。1周目正解だった問題も、曖昧のまま答え合わせをして正解であれば実力が付いているとは言えません。そのため2〜3周問題に取り組み根拠を持って正解に導くことができれば力がついている証拠になりますので、そこに到達するまでなんども繰り返し取り組みましょう。

    さらに難しい問題に取り組もう

    『入試現代文へのアクセス基本編』はセンター試験向けの参考書の中でも比較的簡単な参考書になります。

    そのためセンター試験で高得点を目指す受験生や一般入試で国語の現代文を受ける受験生はこの『入試現代文へのアクセス基本編』に加えてさらに難易度の高い参考書に取り組むことをお勧めします。難しい問題に取り組むことで、難しい問題が出題されても落ち着いて文章を読む力を身につけることが可能です。

    オススメの参考書は『Z会センター試験 実践模試 国語』や『ステップアップ10漢文句形ドリルと演習』です。『Z会センター試験 実践模試 国語』ではセンター試験のレベルに近い難易度の問題に取り組むことができますし、『ステップアップ10漢文句形ドリルと演習』では漢字問題で凡ミスをしないように力をつけることができのでしっかりと覚えていきましょう。

    大学傾向分析

    センター〜東大レベル』を狙う受験生に『入試現代文へのアクセス基本編』がオススメの理由

    『入試現代文へのアクセス基本編』は初めて国語現代文の学習を始めた人や国語が苦手な人でも取り組むことができるほど基礎的なレベルの参考書になっています。

    しかしセンター試験から日東駒専・MARCH・早慶・東大レベルの全ての大学で選択問題が出題される傾向があります。どれだけレベルの高い発展問題でも基礎的な学習をしっかりと行っておかなければ正解に導くことができません。そのため全ての受験生にこの参考書へ取り組むことをお勧めします。

    早慶や東大レベルの一般入試・二次試験で出題される国語現代文はかなり難易度が高く、センター試験で8割程度取れないと高得点が取れないです。そのため基礎から着実に学習を進め、確実に一般入試・二次試験で高得点が取れるようにこの参考書で練習をしましょう。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では、実際に『入試現代文へのアクセス基本編』に取り組んだ後、どのような参考書に取り組めば良いのか大学ごとに参考書ルートをまとめました。もし自分の志望大学がない場合は出題問題の傾向が似た大学のルートを参考にしてみてください。その場合しっかりと出題問題の分析を行うようにしましょう。

    日大・産近甲龍レベルのルート

    日大・産近甲龍レベルの大学を志望する受験生は『入試現代文へのアクセス基本編』に取り組んだ後、さらに基礎〜標準レベルの問題で正解率をあげる学習をしましょう。そのためにオススメの参考書としては『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』です。

    『決める!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』は基礎と標準レベルの問題が収録されており『センター試験過去問 本誌』は実際に出題された問題のレベルの学習ができます。そして、志望大学の過去問に取り組む前に『日東駒専&産近甲龍の現代文』で志望大学の過去問と似た入試の過去問に取り組みましょう。

    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ

    地方国公立レベルのルート

    『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』へ取り組みましょう。その後、過去問に向けた学習を行うために『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』『国公立標準問題集 CanPass 現代文』へ取り組むことをお勧めします。

    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    現代文読解力の開発講座

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文読解・要約演習
    分量 173ページ
    国公立標準問題集 CanPass 現代文

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文記述問題集
    目的 現代文記述対策
    分量 127ページ

    MARCH・関関同立レベルのルート

    MARCH・関関同立レベルの大学を志望する受験生は『入試現代文へのアクセス基本編』のあと『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』でセンター試験レベルの問題が解けるように学習をします。その後、標準〜発展レベルの問題に慣れるために『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』『入試現代文へのアクセス 発展編』に取り組みましょう。

    最後に、志望大学の過去問に取り組む直前に『GMARCH&関関同立の現代文』を取り組みましょう。

    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    現代文読解力の開発講座

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文読解・要約演習
    分量 173ページ
    入試現代文へのアクセス 発展編

    出版社 河合塾
    対象となる大学群 MARCH、関関同立
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 176ページ
    GMARCH&関関同立の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 GMARCH、関関同立
    ジャンル 過去問集
    目的 過去問演習
    分量 140ページ

    早稲田レベルのルート

    早稲田レベルの大学を志望する受験生は『入試現代文へのアクセス基本編』に取り組んだ後『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』に取り組みましょう。

    その後、着実に自分の実力を伸ばすために『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』『入試現代文へのアクセス 発展編』『GMARCH&関関同立の現代文』『現代文と格闘する』『早稲田の国語』に取り組むと過去問に取り組んだ時に手こずる可能性を抑えることができます。

    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    現代文読解力の開発講座

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文読解・要約演習
    分量 173ページ
    入試現代文へのアクセス 発展編

    出版社 河合塾
    対象となる大学群 MARCH、関関同立
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 176ページ
    GMARCH&関関同立の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 GMARCH、関関同立
    ジャンル 過去問集
    目的 過去問演習
    分量 140ページ
    現代文と格闘する

    出版社 河合出版
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解力強化
    分量 342ページ
    早稲田の国語

    出版社 教学社
    対象となる大学群 早稲田大学
    ジャンル 国語過去問題集
    目的 早稲田大学の学部別対策
    分量 384ページ

    東大レベルのルート

    東大レベルの大学を志望する受験生は『入試現代文へのアクセス基本編』に取り組んだ後『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』でセンターレベルの問題が解けるようにしましょう。東大の現代文は難しいのでセンター試験で8割取れるようにしておくと良いです。

    その後『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』『国公立標準問題集 CanPass 現代文』『得点奪取 現代文』『難関校過去問シリーズ』を順に取り組みましょう。その後志望大学の過去問に取り組んでください。

    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    現代文読解力の開発講座

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文読解・要約演習
    分量 173ページ
    国公立標準問題集 CanPass 現代文

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文記述問題集
    目的 現代文記述対策
    分量 127ページ
    得点奪取 現代文

    出版社 河合出版
    対象となる大学群 難関国公立大学
    ジャンル 現代文記述問題集
    目的 現代文記述対策
    分量 197ページ
    難関校過去問シリーズ

    出版社 教学社
    対象となる大学群 難関大学
    ジャンル 過去問集
    目的 過去問演習
    分量 27年分

    センターレベルのルート

    センターレベルで国語現代文を受験する人は『入試現代文へのアクセス基本編』に取り組んだ後『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』『河合塾 マーク式総合問題集 国語』『Z会 センター試験 実践模試 国語』に取り組みましょう。

    センターレベルの参考書では基礎〜標準レベルの現代文の問題を解くことができます。センター試験の問題は策略も大切ですが、多くの問題に取り組んでいることも大切なので1問ずつ丁寧に取り組むようにしましょう。

    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    河合塾 マーク式総合問題集 国語

    出版社 河合出版
    ジャンル 国語問題集
    目的 国語問題演習
    分量 河合塾マーク模試5年分 センター2年分
    Z会 センター試験 実践模試 国語

    出版社 Z会
    ジャンル 国語問題集
    目的 問題演習
    分量 472ページ

    まとめ

    『入試現代文へのアクセス基本編』は初心者から国語現代文が苦手な受験生にオススメな参考書です。志望大学が難関大学である人も基礎学習をしっかりと行う必要があるのでぜひ取り組んでください。また志望大学の合格圏に近づくために大学群ごとにまとめた参考書ルートも参考にして、自分の実力を伸ばすことができるように少しずつステップアップしていきましょう。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP