記述問題の得点を上げるなら『現代文読解力の開発講座』

記述問題の得点を上げるなら『現代文読解力の開発講座』
出版社名:駿台文庫

科目

国語 現代文

対象となる大学群

  • 東大 一覧
  • ,
  • 早慶 一覧
  • ,
  • MARCH 一覧
  • ,
  • 関関同立 一覧
  • ,
  • 地方国公立 一覧
  • ,
  • 大東亜帝国 一覧
  • ジャンル

    現代文問題集

    目的

    現代文読解・要約演習

    分量

    10題 173ページ

    参考書対応大学

    標準より少し難しい問題で現代文の読解・内容要約の練習を行いたい人にオススメの参考書は『現代文読解力の開発講座』です。本記事では、『現代文読解力の開発講座』の使い方や特徴を紹介しています。難しすぎず易し過ぎない参考書の問題で入試で活用できる力を身につけましょう。

    現代文読解力の開発講座の特徴

    『現代文読解力の開発講座』は早稲田や東大、明治のような難関大学などで出題されるレベルの問題を収録した参考書です。問題のレベルが高いので難関大学を目指す人や国語現代文で高得点を取る必要がある人は取り組みましょう。

    また『現代文読解力の開発講座』は現代文の選択式読解問題の対策だけでなく出題問題の要約の練習に使用することができる参考書です。選択問題や記述式の問題に取り組むためには問題文を正確に理解しなければいけません。『現代文読解力の開発講座』を使用して文章を正確に読み解く読解力を身に付けるようにしましょう。また正確な読解力を身につけておけば小論文や論述の問題の対策になるのでおすすめです。

    参考書の使い方

    解答と別解をしっかりと読もう

    『現代文読解力の開発講座』は小論文や要約問題の練習を行うことができる参考書です。難易度の高い大学を目指すとなると解答通りの記述をするのは難しいです。

    さらに記述式の問題が苦手な人にとっては更に難しいと思います。『現代文読解力の開発講座』を通じて出来るだけ解答通りの記述が行える様に、記述で必要なテクニックや問題で求められているポイントをどのように発見すれば良いのか判断する力を身につけましょう。

    まずは一度問題を自力で取り組み解説を見てみてください。ただ見るだけでなく自分の回答に必要な要素が含まれているかしっかりと見比べる様にしましょう。一言一句解答と一致を目指すのではなく、抜けている要素がないか確認することが重要です。

    同じ問題に3周取り組もう

    小論文や要約問題などの記述式の問題で得点を上げるためには、数多くの問題を何度も取り組む必要があります。自分の回答のどの部分が適切でなかったのか分析を行うことができますし、別の問題でさらに良い回答をすることができるようになります。

    同じ問題に何度も取り組むといっても、解答を暗記する訳ではありませんので注意してください。丸暗記をするのではなくなぜこの回答になるのか、なぜこの記述が必要なのかしっかりと考えながら2〜3周取り組むようにしましょう。そうすることで問題の要点を分析し、問題に取り組む力を身につけることができます。少々めんどくさいと感じてしまうかもしれませんが、何度も繰り返し行うことで志望大学の入試にも活かすことができる力を身につけることができますので頑張ってみてください。

    『早稲田・東大レベル』を狙う受験生に『現代文読解力の開発講座』がオススメの理由

    早稲田や東大レベルの一般入試・二次試験では選択問題に加え、記述問題が出題されることがあります。特に東大レベルの二次試験ではセンターで8割取れるようにしておかなければならないレベルでの記述問題なのでしっかりと対策を取らなければいけません。東大レベルの問題に取り組むためにはこの『現代文読解力の開発講座』で難しい問題に取り組む練習をしましょう。

    早稲田レベルの入試でも難易度の高い現代文の問題が出題されます。学科によって入試形式は違いますが、ほとんどが選択問題の入試形式で一部の学科のみ記述式の問題が出題されます。この参考書はどのような入試傾向でもカバーすることができる参考書です。ぜひ取り組んでみてください。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際にこの『現代文読解力の開発講座』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介をします。志望大学ごとに参考書ルートをまとめましたので確認をしてみてください。もし自分の志望大学がない場合は自分の志望大学の出題傾向が似ている大学の、参考書ルートを参考にしてください。

    早稲田レベルのルート

    早稲田レベルの大学を志望する受験生は『現代文読解力の開発講座』に取り組むために基礎〜標準レベルの問題に取り組むことができる力をつけておく必要があります。そのためにオススメな参考書として『入試現代文へのアクセス基本編』『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』『日東駒専&産近甲龍の現代文』です。その後さらに上の問題に取り組むために『入試現代文へのアクセス 発展編』『GMARCH&関関同立の現代文』『現代文と格闘する』『早稲田の国語』に取り組みましょう。

    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    入試現代文へのアクセス 発展編

    出版社 河合塾
    対象となる大学群 MARCH、関関同立
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 176ページ
    GMARCH&関関同立の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 GMARCH、関関同立
    ジャンル 過去問集
    目的 過去問演習
    分量 140ページ
    現代文と格闘する

    出版社 河合出版
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解力強化
    分量 342ページ
    早稲田の国語

    出版社 教学社
    対象となる大学群 早稲田大学
    ジャンル 国語過去問題集
    目的 早稲田大学の学部別対策
    分量 384ページ

    東大レベルのルート

    東大レベルの大学を志望する受験生は『現代文読解力の開発講座』に取り組む前に『入試現代文へのアクセス基本編 』『きめる!センター現代文 』『マーク式基礎問題集 現代文』『 センター試験過去問 本試 』に取り組み基礎・標準レベルの問題が解けるようにしましょう。その後『日東駒専&産近甲龍の現代文 』『現代文読解力の開発講座』『 国公立標準問題集 CanPass 現代文 』『得点奪取 現代文』『 難関校過去問シリーズ”』に取り組み、過去問に入るようにしましょう。

    入試現代文へのアクセス基本編

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 190ページ
    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    国公立標準問題集 CanPass 現代文

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文記述問題集
    目的 現代文記述対策
    分量 127ページ
    得点奪取 現代文

    出版社 河合出版
    対象となる大学群 難関国公立大学
    ジャンル 現代文記述問題集
    目的 現代文記述対策
    分量 197ページ
    難関校過去問シリーズ

    出版社 教学社
    対象となる大学群 難関大学
    ジャンル 過去問集
    目的 過去問演習
    分量 27年分

    まとめ

    『現代文読解力の開発講座』は難易度が少し高い国語現代文を読み解く力を身につけることができるほか、記述問題に取り組むための力を身につけることができる参考書です。最初は難しいと感じてしまうかもしれませんが、丁寧に問題に取り組み自分の実力を上げていくことで成長につなげることができます。また志望大学別の参考書ルートを参考に合格圏に近づくことができるように頑張りましょう。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP